オフィスカジュアルは就活でいつ着ればいい?ビジネスカジュアルとの違いも解説!

企業から「私服でお越しください」「スーツでも」と言われた時に、何を着ていけば良いのか迷ってしまうという人は多いようです。今回は、就活におけるオフィスカジュアルについて詳しく解説し、男女別のおすすめのオフィスカジュアルのスタイルや注意点も紹介しています。就活で私服指定をされた時にぜひ参考にしてください。

外見就活の悩み

オフィスカジュアルとは何か

https://images.unsplash.com/photo-1542330952-bffc55e812b2?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1542330952-bffc55e812b2?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

オフィスカジュアルと言う言葉は良く聞きますが、いざオフィスカジュアルで来てくださいと言われると困ったことのある就活生も多いと思います。

今回は就活におけるオフィスカジュアルについて詳しく解説していきます。

①スーツとの違い

スーツは上下が一揃えになっており、一般的に仕事をするのにふさわしいとされる服装です。

対してオフィスカジュアルは、ビジネスの場にふさわしい恰好であるものの、上下が一揃えになっている必要はなく、カジュアルになりすぎない清潔感のある服装を指します。

②ビジネスカジュアルとの違い

ビジネスカジュアルとは一般的に企業の訪問に適した服装で、スーツほどかっちりしていない服装を指します。

オフィスカジュアルとの違いは微妙ですが、オフィスカジュアルはあくまで自社で仕事をするのに差支えのない服装、ビジネスカジュアルは自社の代表として他社へ向かう際に着るものだと区別するとわかりやすいでしょう。

服装指定別のオフィスカジュアルの判断

https://images.unsplash.com/photo-1529400971008-f566de0e6dfc?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1529400971008-f566de0e6dfc?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

企業によっては面接や説明会で様々な服装指定をされることがあります。 そこでどのような格好をするかで、社員からの目立ち具合も変わってきます。

以下の見出しでは、企業の服装指定の文言によって適切な服装をご紹介します。

①「自由な服装 / 私服でお越しください」:オフィスカジュアルが無難

これはよくあるケースですが、特に本選考がまだ本格化する前の若手社員とのフランクな座談会などで多いようです。

このような場合には、オフィスカジュアルが無難です。

  • スーツ:保守的な印象を与えてしまう、埋もれてしまう
  • 私服:稚拙な印象を与えてしまう、悪目立ちする

というようなデメリットがあります。

オフィスカジュアルでしたらどちらのデメリットも払拭することができます。

②「オフィスカジュアル」:文字通り

この服装指定の場合はシンプルにオフィスカジュアルで就活に臨むことが正解です。

特に昨今は働き方改革の影響が身だしなみにもきています。現役社員の方でもオフィスカジュアルに近い形で勤務している人が多く、 入社後の自分を想像しながら身だしなみを整えてみましょう。

③「オフィスカジュアル(スーツでも可):スーツが無難

この服装指定は判断が分かれますが、「わざわざ(スーツでも可)と書いている」ため、スーツですと間違いがないです。

オフィスカジュアルで就活をしても何か減点にされるわけではないですが、オフィスカジュアルであることで就活中にそわそわして 集中が途切れてしまうくらいでしたら、最初からスーツで臨むとよいです。

オフィスカジュアルが就活で指定される理由

https://images.unsplash.com/photo-1556745753-b2904692b3cd?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1556745753-b2904692b3cd?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

企業側がオフィスカジュアルでの来社を求めるのにはいくつか理由があります。今回は3点のポイントを解説します。

①常識の有無をチェックする

就活という採用に関する場面にどのような服装で来るかで、その人の内面や常識の有無をチェックしています。自由だからと言う理由で、半パン・サンダルで行くような人に常識があるとは言えません。

そこまで極端でなくても、お洒落で流行っているからと言う理由であまりにビジネスに不向きな恰好で来ることもNGとされています。

②単純にリラックスしてほしい

近年では単純にリラックスしてほしいから、という理由でオフィスカジュアルでの来社を求める会社も急増しています。

スーツでは堅苦しすぎるから、リラックスして来社してほしいという企業はIT系やアパレル系に多く存在しますが、だからといってラフすぎる格好ではなく、あくまで常識の範囲内の恰好でいくことをおすすめします。

③個性が見たい

服装にはその人の人間性が表れます。特に新鋭企業やアパレル・広告業界などでは、服装を通して、その人の人となりや個性を発見したいという狙いもあります。

そのような場合は型にはまりすぎたスーツよりも、少し自分の個性が光る服装の方が良いこともあります。ただし、あまりに派手な服装はリスクが大きいので気を付けましょう。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。