ローソンの社長|竹増貞信の経歴や息子とのエピソードを徹底解説!

現ローソン社長の竹増貞信氏は大阪大学出身で三菱商事からローソン社長に就任した人物です。そんな大企業社長に就任した竹増氏の経歴などを知りたい人も多いでしょう。この記事では竹増氏の経歴や前任の玉塚氏について紹介します。また秘書時代のお話も紹介しますのでローソンに興味がある方は参考にして下さい。

社長役職

ローソンの社長は竹増貞信

https://images.unsplash.com/photo-1467664631004-58beab1ece0d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1467664631004-58beab1ece0d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

「竹増貞信(たけますさだのぶ)は株式会社ローソンの代表取締役社長です。この記事では竹増氏の出身地・過去の経歴、また出身大学や新卒で入社していた三菱商事での職務経歴などについても紹介します。

玉塚元一氏から社長を引き継いだのは2016年6月

竹増氏がローソンの社長に就任したのは、2016年6月からです。

それまでは前社長・会長であった玉塚元一氏が社長を務めていました。玉塚氏は新卒で旭硝子に入社後、1998年にユニクロのファーストリテイリングに入り、その後、ロッテリアの再建などにも従事していました。

そして2010年に当時社長だった新浪氏の誘いでローソンに入社し、副社長・社長・会長となりローソンの中核を担う人物としてローソンを引っ張っていました。

玉塚元一氏は2017年に会長からも退任

上記の通り玉塚氏は2016年に会長にも就任しました。2011年に副社長・2014年に社長に就任して以降、ローソンのトップとして会社全体を引っ張っていました。

しかし、竹増氏の加盟店からの信頼が厚くなっていたことやBtoCビジネスで、現場である店舗からの情報の吸い上げとそのニーズに対する対応の瞬発力の必要性から、玉塚氏と竹増氏の2頭体制で会社を率いることに疑問を感じ退任に至りました。

その他、玉塚氏自身が経営の現場で腕をふるいたいという思いがあったり、それが実現する声がいくつかかかっていることもあり、ローソンの現場から身を引くことになりました。

ローソンは大手コンビニエンスストアチェーン

https://images.unsplash.com/photo-1494515426402-f1980ace7a9c?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1494515426402-f1980ace7a9c?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

ローソンは言わずとしれた大手コンビニエンスストアチェーンです。

2019年時点で日本国内で14,659店舗、海外で2,210店舗を展開しており、売上高も順調に上昇しています。またコンビニ事業だけではなく、映画や成城石井・HMVなど様々な業種の店舗運営にも進出しています。

ローソンの親会社は、五大商社の中でもトップに君臨する三菱商事です。競合のファミリーマートは伊藤忠商事が、セブンイレブンはセブン&アイホールディングスが親会社となります。

三菱商事はローソン以外にも数多くの子会社を保有し、様々な事業を展開しているので、興味のある方は以下の記事をご覧ください。

ローソンの社長(竹増貞信)の出身や経歴

https://images.unsplash.com/photo-1523050854058-8df90110c9f1?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1523050854058-8df90110c9f1?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

次は現社長の竹増氏の出身や経歴について紹介します。

大阪出身で大阪大学を卒業後、し、その後現三菱商事に入社するなどの後、三菱商事会長の小林氏の秘書を経験2014年にローソン社長に就任しています。

それぞれの経歴について詳しく見てみましょう。

ローソンの社長(竹増貞信)は大阪府出身で大阪大学を卒業

竹増氏は1969年生まれの大阪出身で、1993年に大阪大学の経済学部に入学し、1993年に同大学を卒業しています。

大阪大学は言わずとしれた国立の名門大学で、京都大学・近畿大学・同志社大学など関西の有名大学の中でも特に人気が高く、求められる学力も高い大学の一つです。

ローソンの社長(竹増貞信)は新卒で三菱商事に入社

1993年に大学を卒業すると新卒で三菱商事に入社します。

入社当時は畜産部に配属され、牛肉の輸入業務に従事していましたが、その後アメリカの豚肉関連の営業に従事します。その後2002年から米国の豚肉関連の会社に出向し、3年間仕事をしていました。

現在三菱商事はローソンの親会社ですが、竹増氏はずっと小売関係の仕事をしていたわけではないことが分かります。牛肉・豚肉の輸入に関する業務に携わっていた期間が長かったという経歴がありました。

ローソンの社長(竹増貞信)は小林健(現三菱商事会長)の秘書を務めていた

そして、アメリカの豚肉関連の会社に出向した後広報部で5年間仕事に従事しています。その後、総務部兼経営企画部に配属が変わった時に、小林健氏の秘書として活動していました。

小林健氏が三菱商事の社長補佐・社長として勤務していた2010年頃にこの秘書業に従事していたと言われています。

小林健氏は三菱商事入社後プラントプロジェクトの責任者であったり、航空・宇宙・船舶事業部の本部長なども歴任していた人物で、出世街道を順調に歩んでいた人物です。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。