【22卒向け】パナソニックの年収は?気になる社風・将来性も紹介!

四季報では、パナソニックの年収やボーナスの情報が掲載されています。しかし、年収以外の情報でパナソニックをもっと知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。本記事では、年収偏差値が高いとされるパナソニックの年収に迫ります。まず、パナソニックの年収情報をお伝えし、続いて社風と将来性もお伝えします。

給料メーカー

パナソニックは大手電機メーカー

https://images.unsplash.com/photo-1462206092226-f46025ffe607?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1462206092226-f46025ffe607?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

パナソニックは、日本の大手電機メーカーです。以下は、パナソニックの公式ホームページ有価証券報告書を参照して作成したまとめ表となります。

項目

内容

会社名

パナソニック株式会社

創業

1935年12月15日

本社所在地

大阪府門真市

業界

電機機器

社長

津賀一宏

売上(百万円)

8,002,700(2019年3月決算)

従業員数(名)

271,869

また、パナソニックの主な事業内容としては4つのセグメントに分類ができます。

  • 家電事業: 空調、調理家電、家事家電、美容・健康家電、AV家電
  • 住宅事業: 住宅設備、リフォーム、住宅元請、エネルギーマネジメント、エイジフリ-
  • 車載事業: インフォテインメントシステム、電装エレクトロニクス、車載電池、環境対応車用デバイス・システム
  • B2B事業: アビオニクス、ファクトリー向けソリューション、食品流通向けソリューション、物流向けソリューション、 創・蓄エネルギーシステム、社会インフラ

パナソニックは、グループ企業を有しており多角的な事業展開を行っています。

以下の記事では、パナソニックの採用情報について詳しく紹介しています。こちらも併せてご覧ください。

パナソニックの年収事情・福利厚生

https://images.unsplash.com/photo-1531538606174-0f90ff5dce83?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1531538606174-0f90ff5dce83?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

本見出しでは、以下4項目からパナソニックの年収事情に迫ります

  • 初任給
  • 平均年収
  • ボーナス
  • 福利厚生

パナソニックの初任給

本見出しでは、採用ホームページに掲載されている募集要項を参考にして、パナソニックの初任給をご紹介します。パナソニックの仕事内容は、事務系と技術系に大きく分かれていますが、公表された情報では仕事内容による初任給に違いは確認できませんでした。

パナソニックでは、職種ではなく学歴によって初任給を分けています。

学歴

初任給

大学院卒

235,500円

大学卒

211,500円

パナソニックの平均年収

年収推移

本見出しでは、パナソニックの有価証券報告書を参照して平均年収の推移を紹介します。

年度

平均年収

平均年齢

2019

約774万円

45.6歳

2018

約768万円

45.6歳

2017

約781万円

45.3歳

2016

約789万円

45.6歳

2015

約756万円

45.3歳

国税庁が発表している民間給与実態統計調査(平成30年度)によると、日本人の平均給与は約411万円ですので、これと比較するとパナソニックの平均年収は安定して高額だといえます。

年収に関する口コミ・評判

電機メーカーの中では、比較的高いと思われる。課長職で年収900~1100万円程度。業種別で見たときは、電力会社や自動車メーカーに比べるとだいぶ低い。拘束時間も長い。

参照: カイシャの評判(例: 40代正社員男性、電機・機械系エンジニア)

基本は年収はよい。管理職になれば1000万オーバーからスタートとなる。組合員までは残業つけられるので、80H残業を繰り替えすなどすれば管理職の給与は超えることできるが、昨今の働き方改革によって、40Hくらいまでしかつけられないため、現実は管理職にならないと1000万を超えるのはできない状況であった。

参照: カイシャの評判(例: 40代正社員男性、IT系エンジニア)

以上2つの口コミから、パナソニックでは平均年収が比較的高く、社員からの満足度は高いようです。一方で、就業時間の長さについては改善の余地があることがわかります。

給与形態の特徴|年功序列から成果主義へ

給与面に関する口コミや評価制度を参考にすると、パナソニックの給与体系は基本的に年功序列が強いようです。勤務年数に応じて年収も上がります。しかし、ローパフォーマーである社員も成果が無くても昇給するという甘い一面もあるようです。

しかし、近年は成果主義の傾向が強くなり、業務の取り組みに応じて給料が変化しているという声も散見していました。若いうちから仕事をこなせる優秀な人材は早々にして役職に就けるという事も増えているようです。

パナソニックのボーナス

本見出しでは、パナソニックの有価証券報告書を参照してボーナスをご紹介します。

ボーナス額

支給回数

事務系・技術系

およそ200万円

年2回合計

ボーナスに関する口コミ・評判

業績連動のため、近年は伸び悩み。業績好調の分社へ社内異動することも可能。

参照: カイシャの評判(例: 40代正社員男性、電機・機械系エンジニア)

給与・ボーナスは一般的に普通より多いので、同年代の人と比較しても引け目を感じる事はほとんどないと思う。

参照: カイシャの評判(例: 50代正社員男性、企画・管理系事務職)

パナソニックの明確なボーナス額は提示されていませんが、社員の口コミによると業界平均よりは多少良いことがわかります。

パナソニックの福利厚生

本見出しでは、パナソニックの採用ホームページに掲載されている募集要項を参照して、福利厚生をご紹介します。

  • 制度: 持株制度・財形貯蓄制度・企業年金制度など
  • 施設: 独身寮・社宅・保養施設・医療施設など

福利厚生に関する口コミ・評判

住宅補助手当がないことは気になる。転勤により職場が変わる場合は支給されるが基本的には出ない。独身寮や社宅はあるが期限があるため転勤がないと恩恵はあまり感じられない。

参照: カイシャの評判(例: 20代正社員男性、電機・機械系エンジニア)

毎年15万ポイントもらえてそのポイントでパナソニック製品を買ったり旅行費用にあてたりすることができる。

参照: カイシャの評判(例: 20代正社員女性、企画・管理系事務職)

20代の若手社員の口コミから、住宅補助手当が無い一方でパナソニックの製品を実質的に無料で受け取れる福利厚生があることがわかります。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。