【22卒】ソニーミュージックの仕事内容を事業別に解説!転勤・残業の実態は?

ソニーミュージックの仕事内容は多岐に渡ります。事業の幅が広く、音楽ソフト開発からアーティスト育成、ゲーム・アプリ制作などクリエイティブ性の高い業務が目を引きます。就職が難しいとされるソニーミュージックですが、今回お伝えする仕事内容をしっかりと理解して就活を有利に進めてください。

職種

ソニーミュージックは総合エンタテインメント企業

https://images.unsplash.com/photo-1506157786151-b8491531f063?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1506157786151-b8491531f063?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

ソニーミュージックは、アーティストの発掘・育成、デジタルコンテンツ、電子書籍、スポーツなど幅広い事業を行う総合エンタテインメント企業です。現在はソニーの完全子会社として、ソニーグループの音楽系事業を統括しています。

会社名

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

創業

1968年3月11日

業界

情報・通信業

本社所在地

東京都千代田区六番町4番地5

売上高(百万円)

40,350(2019年3月期)

従業員数

約2,000名(グループ合計)

出典:ソニーミュージック公式サイト

ソニーミュージックの事業内容

ソニーミュージックの事業内容は幅広く、総合エンタテインメントとしてさまざまな企画・開発・情報発信を行っています。

  • 音楽事業
  • アーティストマネジメント事業
  • デジタルコンテンツ事業
  • ゲーム事業
  • 電子書籍事業
  • エキシビション事業
  • エデュケーション事業
  • スポーツエンタテインメント事業

また、ソニーミュージックのグループ会社には、ソニーミュージックレーベルズ、アニプレックス、エムオン・エンタテインメントなどが並び、同社はグループ全体の統括企業として全社の経営・管理を担います。

ソニーミュージックの募集職種

ソニーミュージックは基本的にグループ一括採用です。ソニーミュージックで一括採用した後、内定者の適性に合わせて各グループ会社への配属が決まります

具体的な採用情報については、以下の記事でお伝えしています。採用人数や選考フロー、求める人物像などが中心です。職種ごとの志望動機の書き方もお伝えしていますので、エントリーシート作成時にご活用ください。

事業別|ソニーミュージックの総合職の仕事内容

https://images.unsplash.com/photo-1493225457124-a3eb161ffa5f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1493225457124-a3eb161ffa5f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

ソニーミュージックの代表的な事業を以下5つに分け、それぞれの仕事内容をお伝えしていきます。

  • 音楽事業
  • アーティストマネジメント事業
  • アニメーション事業
  • ゲーム事業
  • ソリューション事業

これらの事業はソニーミュージックのなかで中核ビジネス、またはこれから大きく成長していく可能性が高いといえます。そのため、募集人数も多く確保しているので、ご自身の適性に合わせてお選びください。

音楽事業の仕事内容

音楽事業の仕事内容は、音楽ソフトの企画・制作、ソフトパッケージの製造、コンサートホールの運営、ライブ企画などが中心です。

企画や制作では、主にアーティストの発掘・育成から始まり、楽曲のプロデュースなどを行います。また、マーケティング戦略を立て宣伝を行い、CDやDVDなどの販売まで担うため、流通面のノウハウ全般を学ぶことができます

音楽事業では制作部や宣伝部などの部署に分かれており、ご自身の適性に合わせて希望配属先を選ぶことが可能です。

アーティストマネジメント事業の仕事内容

アーティストマネジメント事業の仕事内容は、主にタレントやアーティストの育成やライブ制作が中心です。ミュージシャンばかりではなく俳優や声優、お笑い芸人を担当するケースもあります。

アーティストに対してもっとも近い位置から最適な提案を行うマネージャーになったり、イベント企画やファン対応などを行うファンクラブ運営などに携わったりします。

今までテレビや雑誌で見ていた芸能人とともに仕事できるため、やりがいは非常に大きいでしょう。新人の発掘やグッズ制作、著作権管理など仕事は多いので、学べることもたくさんあります。

アニメーション事業の仕事内容

アニメーション事業の仕事内容は、アニメ映像の企画・制作から、制作スタジオの運営、劇場用作品の配給、舞台化などが中心です。職種は幅広く、制作職、マーケティング職、マーチャンダイジングなど多様です。

著作物や商標を扱うことが多いため、徹底した情報収集力と管理能力が求められます。自分の携わったアニメがテレビで放映されたり、映画化されて多くの人の目に触れることも多いので、アニメーション事業もやりがいを感じやすい仕事です。

ゲーム事業の仕事内容

ゲーム事業の仕事内容は、ゲームタイトルの情報拡散や販売、企画制作、イベント開催などを行います。最近の代表的なゲームタイトルとしては、「Fate/Grand Order」や「真空管ドールズ」などがあります。

開発するソフトのほとんどがスマホゲームです。自分で開発したタイトルがリリースしたときの感動はひときわ大きいでしょう。

ソリューション事業の仕事内容

ソリューション事業の仕事内容は、BtoB(法人対法人)向けのビジネスです。音楽やアニメの知的財産や物流などのインフラなど、自社で培ったマーケティング・プロモーションのノウハウを企業に提供する仕事です。

たとえば、他企業の販促物制作やブランディングを行うこともあれば、音楽や書籍配信などのプラットフォームを提供するケースもあります。

ソリューション事業は各従業員の創造性がフルに発揮される現場です。企画や提案型営業、コンサルタントに興味のある就活生に向いています。

同様の業務を行う他のエンターテインメント業界についてはこちらの記事で紹介しています。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。

関連する記事