【22卒向け】東京海上日動(マリン)の採用情報を解説!オススメの志望動機も紹介!

東京海上日動火災保険(マリン)は個人や法人、ディーラーなどをクライアントとし、様々な保険商品を取り扱っており、新卒採用の人数も多いです。今回は東京海上日動火災保険(マリン)の採用情報を解説すると共に、同社にあった志望動機の書き方を例文付きで紹介します。

採用金融

東京海上日動火災保険(マリン)は損害保険会社

https://images.unsplash.com/photo-1486406146926-c627a92ad1ab?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1486406146926-c627a92ad1ab?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

東京海上日動火災保険(マリン) は言わずと知れた、大手損害保険会社です。多種多様な保険商品の販売だけでなく、資産運用をはじめとする金融サービスや、リスクコンサルティングを含む関連領域など、様々な事業を展開しています。

グローバル化を目指し、現在では世界40カ国に進出しています。

東京海上日動火災保険(マリン)の採用情報

https://images.unsplash.com/photo-1548783300-70b41bc84f56?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1548783300-70b41bc84f56?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

東京海上日動火災保険(マリン) では毎年、500名を超える新卒採用をしています。ここでは 東京海上日動火災保険(マリン) の採用情報として

  • 東京海上日動火災保険(マリン) の募集コース
  • 東京海上日動火災保険(マリン) の採用人数と採用大学
  • 東京海上日動火災保険(マリン) が求める人物像
  • 東京海上日動火災保険(マリン) の選考フロー

について詳述します。

東京海上日動火災保険(マリン)の募集コース

東京海上日動火災保険(マリン) の新卒採用では、「グローバルコース」と「エリアコース」を募集しています。

グローバルコースは日本国内はもとより、海外への転勤があります。エリアコースは転勤地域が限定され、本人の同意なしで引っ越しを伴う異動がないコースです。

仕事内容は「営業」だけでなく、「損害サービス」「商品開発」「営業支援」「資産運用」「情報システム」「一般管理」など様々です。

東京海上日動火災保険(マリン)の採用人数と採用大学

東京海上日動火災保険(マリン)は採用人数は公表していますが、採用実績のある大学名は公表していません。過去5年の採用人数は、以下の通りです。

卒業年

採用人数(人)

2018年卒

580

2017年卒

692

2016年卒

757

2015年卒

636

2014年卒

437

東京海上日動火災保険(マリン)が求める人物像

東京海上日動火災保険(マリン)の「採用サイト」に、人事からのメッセージが掲載されています。その中に「当社では、新人から〝自ら考え、発信し、行動する”ことが求められる」とあります。

これがまさに、東京海上日動火災保険(マリン)が求める人物像と言えるでしょう。また、保険という無形商品を販売する上で、クライアントからの信頼を勝ち取れる人材を求めているようです。

さらに東京海上日動火災保険(マリン)は保険商品の販売に止まらず、様々な事業を展開しています。そのため、個性豊かで多様な人材を求める傾向があります。

東京海上日動火災保険(マリン)の選考フロー

東京海上日動火災保険(マリン)の選考フローは、以下の通りです。

  • WEBプレエントリー〆
  • エントリーシート提出〆
  • 筆記試験
  • 1次面接
  • 2次面接
  • 3次面接
  • 4次面接
  • 5次面接
  • 内々定

WEBプレエントリー〆は3月、エントリーシート提出〆は4月で、この間に筆記試験を受けることになります。東京海上日動火災保険(マリン)の筆記試験は自社で作成しており、30問ほどの計数問題が出題されます。

面接は6月に入ってから行われ、同月中に採否の通知が届きます。

東京海上日動火災保険(マリン)のインターン情報

https://images.unsplash.com/photo-1524749292158-7540c2494485?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1524749292158-7540c2494485?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

東京海上日動火災保険(マリン)は、公式サイトでは採用選考とは無関係であると明記されていますが、インターンシップ参加者の内定率が高いことで知られています。

プレミアム・インターンシップの応募は11月下旬から1月中旬まで受け付けており、2月に札幌・仙台・東京・大阪・名古屋・広島・福岡で開催されます。

東京海上日動火災保険(マリン)のインターンシップ参加までの流れは以下の通りです。

  • エントリーシート提出(東京のみ「適性検査GROW」を受検
  • 書類選考
  • 選考会
  • 最終合否連絡
  • インターンシップへの参加

プレミアムインターンシップの日程は開催地によって異なり、3~5日となっています。

「グローバルビジネス編」「国内ビジネス編」「損害サービス編」「資産運用編」「IT戦略編」「アクチュアリー編」の6コースが用意されています。

1DAYのインターンシップもありますが、就活を有利に進めたいなら、プレミアムインターンシップに参加することをおすすめします。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。