【2021卒】ファナックの採用情報を解説!オススメの志望動機も紹介!

ファナックは2020年度の採用活動を行っていますが、仕事がきつい、激務だという評判もあります。本記事では、まずファナックの基本情報と採用情報についてご説明します。続いて、ファナックの特徴、併願先企業や志望動機もご紹介しますので、製造業への就職をお考えの方はぜひ参考にしてください。

採用

ファナックは生産設備メーカー

https://images.unsplash.com/photo-1528823872057-9c018a7a7553?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1528823872057-9c018a7a7553?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

ファナックとは、Fuji utomatic Americal NUontrolの頭文字を取ったC日本の生産設備メーカーです。工作機械用装置や産業用ロボットでは、世界第1位のシェアを誇っています。

本見出しでは、ファナックの基本情報と事業内容をそれぞれご紹介します。

ファナックの基本情報

以下は、ファナックの公式ホームページ有価証券報告書を参考に作成した基本情報です。

会社名

ファナック株式会社

創業

1972年5月12日

業界

電機機器業界

本社所在地

山梨県南都留郡

売上(百万円)

635,600(2019年3月決算)

従業員数

7,866名

ファナックは、創業からおよそ50年の歴史を持つ会社であり、売上が6,000億円を超えていることが特徴です。

ファナックの事業内容

以下は、ファナックの主力事業である生産設備機器です。文系の学生にとっては、馴染みが薄くイメージが湧きにくいかもしれませんが、この機会に覚えておきましょう。

  • FA機器(Failuer Analysis): 生産設備が正しく稼働しているか否かを調べる装置
  • Robo Machine: 切削、電動射出や放電加工など異なる方法による生産機器

ファナックの事業は、生産設備の製造販売となっており、その取引先は世界各国の幅広い業界における製造メーカーです。

ファナックの採用情報

https://images.unsplash.com/photo-1531973576160-7125cd663d86?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1531973576160-7125cd663d86?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

本見出しでは、ファナックの採用ホームページをもとにしたファナックの採用情報についてお伝えします。

ファナックへの応募を検討されている方は、職種別の採用人数、求める人物像や選考フローなどを参考にして、準備を進めてみてはいかがでしょうか。

ファナックの採用人数と採用実績大学

以下は、直近3年間におけるファナックの採用人数と、採用実績大学に関するまとめです。

2017年

2018年

2019年

男性

140名

157名

112名

女性

7名

11名

13名

以上の採用情報から、ファナックでは男性の就職率が毎年90%以上を占めています。年々女性の雇用が増えていることから、今後女性社員の雇用機が増えていくと期待できそうです。

また、採用実績大学においては以下の各グループから就職している実績があります。

  • 国公立大学・旧帝国大学
  • 早慶上智
  • March

女子大・短大からの実績は無いので、March以上の学歴が必要と考えられます。

ファナックが求める人物像

本見出しでは、ファナックが求める人物像をお伝えします。

ファナックの永続的な成長を支えるのは、研究開発、製造、セールス、保守サービス、事務系部門の社員一人ひとりです。 ファナックは、熱意・気配り・信念を持ち、チームワークを発揮し、全世界で活躍できるような皆さまのエントリーをお待ちしております。

参照: マイナビ2020

ファナックは、大きく分けて事務系と技術系にて採用活動を行っています。

  • 事務系: 人事、法務、経理、購買
  • 技術系: 研究開発、生産技術、セールス、サービス(国内・海外)

一般的に事務系では細やかな気配りができる人、技術系では信念を持ちつつも、チームワークを発揮できる人が求められると考えられます。

どの職種においても、世界基準で活躍できる人が求められています。

ファナックの選考フロー

本見出しでは、ファナックの選考フローをご紹介します。

  • エントリーシート提出
  • 工場案内
  • 書類選考
  • 面接

ファナックの選考フローは、一般的な企業とほぼ同じですが、特筆すべきは工場案内が選考フローに含まれていることです。工場案内は実際の現場を知るために良い機会だといえます。

エントリーシートの提出から、内定までの採用期間はおよそ2カ月から3カ月ほどで、工場案内が途中にあるため、ファナックの選考は他社に比べると少し長めであるようです。

ファナック志望者の併願先企業

https://images.unsplash.com/photo-1531538606174-0f90ff5dce83?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1531538606174-0f90ff5dce83?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

ファナックへの応募を検討されている方の中には、併願先企業をどこにすべきか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

以下は、ファナックの競合先企業であり併願先となる企業のまとめ表です。

企業名

概略

安川電機

福岡県北九州市に本社を置く日系産業機器メーカー

クーカ

ドイツに本社を置く外資系産業機器メーカー

ABB

スイスに本社を置く外資系産業機器メーカー

以上の3社に加えファナックを含めた4社が、世界4大産業ロボットメーカーと呼ばれています。

ファナックの特徴

https://images.unsplash.com/photo-1517048676732-d65bc937f952?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1517048676732-d65bc937f952?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

企業研究において、応募する企業の特徴を把握することは極めて重要です。

本見出しでは、ファナックの特徴をお伝えします。ファナックへの応募を検討されている方は、強みと弱みの両面を把握し志望動機を考えると良いでしょう。

強み|工作機械のシェアが世界1位

ファナックの強みは、工作機械のシェアが世界1位であることです。前述の通り、ファナックはRobo Machine事業において用途に応じた様々な工作機械を製造販売しています。

世界には、ファナックと同等の産業機器メーカーが3社ありますが、それらの競合企業を抑えて世界シェア1位を誇っていることは大きな経営的優位性であると言えます。

ファナックは、これからも工作機械のマーケットリーダーとしての位置付けを維持するだけでなく、次世代の工作機械を生み出していくことが期待されます。

弱み|地政学的リスク

ファナックの弱みは、地震の発生により致命的な被害を受けうる地政学的リスクがあることです。

ファナックの本社は日本の山梨県にあり、大規模な地震や津波によって大きな打撃を受ける可能性があると言われています。

ファナックの子会社や関連会社は国内外にもありますが、本社機能が失われうるという地政学的リスクは懸念事項です。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。

関連する記事