【2021卒】タカラトミーの年収は?気になる社風・将来性も紹介!

タカラトミーと言えばトミカやプラレール、リカちゃん人形やベイブレードなど、有名な人気玩具を取り扱う大手メーカーです。今回はそんなタカラトミーの年収について解説します。コナミに比べて年収が低いというのは本当なのか、役職が付くと年収が上がるというのは本当なのか、など気になる点についてもご紹介します。

給料

タカラトミーは玩具メーカー

https://images.unsplash.com/photo-1558877385-81a1c7e67d72?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

タカラトミーは日本の大手玩具メーカーです。本社は東京都葛飾区にあります。2006年、いずれも日本の大手玩具メーカーであった「タカラ」と「トミー」が合併し「株式会社タカラトミー」が誕生しました。

タカラトミーの大きな特徴として「業務内容による分社化」があります。国内に7社、海外に8社のグループ会社を設立し、商品別・業務内容別にそれぞれの役割を分担しています。

では、タカラトミーグループの中心である、タカラトミーの仕事内容とはどのようなものなのでしょうか。株式会社タカラトミーでの仕事内容については、以下に記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

タカラトミーの給与事情

https://images.unsplash.com/photo-1520695287272-b7f8af46d367?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

タカラトミーの給与体系は国内グループ会社と同じです。

これは日本では珍しいシステムです。多くの企業では本体とグループ会社で給与体系が異なりますし、グループ会社同士でも給与体系が同じということはほとんどありません。

ただし、グループ会社の中でも「キディランド(株式会社キディランド)」だけは給与体系が異なります。

タカラトミーの初任給

タカラトミーの初任給は19万円~23万円弱までと幅があります。初任額の違いは、最終学歴です。以下では最終学歴に伴う初任給について解説します。

最終学歴初任給
高専卒192,906円~
大学卒212,946円
大学院了227,642円

出典:マイナビ2020

この初任給の他に「通勤手当」「時間外勤務手当」「深夜勤務手当」などの諸手当が支給されます。

タカラトミーの平均年収

タカラトミーの有価証券報告書によると、2015年度から2019年度の平均年収(時間外手当・賞与込み)は上昇傾向にあるようです。

平均年収上昇の要因は複数ありますが、その中の一つは「ベイブレードバースト」「トランスフォーマー」などの海外売上の増加が考えられます。また、定番商品に加えて「ミラクルちゅーんず!」「ウーニーズ」などの新商品が好調であったことも要因のようです。

2015年度2016年度2017年度2018年度2019年度
平均年収 (万円)667.8609.9684.4902.4837.9
平均年齢 (歳)40.440.941.341.841.5

企業口コミサイト「openwork」によると、実際にタカラトミーで働く人の給与について以下のような口コミが見られました。

ボーナスが良い。ヒット商品が出ると8ヶ月くらい出ることもある。

年間賞与が3ヶ月保障されている。プラスアルファは業績によって左右されるため、会社の業績が良いときと悪いときで年収が100万円近く変わる

やはり、ヒット商品による変動が大きいようで、社員が日々ヒット商品の開発や販売に注力していることが伺えます。

また、同口コミサイトの口コミによれば「入社5年~10年、400万円、企画開発」「入社5~10年、640万円、主任」など、仕事内容や役職によって年収の差が大きいこともわかります。

タカラトミーのボーナス

タカラトミーでは「基準賞与:年2回」「業績賞与:年1回」の、合計3回賞与支給が期待されるシステムです。賞与なので、毎年必ず支給されるとは限りませんが、少なくともこの数年で賞与が支給されなかったという事例は確認できませんでした。

また、ボーナスの支給額は正式に公表されているわけではありませんが、有価証券報告書の平均年収(時間外手当・賞与込み)から、平均80万円~200万円ほどと推測できそうです。

しかしこれも口コミなどから、仕事内容・役職の有無に加えて、ヒット商品の有無も関係することがわかります。そのため、タカラトミーのボーナス支給額を予想すること自体がやや困難なのかもしれません。

タカラトミーの福利厚生

タカラトミーにはさまざまな福利厚生制度があります。主には健康保険組合保養所、外部提携福利厚生機関などです。

おもちゃメーカーであるためか、「Openwork」の口コミでは産後の女性が働きやすいという福利厚生についてのものが目立ちました。

おもちゃメーカーだけあって、子育て支援には力を入れている。産休後の復帰にはヒアリングをしてくれる。子育てしながら働きやすい環境。

女性は出産後に復帰する人がほとんどで、育児休暇や時短勤務など福利厚生に手厚い

特別珍しい福利厚生制度は見当たりませんでしたが、必要な福利厚生をきちんと定着させることで、社員の環境や権利を守ることに特化していると思われます。

同業他社の平均年収

https://images.unsplash.com/photo-1515488042361-ee00e0ddd4e4?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

タカラトミーの平均年収は業界でどのくらいの位置にあるものなのでしょうか。ここではたからトミーの同業他社と平均年収を比較してみます。

企業名平均年収(万円)
株式会社タカラトミー837.9(2019年3月期)
コナミホールディングス株式会社819.3
株式会社サンリオ723.2

同業の2社と比べると、タカラトミーの年収が最も高いことがわかります。ただし、サンリオについては全国の店舗における販売員(中途採用も有り)の年収も含まれています。そういう意味では、サンリオの年収が低すぎるということではなさそうです。

一方のコナミでは、年収金額はタカラトミーに劣っていますが、給与についての口コミでは満足している社員が多いようです。新卒・中途、年齢などによらず年収が偏っていないことから、能力に応じた年収を得ていると予想することができます。

タカラトミーの社風

https://images.unsplash.com/photo-1529156069898-49953e39b3ac?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

おもちゃを取り扱うタカラトミーは「風通しが良い」「雰囲気が良い、仲が良い」「楽しんで仕事をしようという風土がある」などが主な社風のようです。以下は会社口コミサイト「openwork」での社員口コミです。

企業文化としては、とにかく楽しんで仕事をしようという風土があります。玩具好きな人が多いため人間関係で悩んだりということは少ないように思います。最近はコンプライアンスに関しても注意喚起が徹底しており、その辺はかなり真剣に教育されます。

雰囲気が良く、社員の仲が良い。私服通勤がほとんどで、カジュアル。若い社員が多く、比較的活気がある。男女比も50:50で働きやすい環境が整っている。

風通しは良く何でも自由に言える雰囲気のある会社。おもちゃ会社のためにオタクな社員が多く仕事中にゲームをしたり漫画を読んだりしていることも少なくない。いろんなおもちゃで遊んだり、映画を見ることも仕事なので傍から見ると遊んでいるようにしか見えないかもしれない。

タカラトミーは企業理念に「すべての夢の実現のために」を掲げています。夢を実現するために雰囲気の良い職場で、社員同士が仲良く、楽しみながら仕事をしている、と考えれば、企業理念と社風は同じ方向を向いている、と考えられそうです。

タカラトミーの将来性

https://images.unsplash.com/photo-1552163065-7eee01c2f11e?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

プラス材料|海外進出の加速

まずタカラトミーの将来性についてのプラス材料としては「国内で人気の商品のグローバルブランド化」があげられます。

日本で人気の「ベイブレードバースト」「トランスフォーマー」が海外にも進出し売上を伸ばしています。このまま人気が定着して、グローバルブランド化できれば継続した大きな売上が見込めるでしょう。

懸念材料|定番商品の伸び悩み

反対に、タカラトミーの将来性にかかわる懸念材料は「定番商品の伸び悩み」です。

日本で古くから人気の「リカちゃん人形」は今も変わらず人気ではありますが、競合企業から毎年のように発売される新しいキャラクター人形を上回るほどの力はもうないと言われています。

しかし、リカちゃん人形は子供だけでなく年配の方の中にも根強いファンが多いこともあって、リニューアルや販売の中止という思いきった策には出にくいようです。

タカラトミーの詳細な採用情報

https://images.unsplash.com/uploads/141103282695035fa1380/95cdfeef?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

タカラトミーは毎年新卒・中途ともに採用を行っています。この数年は21名~25名ほどの新卒採用を行っているようです。

以下の記事ではタカラトミーの採用情報について詳しく解説をしています。タカラトミーに採用されるための計画・研究に役立ててください。

まとめ

「タカラトミー」というフレーズはテレビCMでも頻繁に耳にします。子供のころからそのフレーズを聴き、タカラトミーのおもちゃに憧れていた、タカラトミーのおもちゃで遊んでいたという人も多いのではないでしょうか。

自分が子供の頃から憧れていた企業に就職できるかもしれない、というのは大変貴重な機会です。子供の頃の気持ちを思いだしながら、タカラトミーという企業を研究してみてください。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。