理系の大学生の夏休みは忙しい?|文系との違いや忙しいと言われる理由を徹底解説!

高校時代と比べると、大学生の夏休みは長いものです。しかし理系学生の場合は、大学生らしい長い夏休みを味わえないケースがあるようです。その背景には、文系の大学生にはない課題などがあります。そこで今回は、大学生の夏休みについての他、理系学生ならではの特徴や文系学生との違いを解説します。

大学

大学生の夏休みはどのようなものなのか

https://images.unsplash.com/photo-1483428400520-675ef69a3bc4?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1483428400520-675ef69a3bc4?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

大学生の夏休みは、高校時代より長いことは前述しました。そう聞くと、夏休みがどのくらいあるのか気になるはずです。ここでは、主に文系学生における夏休みについて説明します。

大学生の夏休みの期間

一般的な大学生の夏休み期間は、前期試験終了後の7月下旬から8月上旬に始まり、後期が始まる9月上旬から下旬以降まで続きます。つまり、平均して50~60日の夏休みがある計算となります。

ただし、大学生は自分で履修科目を決められるため、試験期間にも個人差があります。高校時代のように終業式があるわけでもないので、大学生の夏休みが始まる日程は人によって違います。

大学生の夏休みのオススメの過ごし方

大半の大学は前期・後期制のため、卒業研究や卒業論文を抱えている4年生でない限り、宿題があるわけではありません。せっかく長い期間休めるのですから、有意義な過ごし方をするのがおすすめです。大学生におすすめしたい過ごし方として、以下のものがあげられます。

  • 旅行に行く
  • 運転免許をとる
  • アルバイトに励む
  • 短期留学する
  • インターンシップに参加する

上記の記事では、おすすめの過ごし方について具体的に紹介しています。ぜひ一読してみてください。

理系の大学生の夏休みの特徴

https://images.unsplash.com/photo-1581093450021-4a7360e9a6b5?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1581093450021-4a7360e9a6b5?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

理系の学生、中でも研究室に所属した3年次以降は、文系学生のように長い夏休みを享受(きょうじゅ)するという訳にはいかないケースが珍しくありません。ここでは、理系の大学生の夏休みの特徴について説明します。

特徴①|課題があるケースがある

1つめの特徴は、理系学生には課題があるケースがあることです。そもそも理系学生は、文系の大学生と比較すると卒業単位が多く、実験に時間をとられても認定単位数は少ないケースが多々見られます。実験を行った上でのレポート提出もあるため、夏休みに入る前にきちんと終えられなかったことが課題となってしまいがちです。

また、夏休みに集中講義や実験が行われることも珍しくないため、自ずと夏休みが短くなってしまいます。

特徴②|研究室に行かなくてはならない時がある

2つめの特徴は、研究室に行かなくてはならない時があることです。理系学生は3年次になると、研究室の所属となります。担当教授だけでなく、所属する助手や大学院生も研究を行っているため、夏休みであっても毎日実験に通う理系学生は少なくありません。これは、研究や実験の内容によっては、時間との戦いになるからです。

また、4年次になると卒業研究のために、実験データを集める人が増えます。実験は確実にうまくいくとは限らないため、研究室に日参する人もいるのが実情です。

文系と理系の大学生活の違い3選

https://images.unsplash.com/photo-1503676382389-4809596d5290?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1503676382389-4809596d5290?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

一般的に文系の大学生の方が、理系学生より楽だといわれています。前述したように、理系学生は文系の大学生より卒業単位数が多いケースが大半であること以外にも、明確な違いがあります。ここでは、文系と理系の大学生活の違いについて説明します。

違い①|理系の方が実験が多い

1つめは、理系の方が実験が多いことです。理系学生は選択した学部・学科に特化した実験を数多く行いますが、その結果をレポートして提出しなければなりません。文系の大学生とは違い、実験データを盛り込んでレポートを作成するため、30ページ程度のものを月に1回以上提出するのが一般的です。

当然、実験時間中にレポートを書くことはできませんから、講義時間外に作業することになります。また、講義時間内に実験が終わらなかった場合は、居残りをするのも珍しくありません。時間通りに帰れない講義は、文系の大学生にはほとんど見られない点が大きく異なります。

違い②|理系の方が単位が取りにくい

2つめは、理系の方が単位が取りにくいことです。理系学部は専門職育成に直結するカリキュラムが組まれており、出席率やレポートの提出だけで単位認定されることはありません。所定の実験や成果を上げられなかった学生が単位を落とすことは、理系では珍しくないのです。

また、履修科目数も文系の大学生より多く、試験の準備が追いつかずに単位を落とすケースもあります。こうした単位の取りにくさも、文系と理系では違いがあります。

違い③|理系の方が大学生活が忙しい

3つめは、理系の方が大学生活が忙しいです。これは前述したように卒業単位数が多いことに加え、実験にとられる時間が長く、3年次以降は所属する研究室でもテーマに沿った実験を行うことになるからです。

学年が上がれば上がるほど、実験に携わる時間が長くなり、それに関わるミーティングや学会同行などを行う理系学生も少なくありません。そうした事情により、文系の大学生より理系学生の方が忙しい大学生活を送ることになります。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。