【徹底解説】自己PRを大学入試で伝えるポイント|志望理由書の書き方や例文

自己PRは、大学の推薦入試・AO入試などで求められ、志望理由書に記載したり、面接でその内容について質問されます。ここではその自己PRについて押さえておくべきポイント・学部別のポイントなどを紹介します。面接の準備が必要な高校生は、適切な準備ができるように、ぜひご一読下さい。

大学

自己PRの大学入試における意義

https://images.unsplash.com/photo-1544014840-e9e5c4078b17?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1544014840-e9e5c4078b17?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

AO入試・自己推薦などによって大学への入学を目指す場合、面接試験やエントリーシート(志望理由書)では「自己PR」に答える必要があります。

この自己PRは、ポイントを押さえて適切な回答ができなければ、他の受験生に劣ってしまい、せっかく入学できる大学から不合格通知を受ける可能性もあります。なので、自己PRの重要性をまずは押さえておく必要があります。

自己PRが大学入試で重要な理由

自己PRが大学入試で重要な理由は、受験制度によってはその内容があなたの合否を大きく左右するからです。

AO入試や自己推薦で、大学への入学を目指す場合、自己PRに記入した内容は、まず書類選考の選考材料になります。そして、書類選考通過後の面接試験では、エントリーシートの記載内容を元に、質疑応答がされます。

つまり、自己PRは一般入試以外の方法で大学への入学を検討する場合、全ての選考で評価の対象になるため、よく考えて書いたり答える必要があるのです。

自己PRは就職活動でも必要

また、自己PRは大学への入試のみではなく、就職活動でも求められます。

大学卒業後、もしくは高卒で就職活動を行う場合でも、選考過程ではあなたの強み・性格などから、自社への適性を判断するために、ほぼ必ず自己PRを求められます

また、就職後も社内の昇進試験で面接(面談)を行っている会社などもあります。そこであなたの能力を適切にアピールできなければ、昇給・昇進のチャンスを逃す可能性も出てきます。なので、自己PR能力はしっかりと見に付けておく必要があります。

自己PRが必要な大学入試

https://images.unsplash.com/20/cambridge.JPG?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/20/cambridge.JPG?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

では、大学入試で自己PRが必要になる選考方法にはどのような物があるのでしょうか。

前の見出しで少しお伝えしましたが、改めて自己PRが必要な選考方法について確認しておきましょう。また、ここで紹介する選考方法で大学への入学を考えている方は、必ず当記事の内容を元に自己PRの練習をして下さい。

AO入試

1つ目の選考方法は、AO入試です。

AO入試は「自己推薦入学」とも言われる試験方法で、在籍している高校からの推薦がなくても、誰でも受験できる受験方法です。一般的には小論文や面接によって大学・学部への適性が判断されて、合否が決定されます。

AO入試の自己PRを考える際のポイントは、志望動機をよく考えることです。AO入試は学校からの推薦がなく、「自己推薦」的な色合いが強いので、志望する大学に入りたい理由・他の大学ではだめな理由などを、突き詰めて考える必要があります。

推薦入試・指定校推薦入試

2つ目の選考方法は、推薦入試や指定校推薦入試です。

推薦入試は学業以外にも秀でた特徴がある学生について、学校からの推薦で大学への入学を目指す形式の試験です。一方で、指定校推薦は大学側から各高校に一定の推薦枠が与えられ、高校から推薦者を出す形式の試験で、高確率で合格できます。

両受験制度における自己PRのポイントは、志望動機よりも「学校で力を入れたこと」に力を入れる事です。AO入学に比べて、学校からの推薦がある分、あなたへの信頼性はあります。なので、学校でどんな事を頑張ったかを中心に答える必要があります。

自己PRの出題例

https://images.unsplash.com/photo-1560785496-3c9d27877182?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1560785496-3c9d27877182?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

では、自己PRではどのような質問がされるのでしょうか。

ここでは大学入試における面接でよく行われる質問3つについて、出題意図・解答時に注意すべきポイントについて紹介します。自己PRに自信がない方はここの記載を参考に回答内容を作成してみて下さい。

高校生活で頑張ったことは何ですか?

まず、どんな形式の入学試験でも、面接ではほぼ必ず「高校生活で頑張ったこと」は聞かれます。

この質問意図は、「目標に向けて努力する習慣があるか」や「自分で考えて課題を解決する能力があるか」を見る事です。なので、結果を出すためにどんな努力をしたか具体的に伝える必要があります。

何かに向けて頑張る時には、克服が難しいことに直面したり、それを克服するための工夫をしているはずです。その点を具体的に伝えましょう。

将来の夢や目標は何ですか?

2つ目の質問は、将来の夢や目標についてです。

この質問意図は、「その夢や目標を実現する上で、自校を推薦することが適切かを判断することです。

どんなに素晴らしい夢や目標を持っていても、それを実現したり実現に近づく環境が大学になければ、その後の4年間を無駄にしてしまいます。また、夢や目標がないまま大学に入学した場合も、時間を無駄に費やすことになります。

長所(と短所)は何ですか?

3つ目の質問は、あなた自身の長所や短所についてです。

この質問意図は、「自分の性格・特徴を正確に判断できているか」と「前向きに物事を捉えられるか」を判断するためです。

面接は高校からの推薦状を元に行われますが、推薦状にはあなたの評価が書かれており、その記載と矛盾するようであれば、評価は下がります。また短所について前向きに捉えられることも、入学後に努力を継続できるかの判断に繋がります。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。

関連する記事