仮面浪人で休学は意味ない?パターン別のメリット・デメリットで比較!

仮面浪人は、休学をする、または大学に通い続けて受験勉強を行うなど、複数のパターンに分かれます。それぞれメリット・デメリットがあるため、自分の大学生活をイメージして最適なものを選ぶ必要があります。今回は3つのパターン別にメリット・デメリットの比較を紹介していきます。

大学仮面浪人

結論|仮面浪人で休学するかはその人のメリット・デメリット次第

https://images.unsplash.com/photo-1558021212-51b6ecfa0db9?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1558021212-51b6ecfa0db9?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

仮面浪人で休学する学生は決して少なくありません。その理由は、休学をすることで長い勉強時間を確保できるなど、メリットが多いからです。また、学校によっては、休学することで授業料が免除される点も見逃せないでしょう。

しかし、仮面浪人の休学では、入学金がムダになってしまったり、就職に不利となる可能性がある点など、デメリットもあります。

そのため、仮面浪人で休学するかどうかは、メリットとデメリットを自身がどう捉えるかによります

仮面浪人は「大学に籍をおきつつ別の大学の受験勉強をしている大学生」

https://images.unsplash.com/photo-1514369118554-e20d93546b30?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1514369118554-e20d93546b30?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

仮面浪人とは、大学に籍をおきつつ別の大学の受験勉強をしている大学生のことです。大学に籍をおいていても、「大学に行きながら受験勉強する」「大学へ行かずに受験勉強する」という2つのパターンに分かれます。

ここでは、上記2つのパターンについて、それぞれ詳しくお伝えしていきましょう。

パターン①|大学に行きながら受験勉強をする

仮面浪人のパターンには、大学に行きながら受験勉強をするケースが珍しくありません。

たとえば、東大が第一志望だったとしましょう。残念ながら東大には合格することができませんでしたが、その代わり早稲田大学に入学し、しばらく受験勉強をしながら東大合格を目指すなどの場合が当てはまります。

大学の講義を受けながら受験勉強するということで、当然ですが非常に忙しい毎日を送ることを覚悟しなければなりません。

パターン②|大学には行かず受験勉強をする

大学には行かずに受験勉強をするのも仮面浪人の代表的なパターンです。大学には入学したものの、休学届を出して自宅やゼミで受験勉強をするケースが当てはまるでしょう。

ほとんど大学に通うことがないため、一般的な浪人生と変わらないようにも思えます。しかし、実家が裕福だったり、両親が浪人生活を許さないなどの家庭事情があると、仮面浪人としてあえて大学に入る場合も多いのです。

休学に関しては以下の記事で詳しく紹介しています。興味のある方はこちらも併せてご覧ください。

仮面浪人で休学すべきか悩む人の声

https://images.unsplash.com/photo-1427504494785-3a9ca7044f45?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1427504494785-3a9ca7044f45?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

仮面浪人では、大学に行く・行かないという面で休学すべきか悩む人も多いようです。事実、ツイッターでも、仮面浪人の休学に関する話題は注目されています。

仮面浪人で後期のみ休学する人は、全体の4分の1とやや少なめです。大学によっては、別の大学を受験するための休学を認めていないこともあり、学校に通いながら受験勉強をする学生も少なくありません。

上記のように、大学に通いながら受験勉強をするのは、時間の観点から相当困難なことが分かります。ただし、「入学金を払っているから最低限の講義には出たい」という声があるなど、人によって意見は異なります。

仮面浪人のパターン別比較

https://images.unsplash.com/photo-1522202176988-66273c2fd55f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1522202176988-66273c2fd55f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

仮面浪人は、大学に行く・行かないなど複数のパターンに分かれます。以下で紹介する3種類のパターンごとに、それぞれ次のようなメリット・デメリットをがあります。

メリット

デメリット

パターン①|大学に行きながら受験勉強をする

大学生活を実感できる

受験勉強の時間を確保しにくい

パターン②|大学にはあまり行かず受験勉強をする

受験に失敗しても単位を取得しやすい

すべてが中途半端になりやすい

パターン③|休学して受験勉強をする

受験勉強の時間を十分に確保できる

入学金がムダになりやすい

休学をするから良い・悪いというわけではありません。自分の目的や将来設計に合わせ、各メリット・デメリットから最適な選択肢を選んでみてください。

パターン①|大学に行きながら受験勉強をする

大学によっては休学が認められないケースも考えられます。また、入学金をできるだけムダにしたくないという学生もいるはずです。そんなときは、大学に行きながら受験勉強をしなければなりません。

ここでは、大学に行きながら受験勉強をするパターンのメリット・デメリットをお伝えしていきます。

メリット|大学生活を実感できる

大学に行きながら受験勉強をする場合のメリットは、大学生活を実感できることです。あらかじめ大学の講義やサークル、バイトなどのリアルな体験をしておくと、新しい大学に入学した後の姿をイメージしやすくなります。

たとえば、バイトに入りすぎて勉強がおろそかになった場合、新生活では、その反省を活かしてより豊かな大学生活に変えることが可能です。大学生活の過ごし方を前もって知れるのは大きなメリットでしょう。

デメリット|受験勉強の時間を確保しにくい

大学に行きながら受験勉強をするデメリットは、受験勉強の時間を確保しにくいことです。浪人生であれば全時間を受験勉強に充てられますが、仮面浪人だと大学の講義やサークル、バイトなどの時間が足かせとなります。

大学の授業だけの場合でも、1日の受験勉強時間は6~7時間あれば多いほうです。休学をしないときは、短い時間でいかに効率的な勉強を行うか、じっくりと考えておきましょう。

パターン②|大学にはあまり行かず受験勉強をする

大学にはあまり行かないが、休学もせずに受験勉強をするパターンも考えられます。たとえば、前期だけ普通に大学に通い、後期は完全に休学して受験勉強に集中するなどのケースが当てはまるでしょう。

ここでは、大学にはあまり行かずに受験勉強をするパターンのメリット・デメリットをお伝えしていきます。

メリット|受験に失敗しても単位を取得しやすい

大学にもよりますが、前期や後期だけ授業に参加していれば、その分の単位を持った状態で大学生活が再スタートできます。仮に受験に失敗した場合でも、単位がある状態から新たな大学生活が開始できるということです。

受験に失敗しても保険がある状態なので、大きなメリットといえるでしょう。もちろん、前期と後期どちらかは受験勉強に集中できるため、全期間大学に通って仮面浪人を続けるよりも合格の可能性は高まります。

デメリット|すべてが中途半端になりやすい

大学に少しだけ通いつつ受験勉強をするのは、受験に失敗したときの保険にもなるためメリットが多いようにも感じます。しかし、何もかも中途半端に終わりやすいというデメリットにも気をつけましょう。

休学した場合に比べると、どうしても受験勉強の時間は少なくなってしまいます。また、少しだけ学校に通っても授業料は必要なので、バイトによって受験時間が削られるという点も考えものです。

パターン③|休学して受験勉強をする

大学生のなかには、入学した大学を休学して受験勉強に集中するという方も少なくありません。休学制度は大学によって大きく考え方が異なるため、あらかじめ学校ごとのシステムをよく調べておきましょう。

ここでは、休学して受験勉強をするパターンのメリット・デメリットをお伝えしていきます。

メリット|受験勉強の時間を十分に確保できる

仮面浪人で休学した場合、受験勉強の時間を十分に確保できるはずです。大学によっては休学中の授業料を免除してくれることもあるため、バイトをせずに受験勉強に集中できるといえるでしょう。

休学すると一般的な浪人生と同じようにも思えますが、学割が使えるという点も大きな強みです。仮面浪人で休学していても身分は大学生なので、問題なく学割制度が利用できます。

デメリット|入学金がムダになりやすい

休学して受験勉強をするデメリットは、入学金がムダになりやすいということです。

大学に籍をおいているのに休学していたのでは、結局のところ浪人生と変わりません。しかし、休学する・しないにかかわらず、入学金は必ず支払う必要があるため、お金を有効に活かせていないと感じるのも無理はないでしょう。

また、大学によっては、授業料とは別に休学金を支払う必要もあります。経済的な負担が大きくなりそうだと、素直に浪人生の選択肢を選ぶことも考えておきましょう。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。

関連する記事