奨学金で迷う「第一種」と「第二種」の違いを徹底比較!併願や評定も解説!

奨学金とは、一般的に学生が勉学や生活に必要なお金を示します。この奨学金は利子の有無などによって第一種と第二種に分かれています。学生の皆さんにとって、奨学金は馴染みが薄いものかもしれません。今回は奨学金の説明、申請方法や利用条件などについて解説します。

奨学金

日本学生支援機構の奨学金は併用・併願できる

https://images.unsplash.com/photo-1562564055-71e051d33c19?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1562564055-71e051d33c19?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

日本学生支援機構の奨学金は、併用・併願することが可能です。

  • 給付型: 奨学金の返済が不要
  • 貸与型(第一種): 無利息だが、奨学金の返済が必要
  • 貸与型(第二種): 宥利息であり、奨学金の返済が必要

上記3種の中では、第一種の条件が最も厳しいと言われています。なぜなら、第一種は特に採用条件が厳しく、経済的に困窮している優秀な学生が対象だからです。

種別の違いについては以下で詳しく解説します。

第一種奨学金の貸与金額と利用条件

https://images.unsplash.com/photo-1545377079-08d414f11a5f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1545377079-08d414f11a5f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

日本学生支援機構の提供する奨学金の中で、無利息で貸与される奨学金を第一種と呼びます。以下では、第一種奨学金の貸与金額と利用条件をご紹介します。これから、奨学金の応募をしようと考えている学生の皆さんは、ぜひ参考にして下さい。

第一種奨学金の貸与金額

第一種奨学金の貸与金額は、その区分によって以下のように分類できます。

国公立(自宅通学)

国公立(自宅外通学)

私立(自宅通学)

私立(自宅外通学)

45,000円/月

51,000円/月

54,000円/月

64,000円/月

以上からわかるように、学生の区分が大学の種類と生活形態によって分けられています。第一種奨学金に応募をする際には、まずどの大学に進学をして、生活形態は自宅か一人暮らしのどちらになるのかをあらかじめ確認しておきましょう。

第一種奨学金の採用条件

第一種奨学金は、日本学生支援機構が提供する奨学金3種の中で最も採用条件が厳しい種別です。

  • 【収入条件】: 家計支持者の年間給与がおよそ800万円以下であること
  • 【成績条件】: 高等学校の平均成績が3.5以上であること

収入条件は給与所得かそれ以外かで細かく分かれていますが、主には年間給与が目途となります。また、成績条件の3.5というのは高校の成績が高く、学年の順位も50位以上であるレベルです。

以下の記事では、何故奨学金に成績が必要なのか詳しく説明しています。こちらも併せてご覧ください。

第二種奨学金の貸与金額と利用条件

https://images.unsplash.com/photo-1521791055366-0d553872125f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1521791055366-0d553872125f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

日本学生支援機構の提供する奨学金の中で、有利息で貸与される奨学金を第二種と呼びます。第一種奨学金と比較すると、その採用条件はさほど厳しくないと言われています。以下では、貸与金額と採用条件をそれぞれご紹介します。

第二種奨学金の貸与金額

は、第二種奨学金の貸与金額学校の種類によって以下のように分かれています

大学

短期大学

大学院

20,000~120,000円/月

20,000~120,000円/月

50,000~150,000円/月

第二種奨学金では、第一種奨学金のように生活形態によって細かく奨学金の貸与金額が分かれていません。そのため、申し込みをする際には、進学する学校の種類を間違えないように気を付けましょう。

第二種奨学金の採用条件

第二種奨学金の採用条件として、収入条件と成績条件がそれぞれあります

  • 【収入条件】: 家計支持者の年間給与がおよそ800万円以下であること
  • 【成績条件】: 平均以上の成績があり、学業を終了できる見込みがあること

第二種奨学金の収入条件は、第一種奨学金とほぼ同じです。一方で、成績条件においては具体的な成績が明示されておらず、平均成績が2.5以上であれば採用がされると考えられます。

入学金は自分で用意する必要がある

https://images.unsplash.com/photo-1561414927-6d86591d0c4f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1561414927-6d86591d0c4f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

日本学生支援機構の奨学金を利用する場合でも、原則として入学金は自分で用意することになります

厳密には入学時特別贈与という、入学までに必要な金額を賄う貸与型の奨学金があります。しかし、これの支給自体は最短で4月の下旬となっており、4月の入学金支払い時には間に合いません。

そのため、入学金は一旦自分で立て替えた上で後から入学時特別贈与を受取ることとなります。入学金が未払いとならぬよう気を付けましょう。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。