常務取締役の役割とは?|求められる能力についても解説します!

会社の役員には非常に沢山の種類があり、会社法で設置が義務付けられているものと任意で設置する役職があります。この記事では会社役員の中でも業務範囲が理解しづらい常務取締役について役割・求められる能力・平均年収について紹介します。役員の階級や収入などが気になる方は、ぜひご一読ください。

役職

常務取締役とは

https://images.unsplash.com/photo-1562788869-4ed32648eb72?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1562788869-4ed32648eb72?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

会社の役職者には会長・社長・専務・取締役など様々な役名がありますが、中でも実際の業務内容のイメージがしづらいのが「常務取締役」です。

まずこの見出しでは常務取締役とも混同しやすい「常務」と「取締役」について説明します。また、「常務取締役」の英語表現についても紹介します。英語表現を見ると業務内容もイメージしやすくなるので、ぜひ参考にして下さい。

常務とは

「常務」は、会社の意思決定を行う役員と一般的な従業員の中間的な役職です。

常務は役員であるため、会社の会長・社長・専務などの会社の管理職者とともに、会社全体の意思決定(役員会議)にも参加します。その一方で、一般的な従業員と同様の業務や部長・課長職などの管理業務なども行います。

一方、常務と混同されやすい専務ですが、専務はより社長や副社長よりの経営に近い仕事のみ行うことになります。

取締役とは

「取締役」は会社の意思決定と役員監査を行う役職です。

常務と異なる点は、一般的な従業員と同様の管理業務に当たることはなく、代表取締役の監査を行ったり、ビジネス戦略構築などを行うことです。

常務は一般的な従業員と類似する業務にもあたっていましたが、取締役との違いとして取締役の場合はそうした業務は行わず、役員の監査や自社の戦略の決定や戦略に基づいた会社全体の管理業務が主な仕事となっています。

また、取締役と混同しやすい執行役員ですが、執行役員は会社法上の役職ではなく便宜上社内で呼ばれているものになります。執行役員は経営陣ではなくあくまで従業員である点も注意しておきましょう。

常務取締役は現場に最も近い経営陣

役員と従業員の「橋渡し」的な存在であるのが常務取締役です。現場を知らない役員に変わって現場の状況を把握・報告し、役員会議などで進言する役割を担っています。

常務取締役の偉さは社内で5番目くらいと言われています。個社で違いはありますが、社長から数えた時はだいたいこのあたりの偉さと言われています。

常務取締役の英語表現

「常務取締役」は英語で表現すると「Managing Director」となります。

「Managing」は「管理する」という意味で、「Director」は「指図する」という意味です。つまり、管理業務と従業員への指示業務の両方を行うのが、常務取締役の役割ということになります。

「常務」が役員と従業員の「橋渡し」、「取締役」が会社全体の管理業務を行う役職ということが分かれば、その2つの業務を兼任している人が「常務取締役」であるということが分かります。

常務取締役の役割

https://images.unsplash.com/photo-1454165804606-c3d57bc86b40?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1454165804606-c3d57bc86b40?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

では、具体的に常務取締役の役割や仕事内容にはどのようなものがあるのでしょうか。

実は「常務取締役」は法律で設置を義務付けられているものではなく、企業ごとに必要であれば設置する役員です。

前の見出しでは「常務」の仕事と「取締役」の仕事という、2つの仕事を兼任していることを紹介しましたが、具体的な業務内容についてこの見出しで見てみましょう

常務取締役の役割①|部下の育成

1つ目の役割は「部下の育成」です。

これは「常務」のような役割で、管理職の従業員の役割を果たしています。「部下」と言っても最前線で働く従業員ではなく、将来的に役員になる可能性がある管理職者の育成を行うことがほとんどです。

部長・課長職などの従業員も生産性の向上を目指して部下の育成を行いますが、それと同様に常務取締役直下の管理職者の育成を行います。

常務取締役の役割②|従業員の管理

2つ目の役割は、従業員の管理です。

この業務も「常務」としての役割であり、直下の管理職従業員の管理を行います。管理職従業員は、それまでの一般的な従業員としての働き方ではなく、より経営陣に近づくため考え方や部署の管理についてもよく考える必要があります。

そうした内容について、より幅広い知見や経験を持つ常務取締役がアドバイスをしながら、自社の戦略に沿って現場職員が業務をこなせているのかを管理します。

常務取締役の役割③|事業戦略の構築

常務取締役の3つ目の役割は、事業戦略の構築です。

これは「取締役」としての役割で、一般的にイメージされる役員の業務です。先述の通り常務取締役は法的に設置が義務付けられている役職ではありません。

しかし、「取締役」という役名が付く以上は役員であるため、役員会議に出席して今後の会社全体の戦略の構築に参加します。そして他の役員に比べて従業員に近い立場として、従業員管理を通して戦略の実行についての管理も行っています。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。