「存じます」の意味と例文を解説。繰り返し使うとくどい?類語も紹介

存じますを初めて目にした方はその特殊な使われ方に違和感を覚えたかと思います。また、普段当たり前のように使っていても、存じますの意味や使い方、言い換え表現を知らない方もいるのではないでしょうか。今回の記事ではビジネスシーンでの存じますの例文や使う際のポイントを解説していきます。

社会人就活の言葉

存じますとは

https://images.unsplash.com/photo-1598983941654-125cc1854744?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1598983941654-125cc1854744?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

存じますの例文をご紹介する前にまずは意味や読み方をおさえましょう。

存じますの意味は「思います」

存じますは「思います」の謙譲語です。「~~と思います」と使うように、文末にかけて「~~と存じます」と使います。

存じますには「思います」の他に「知っています」といった意味も含まれます。「思う」も「知る」も幅広いシーンで使える言葉です。存じますも様々な場面、特に敬語が重要となるビジネスシーンでは重宝される表現です。

存じますの読み方は「ぞんじます」

存じますの「存」は「ぞん」と読みます。聞き馴染みのある「存在」という熟語では「そん」と読むため、「そんじます」と間違えやすいのでご注意ください。

ビジネスシーンでは書き言葉のメールとして頻出の存じますも、話し言葉として電話などの会話で使われることもあります。読み方を間違えないようにしましょう。

存じますは口語としても使える

前述の通り、存じますは口語としても用いることができます。

ただ、口語の場合はメールなど書き言葉として残る場合ほど厳密な敬語は求められません、従い、必ずしも毎回「存じます」を使う必要はなく、「思います」という丁寧語を用いても問題はありません。

存じますのビジネスでの使い方

https://images.unsplash.com/photo-1454165804606-c3d57bc86b40?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1454165804606-c3d57bc86b40?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

存じますはビジネスシーンで頻出の表現です。

以下では、ビジネスで存じますを使う際に注意して頂きたい点をご紹介します。

対象が人であれば「存じ上げております」がより丁寧

存じますには「思う」と「知る」の2つの意味があると説明しました。

対象が人である場合、「知っております」を表現する際には「存じ上げております」を用いるとより丁寧な印象を与えることができます。

例えば、上司に「取引先のAさん知ってる?」と聞かれた際に「はい、存じ上げております」「いえ、存じておりません。」と返事ができます。

対して、「今日の会議室どこか知ってる?」と聞かれた際には「はい、存じております。」「いえ、存じておりません。」と「上げる」という表現を用いないようにします。

理由は、対象が人以外のコトやモノの場合にも「存じ上げております」を用いると過剰表現になってしまうからです。敬語も使い所をおさえるからこそ相手によい印象を与えるのであり、過度な敬語表現は避けたいところです。

「いただきたく存じます」は目上の人にお願いをする際に使う

目上の人や社外の人に「~~をしてほしいと思います」と伝える際に「~~していただきたく存じます」を使います。

「~~してほしい」の謙譲語として「~~していただく」、「思う」という意味で「存じます」に置き換えた表現です。

尚、「いただきたく」は平仮名か漢字で意味合いが異なります。飲食などをいただく場合は「頂きたく」と漢字を用いて、補助動詞として使う場合は平仮名になります。例えば「ご連絡いただきたく存じます」は連絡という動詞を補助するものとして「いただきたく」を使うため、平仮名となります。

ビジネスで使う際はほとんどが平仮名の「いただきたく存じます」を使うことになります。

許可をとる際には「存じますがいかがでしょうか」

まだ承諾を得てない許可や提案をする際には、「~~と存じますがいかがでしょうか」という表現を使います。これは「~~と思いますがどうでしょうか」という意味です。

許可や提案をする際に間違えやすいのが、まだ許可を得ていないにも関わらず独断で「~~とさせて頂きたく存じます」と、さも決定事項かのような表現をしてしまうことです。必ず「~~とさせて頂きたく存じますがいかがでしょうか」と伺うようにしましょう。

存じますと思いますは併用できる

存じますは主に上司や社外の人などに用いる「思います」「知っています」を意味する謙譲語です。

社内でも部下に対しては「思います」とシンプルな丁寧語を用いることが一般的です。部下に対しても「存じます」と謙譲語を多用するのは違和感を感じる方がいるかもしれません。

上司と部下で存じますと思いますを併用してうまくコミュニケーションをとるようにしましょう。

存じますを繰り返し使うとくどい

存じますはその意味からあらゆる場面で万能に使うことができます。それ故に、全ての文章で存じますを使う、ということも稀ではありません。

しかし前述した通り、敬語は使い所が肝心です。繰り返し使うとくどい印象をもたれ、「本当に思っているのか」と疑問視されてしまうかもしれません。

存じますを使う際には他の敬語表現と織り交ぜながら、くどくならないように注意しましょう。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。