会話術を身に付けるには?|4つのステップとポイント、ビジネス会話まで徹底解説!

初対面では、会話が続かない悩みを持ち、心理学の本を読んだりトレーニングを積む人もいます。会話術は、会話ネタをもってコツを掴めば、恋愛でも仕事でも楽しい会話ができるようになります。本記事では、まず会話を盛り上げるステップやポイントについて。次に、会話で意識する点や会話術が活きる場面をご紹介致します。

社会人

会話術を身に付けるには

https://images.unsplash.com/photo-1486312338219-ce68d2c6f44d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1486312338219-ce68d2c6f44d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

初めて会う人とは、緊張をしてしまい中々会話が弾まず、趣味や仕事内容などの簡単な話題を挙げることですら難しいと感じるかもしれません。

  • 大学で心理学や脳科学を学ぶ
  • 恋愛トークを学ぶセミナーに行く
  • ビジネストークの研修を受ける

例えば、このような方法を選ぶ方もいますが、中には数万円から数十万円もかかるため、中々手が出しにくいのが実情と言えます。

そこで以下では、会話術を身につけるにはどうすべきかをご説明致しますので、ぜひご参照ください。

【会話術】会話を盛り上げる4つのステップ

https://images.unsplash.com/photo-1474293507615-951863a0f942?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1474293507615-951863a0f942?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

会話が苦手な方は盛り上げるためのノウハウを知らないため、沈黙や盛り上がらない会話をしてしまいがちだと考えられます。

そこでこちらの見出しでは、会話を盛り上げる4つのステップをご紹介致しますので、会話で悩む方はまず気心の知れた相手で試してみてください。

ステップ①|相手の興味・関心を認識する

1つ目のステップは、相手の興味・関心を認識することで、具体的には以下のような質問を相手にする会話が考えられます。

  • 土日は普段どんなことをされますか?
  • 最近夢中になっていることはありますか?
  • 時間がある時は何をして過ごしますか?

このように、相手の興味・関心を知る質問をすることで、聞かれた相手は答えやすい内容を楽しく話すことに繋がります。

互いの雰囲気が良くなることで、会話が盛り上がる下地作りとなるため、相手の興味や関心を先ずは聞いてみると良いでしょう。

ステップ②|相手の話題に反応する

2つ目のステップは、相手の話題に反応することであり、大きく分けて以下が挙げられます。

  • 相手の話題に対して積極的な質問をする
  • 相手の考えや意見に対して共感を示す
  • 相手と一緒にできることを模索する

例えば、自分が興味のある話題に関心を持ってもらえると嬉しいように、相手もまた自分の話題に反応をしっかりしてもらえると喜びます。

仮に、相手の話題に対する反応に困った際には、曖昧な言葉を聞き直したり、なぜそう思ったのか背景を聞くなどすると良いでしょう。

ステップ③|自分を知ってもらう

3つ目のステップは、自分を知ってもらうことであり、双方の共通点や互いに共感をし合える話題を探すために重要だと考えられます。

  • 日頃から良く行う自分の趣味を紹介する
  • 意外だと思われやすい特技をアピールする
  • 自分の考え方や気持ちを素直に伝える

このように、自分を知ってもらうには上述の3点を心がけると良く、相手との心理的な距離を縮める大きな一歩に繋がるとも言えます。

ただし、聞き手が引いてしまうような変わった趣味や、ネガティブなイメージを持たれる特技などは避けるべきだと覚えておきましょう。

ステップ④|自分と相手の共通点を探す

4つ目のステップは、自分と相手の共通点を探すことであり、互いを知り会話が盛り上がるか否かを決める最終段階であると言えます。

  • 共通の趣味や特技を持っている
  • 同じような経験や目標がある
  • 所属や参加コミュニティが同じである

例えば、相手に対して共感ができるケースとしては、このようなことが挙げられますが、今回の会話だけでなく次の会話でも重要となります。

お互いの共通点を理解できれば、そこから派生させて何かを一緒に行ったり、双方が興味のある話題で会話を盛り上げることも容易になります。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。