「所存でございます」の意味とは?|使い方別の例文や言い換え表現を解説します!

ビジネスでメールや履歴書で良く使用される言葉「所存でございます」。謝罪や目標を提示する場合に使用します。多様すると信用が下がる場合があり、言い換えの言葉を知っておくと良いでしょう。今回の記事では英語での表現や例文、使い方、間違った使用方法などをまとめました。仕事で間違った言葉を使用しないよう、参考にしてください。

就活の言葉

「所存でございます」とは

https://images.unsplash.com/photo-1507679799987-c73779587ccf?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1507679799987-c73779587ccf?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

テレビなどを見ていると、理解できるが深く考えるとわからない言葉があります。「所存でございます」もそのうちの1つです。

社会人の多くは、1度はこの言葉を使用した経験があるかもしれません。間違った使い方をしていたとすれば、恥ずかしいことになります。正確に言葉を使用できるよう、以下で説明します。

「所存」とは

日常で使用される「所存」とは何でしょうか。言葉を正確に使用できるようになるため、意味や使い方、類語表現をまとめました。

「所存」の読み方は「しょぞん」

所存は「しょぞん」と読みます。

普段あまり使わない方は違和感があるかと思いますが、所「しょ」と存「ぞん」の個別の漢字の読みについては馴染みがある方も多いかと思います。

「所存」の意味

広辞苑によると、「所存」の意味は以下のように記されています。

心中に思うところ。おもわく。考え。

所存とは考えであることがわかります。「存」は心や考えを表している漢字で、「存ずる」という動詞で使用されます。「所」は場所などの位置を示す漢字です。

「所存」は心がここにあるというニュアンスで使用され、考えることや思惑と言い換えることができるのです。現代社会のビジネスマンが使用するのは、「思惑」と表現すると印象が悪いためです。

「所存」は謙譲語でもあるため、相手を尊重して謙る表現となります。ビジネスでは相手を尊重する必要がある場合が多いため多用されます。

「所存」の使い方

「所存」を使用する表現は多くあります。場合により使い分けが必要ですが、3つご紹介します。

  • 所存です
  • 所存でございます
  • 所存でおります

上記3つの表現は、日常では同じ意味で使用できます。「です」と「ございます」は、敬語表現の度合いが違うとお考え下さい。

普通は「です」を使用しますが、さらに丁寧に表現するには「ございます」を使います。以下で、「所存でございます」の意味は深く解説します。

「~でおります」は動詞が含まれています。本来、自分自身の行動を主張する場合に使用されます。敬語ではないため、ビジネスでは不向きです。

「所存」の類語表現

「所存」には多くの類語があります。主に日常で使用される言葉を選んでご紹介します。例えば以下のようなものです。

  • 意志
  • 意図
  • 意向
  • 見解

考えを述べる内容の言葉は、「所存」の類義語になりやすいです。心や感情を表現する言葉であるため、意志や意向、見解などの表現に言い換えることが多いです。

ビジネスシーンでは、所存ばかりを多用すると固い人にみられます。類義語を知っておき、要所要所で適度に使用できるようになると人間関係を築くきっかけになります。

「所存でございます」の意味

「所存でございます」は二重敬語と言われることがあります。「所存」には謙譲語の意味合いがあるためです。謙譲語に丁寧語の「ございます」をつけるため二重敬語ではないかと言われます。

謙譲語は謙る言い方、丁寧語は単に丁寧な言い方です。敬語には、自らを謙るのを強調するため丁寧語を合わせることがあります。「所存でございます」は謙りながら丁寧に言うための効果的な使い方です。

自ら主張するとき、「思う」では相手と対等の関係を認識させます。「所存でございます」は、自分の主張を強要しない意味があります

「所存でございます」の英語表現

「所存でございます」は、英語では以下の表現になります。

  • I would like to ~

英語には敬語がありません。謙譲語などは日本特有のものですが、丁寧なニュアンスのする表現が would になります。

よく I want to ~ といったように want を使うことが多いと思いますが、wantより丁寧な表現がwouldになります。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。