面接で笑うことに関する疑問に回答!面接官に好印象を与える秘訣とは

就活を進めるうえで、最後の難関になるのが面接です。いざ面接官を前にすると、どんなに練習していても緊張してしまい、笑顔を作ることも難しくなります。よく面接では笑顔が大切と言われますが疑問に思う方もいると思うので、今回は面接と笑顔についてご説明いたします。

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

「面接で笑う」ことに関する疑問は2種類ある

笑顔でいたほうが面接は受かりやすいと一度は聞いたことがあると思いますが、笑顔を見せるのが苦手な人は無理にでも笑顔を作るべきなのか、また面接中にとても緊張してしまい思わず笑ってしまいそうになった場合は笑わずに堪えたほうが良いのか悩む方もいると思います。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

目次

疑問①|面接では笑顔を作るべきか

笑顔は明るくポジティブな印象を相手に与えるので、口角を上げて話すことは好印象に繋がります。笑顔と言っても必要なのはニヤニヤするような笑顔ではなく、爽やかな笑顔です。

とはいえ、無理に笑顔を作ってしまい表情が不自然になってしまう場合もあります。笑顔は意識していても作ることが難しい人もいるので、笑顔を作ること自体が苦手な人は面接中にどうすればいいのか疑問に思い悩んでしまいます。

疑問②|面接中に思わず笑うのはアリか

面接官がリラックスできるようにあまり面接とは関係がない質問や会話を振ってくれる場合がありますが、ふと思わず笑いそうになってしまい、その時でも笑いを我慢した方が良いのかわからなくなる人もいるかと思います。

また、共通の話題で話が盛り上がり、思わず笑ってしまうこともあるかと思います。そのような場合に、いくら面接に関係のない話題だとしても、思わず笑ってしまったことを気にしてしまい、相手にマイナスな印象を与えてしまっていないか不安になると思います。

疑問①|面接中は笑顔と真剣さのバランスが大切

面接中は常に笑顔でいたほうが必ず良いというわけではなく、真剣な表情も見せることで面接にもメリハリが生まれます。面接中に笑顔を意識することはとても重要ですが、常にニコニコしているだけではなく、場面によって笑顔と真剣な表情を使い分けることが大切です。

面接で笑う時は口角をあげる程度がいい

笑顔にも種類があり、歯を見せて笑う笑顔もあれば声を出して笑うような笑顔もあります。

面接の場合は、口角を上げるくらいの笑顔が相手に対しての印象が良く、不自然に見えにくいですが、口元が笑っていても、目元が笑っていないとこわばった表情になるので苦手な場合は練習が必要です。

面接での笑顔が「自然なコミュニケーション」につながる

普段の生活の中でコミュニケーションをとる際に、無意識に笑顔になっている時があります。面接も同様で、特に初対面の相手とコミュニケーションを取る際に、相手が笑顔の場合とそうでない場合では、話しやすさが違います。

自分を相手に知ってもらう機会が面接なので、まずは相手に興味を持ってもらうことが大切です。

面接で笑顔を見せるべき4つのタイミング

面接で相手に好印象を与える笑顔のタイミングは、大きく分けると4回あります。効果的に笑顔を活用し、それぞれのタイミングで笑顔を意識することで、面接自体をスムーズに進めることができます。

面接室に入った時

まずは第一印象が大切なので、面接室に入った時の「失礼します」というあいさつの際に最初の笑顔を見せます。面接官との初対面のタイミングにもなるので緊張するとは思いますが、面接のスタートからマイナスの印象を与えない為にも、ここのポイントはとても重要です。

面接の最初が上手くいったと自分自身が思うことができれば、緊張もほぐれてその後の良い流れを作ることも可能です。口角を上げて爽やか笑顔を相手に見せることで、自信を持って面接室に入ることができます。

面接官が笑った時

面接官が笑った時にこちらが無愛想でリアクションがないと、関心が無いようにとらえられてしまいます。面接官は多くの人を相手にしているので、他の人が笑顔で対応していた場合は良い印象を持つことができる人を選びたくなるものです。

面接官とはいえども同じ人間なので、自分とコミュニケーションをとることができる人に良い印象を持ちます。

面接官が笑っているときはこちら側も笑顔になり、自分にはコミュニケーション力があるということを見せることはとても重要です。

雑談や趣味の話題になった時

面接官が緊張をほぐしてくれようとして、雑談や趣味などの話を振ってくれた場合も笑顔を見せる重要なタイミングです。

面接に関係ないような話でも、自分はしっかりと話を聞いているというアピールにもなりますし、何より素っ気ない対応をされると面接官もあまりいい気がしないので、マイナスな印象を与えてしまいます。

思わぬ共通の話題で話がとても盛り上がることもありますが、先に述べた通り面接中であるということを忘れないように意識することでより良い印象を与えることができます。

会話のバトンを相手に渡す時

自分の経歴やエピソードを話し終えたタイミングで軽く笑顔を作ると、自信がありながらも親しみやすい印象を相手に与えることができます。

また、自分が話をする際は相手に思いを伝えることが重要なので、笑顔より真面目な表情の方が相手に気持ちや熱意が伝わります。ニヤニヤしながら話すということはないと思いますが、不誠実な印象を与えてしまうので注意が必要です。

コミュニケーションの基本である、笑顔や言葉のキャッチボールを意識するとスムーズに会話が弾むので、面接官も自分自身も気持ちよく面接を進めることができます。

疑問②|面接で思わず笑う時のメリットとリスク

面接の際に思わず笑ってしまったとしても、その笑いがいい意味できっかけとなり面接の雰囲気が良くなる場合があります。

その反面、リスクもあるということをしっかりと意識しておくことで、対策をすることができます。

メリット①|面接官との距離が縮まる

面接官との共通の話題で盛り上がり、会話が弾んだ流れで思わず笑ってしまった場合は、相手との距離が縮まるきっかけになる可能性があるのでいい意味での笑いになります。

面接官との距離感を感じているのは自分だけではなく、面接官も同じように感じているので、面接は最終的に、相手に距離感をいい意味で感じさせない印象を与えることができるかが重要になります。

親しみやすく、話しやすい印象を面接官に与えられれば、少し答えにくいような質問が来た場合でも面接の雰囲気が良い状態なので、対応しやすくなります。

メリット②|コミュニケーション力の高さをアピールできる

こちらの記事にもあるように、面接と実際の仕事は共通している点が多くあります。自分が希望している職種が営業職であれば尚更コミュニケーション力は重要になります。

相手の話をしっかりと聞くことができないと、共通の話題や今までの会話の思わず笑ってしまうような機会があったとしても、そもそも気付くことができないので、話をしている側からすると本当に聞いているのかわからなくなります。

コミュニケーション力は、取引先だけではなく一緒に働く仲間との関係を築く上でも重要になるので、面接官が見ているポイントになっています。

リスク①|面接で笑う加減を謝ると幼稚に思われる

いくら面白い話や話題があったとしても、笑い方を間違えると相手に幼稚な印象を与えてしまいます。具体的には大きな声で笑ったり、物や手を笑いながら叩いてしまうという例が典型的なパターンです。

折角今までの受け答えがしっかりできていたとしても、笑い方ひとつで大きく印象が変わってしまう可能性があるので、普段笑う時にオーバーリアクションになってしまう人は意識しておく必要があります。

面接中ということもあり、多少なりとも緊張感を持っていると思うのでふとした時に素の自分が出ないように注意することが大切です。

リスク②|面接官の話に関係なく笑うと不誠実な印象を与える

会話の流れで思わず笑ってしまうようなことはあったとしても、面接官の話に関係のないことで笑ってしまうのは、当たり前ですが失礼にあたります。

また、自身の失敗談を笑いながら話したり、話終わったあとに思い出し笑いをしてしまった際も、聞いている側からするとそこまで面白くない可能性もあります。

集団面接などで自分が話す機会がない場合にふと緊張が緩み思い出し笑いをしたり、他の人の話で笑えるような要素がない場合に笑ってしまうと、面接官だけではなく周りにも不誠実な印象を与えてしまいます。

bizual就活無料面談サポートを活用しよう!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

まとめ

面接をスムーズに進めるうえで、コミュニケーション力はとても重要です。その基本である笑顔を活かせるかどうかで結果が左右される可能性は大いにあります。

面接の練習の時はもちろんですが、普段の生活でも笑顔を意識することで自身のコミュニケーション力も上がり、面接にも活かすことができるようになります。

就活、、もうどうしたら良いかわからない。そんなあなたへ!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

  • 業界選びで悩んでいて、自分に合った業界についてフラットな目線でアドバイスしてほしい
  • 「持ち駒」がなくなって次どうしたら良いかわからない
  • とにかく早く内定が欲しい etc

そういった悩みを持つ学生はぜひbizual無料就活サポート面談を受けてみてください。

あなたに合った業界選び、企業選び、内定までの徹底サポートなど、専門のキャリアアドバイザーが親身に寄り添ってサポートさせていただきます。

また、面談後も下記就活サポートが全て無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実
目次