週休1日はおかしい?メリットはある?週休1日の適法性も解説します

週休み1日は、過労が溜まり体調が悪化しやすいので、高収入というメリットがあっても続けられないという一面があります。2chでは、週休1日の求人で働き始めた結果、労働条件がおかしいと感じるようになったという書き込みもあるようです。本記事では、週休1日のメリット・デメリットや、違法性についてご説明します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

週休1日はおかしいのか

週休1日とは、平日と土日を通して1日しか休みがない勤務形態です。仕事が続く印象がありますが、具体的にはどのような状態なのでしょうか。

目次

週休1日制はおかしいと感じる人の声

本見出しでは、週休1日はおかしいと感じる方のツイートを2つご紹介します。

これは、週休1日勤務の方が実体験を元に週休2日を推奨するツイートです。体力的にキツイと感じていても、断れず仕事を引き受けると後悔をするので、仕事よりも身体を第一に考えるべきだと言っています。

こちらは週休1日から3日までの状況をそれぞれ比較したツイートです。週休1日は過労がたまるだけで、週休2日では忙しさによって体調が異なります。そして、週休3日で家事や遊ぶに行けると言っています。

週休1日制を導入している企業は少ない

厚生労働省が発表している平成31年就労条件総合調査によりますと、一番多い休日日数は、「何らかの週休2日制」で回答企業の82.%を占めます。

出典:平成31年就労条件総合調査 「週休制」

一方、週休1日制又は週休1日半制を導入している企業は全体の10.2%と少ないです。企業規模別に注目すると、他の規模に比べて30~99人の小規模企業は比較的週休1日制を導入している割合が高いです。

上記のように週休1日制は一般的ではないという事が分かります。

週休1日のメリット・デメリット

週休1日は、仕事が多すぎておかしいと感じる人も多いですが、メリット・デメリットはあるのでしょうか。

本見出しでは、週休1日のメリット・デメリットをそれぞれ2つずつお伝えします。

メリット

週休1日のメリットは、金銭的理由と肉体的理由からそれぞれ1つずつ考えられます。世間一般としては、週休1日への否定的な見方が多いですが、主観的に捉えることも重要です。

①給料が週休2日よりも多くなる

1つ目のメリットは、給料が週休2日よりも多くなることです。給料は、雇用契約書によってその算出方法が規定されていますが、労働時間の長さによって多くなることが一般的です。

週休1日の場合には、従業員の労働時間も長くなるので、会社側は違法性を問われないよう残業代や手当などによる支払いが求められます。

②過酷な労働環境に耐えられる適応力が見につく

2つ目のメリットは、過酷な労働環境に耐えられる適応力が見につくことです。キャリアの中での職務経験を考えた場合、過酷な仕事をこなせる力はメリットになるかもしれません。

推奨されることではありませんが、外資金融やコンサルといった高収入の業界では、多少なりとも大変な労働環境の下で働き、結果を出すことが基本となります。

キャリアアップや転職を考える人にとって、週休1日に適応する力はメリットに繋がります。

③仕事が生き甲斐・趣味の人にとっては充実している

世の中にはワーカホリックな人もいます。仕事が好き、仕事をワクワクしながら取り組める、仕事をしている時間にやりがいを感じる人たちです。そのような人にっては仕事の日数が多いことは充実した日々を送っていることとイコールです。

ただ、是は誰にでも当てはまるメリットではないですし精神論的メリットなので、参考程度にとどめておくべきです。

デメリット

週休1日のデメリットは、精神的理由と健康的理由からそれぞれ1つずつ挙げられます。厚生労働省をはじめとして、働き方改革を推進している理由はこれらとの結びつきです。

①心身が摩耗し働く気力が失われる

1つ目のデメリットは、心身が摩耗し働く気力が失われることです。仕事において、誰しもストレスを受けることとなるので、週6日稼働は精神的に大きな負担となります。

ストレスを受け続けると、仕事がどうでもいいと感じてしまったり、注意が散漫になってミスや失敗をして、さらに精神的なストレスを受ける結果に繋がることが懸念されます。

②過労によって病気になりやすい

2つ目のデメリットは、過労によって病気になりやすいことです。週休1日で過労労働が続いた場合、精神的な病気だけでなく様々な健康障害に繋がることが懸念されます。

独立行政法人労働安全衛生総合研究所のレポートによると、週60時間以上の過労労働をしている人は、過労性の健康障害になると注意を促しています。

  • 胃十二指腸潰瘍
  • 過敏性大腸炎
  • 腰痛
  • 月経障害

長期間にわたって仕事を続けるためには、健康状態を維持できることが前提です。

③プライベートの時間が取れない

週休一日だと自分のプライベートのために時間が確保できません。遊びに行けない、買い物に行けない、病院や市役所など手続きが必要な時に窓口が空いていないなど、プライベートな時間が確保できないことで生じる弊害は様々あります。

友人や家族との時間が満足に取れないのも問題です。

週休1日は違法か

週休1日は激務だというイメージがあるので、違法だと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本見出しでは、週休1日は違法かどうかについて3つのポイントをお伝えします。

週1回の休みは適法(合法)

1つ目のポイントは、週1回の休みは適法だということです。

使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。前項の規定は、四週間を通じ四日以上の休日を与える使用者については適用しない。

参照: 労働基準法第35条

労働基準法では、会社に最低でも週1日の休日を労働者へ与えることを義務付けています。これは、労働者が連続した業務による過労を防止するためです。

週40時間以上になると違法

2つ目のポイントは、週40時間以上になると違法だということです。

使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。使用者は、一週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き一日について八時間を超えて、労働させてはならない。

参照: 労働基準法第32条

一般的な会社では、1日に7時間から7時間半の所定労働時間が定められています。これは、労働基準法が週40時間以上の労働を禁止しているからです。

週休1日の多くは変形労働時間制を採用

3つ目のポイントは、週休1日の多くは変形労働時間制を採用することです。

変形労働時間制とは、労働時間を月・年単位で調整することで、繁忙期等により労働時間の増加を時間外労働として扱わなくてもすむようにする制度です。

  • メリット: 繁忙期と閑散期における労働時間の調整により残業代を抑制する
  • デメリット: 所定労働時間があやふやになり、法定労働時間を超えてしまう

変形労働時間制は、労働時間の調整による人件費の最適化に繋がりますが、管理をしっかりと行わなかった場合に法定労働時間を超えてしまう恐れもあります。

週休1日が定着している仕事

週休1日は、法律的には認められているとわかりましたが、どのような職種で適応されているか知りたいと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本見出しでは、週休1日が定着している2つの仕事をご紹介します。

建設業

1つ目の仕事は、建設業です。建設業とは、マンションや住宅の建設がメインであり、国家資格の1つである施工管理技士が特に激務だと言われています。

  • 施工管理技士の概略
  • 施工管理技士はどのような業務内容か
  • 施工管理技士が激務だと言われる理由

こちらの記事では、建設業の中でも特に激務だと言われる施工管理技士に関して、以上のようなポイントをお伝えしています。

また、激務でも施工管理技士が良いところや、向いている人の特徴などもご紹介していますので、建設業への就職を志望されている方は合わせてご参照下さい。

記事に飛ぶ

新聞記者

2つ目の仕事は、新聞記者です。新聞記者とは、新聞やニュースで報道する情報をリアルタイムで取材し、かつ読者が読みやすいと感じる文章で伝える仕事です。

  • 新聞記者が激務だと言われる理由
  • 激務度が大きく異なる部署
  • 新聞記者の1日の流れ

以上の記事では、新聞記者が激務だと言われる実態に迫っています。全国紙と地方紙でも激務さは異なりますので、新聞記者を目指す方はぜひご覧ください。

記事に飛ぶ

その他の週休1日が多い仕事

上記で挙げた以外にも、以下のような職種は週休1日である場合がおおです。

  • フリーデザイナー
  • エンジニア
  • webライター
  • 漫画家

漫画家やwebライターなど在宅の業務をしていたり、フリーランスで業務を行っている場合は、自分で自由に労働時間を決めることができる場合が多いです。そのため、週休1日といわずとも、毎日休まず働いている人もいます。

また、副業として別の仕事をしている場合、十分に休日がないこともあります。

稼働時間が長ければ長いほど技術や給料も増えますが、休息は体力維持や生産性の維持のためにもとても大切です。自由に就業時間が設定できる仕事こそ、うまく休みながら仕事をしましょう。

週休1日で体調がおかしい・過労になりそうな場合

週休1日で体調がおかしい・過労になりそうな場合、どうすべきか知りたいと感じた方も多いのではないでしょうか。

本見出しでは、週休1日で体調がおかしい・過労になりそうな場合の対処方法を2つご紹介します。

労働基準監督署に相談する

1つ目の対処法は、労働基準監督署に相談することです。総合労働相談コーナーとは、厚生労働省が運営しており職場のトラブルや業務の悩みに対して、解決を支援しています。

  • 業務が過酷すぎて、仕事を続けられるかわからない
  • 職場環境の改善を要求したが、何も変わらない
  • 週休1日だが、体調が悪化しており休みを増やしたい

労働基準監督署では、上述のような悩みを相談できる総合労働相談コーナーがあります。週休1日で困っている方は、電話をしてみてはいかがでしょうか。

最後の手段、退職代行サービスを利用する

2つ目の対処法は、最後の手段、退職代行サービスを利用することです。退職代行サービスとは、会社を退職する際に手続きを代行してくれるサービスです。

  • すぐに辞められる即日対応
  • 会社への連絡不要
  • 安心のネクストサポート

例えば、退職代行サービスExitでは、以上3点のメリットを掲げており、有料での退職代行サービスと無料での転職準備サポートを行っています。

まとめ

週休1日は、建設業や新聞記者で定着しており、合法でありながらも体調を崩したり過労で辞めたいと感じやすいとわかりました。

仕事自体は好きでも、週休1日で続けることに不安を感じた方は、労働基準監督署への相談や退職代行サービスを検討してみてはいかがでしょうか。

高年収限定!コンサル・ハイキャリア人材に特化した転職エージェント

ハイキャリア高年収大企業等の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます。

自分の学歴・キャリアではハイクラス転職は難しいんじゃ・・・

そう思う方でもまずは試しに無料登録・キャリア診断を受けてみましょう!

そうすることで今後の希望年収とその実現可能性を客観的に見ることができます。

今より年収を上げたいならまずは登録しておきたい高年収求人専門の転職エージェント!

  1. ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上!ハイキャリア・年収UPに特化した転職サービス!)
  2. 若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』20代-30代ハイクラス特化した求人からあなたに直接スカウトが届く転職アプリ!)
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは今の年収をあげたい人向けの、高年収求人に特化した転職エージェントです。

30代の転職後の平均年収は840万円、40代は960万円と、かなりの高い水準の実績を持っています。

求人全体でも年収800万円以上の求人が大半を占めており、3分の1以上の求人が年収1000万円以上となっています。

時間をかけてじっくり自分に合った求人を探していくスタイルで、自分のプロフィールや今の年収を登録しておくと、今の条件より好条件でのオファーが届きます。

じっくりと自分に合った企業を見つけていきたいという方はまずはプロフィールから登録しておきましょう!

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

ビズリーチに登録する方は、20代、30代のハイクラス求人に特化した転職アプリ『VIEW』も並行して登録しておくことがおすすめです。

VIEW』はアプリでハイキャリア転職情報を受け取れる日本初のAIキャリアシミュレーションアプリです。

2000人以上の経歴・価値観の情報をもとに自分の特性に合った企業とマッチングをしてくれます。

アプリを無料インストール後、キャリア診断・価値観診断テストを受けるだけで、ハイキャリア求人からオファーを受け取れます。30代以下の方はビズリーチと並行して登録しておくことで、高い確率で転職オファーを受け取れるようになります。

あなたの現在の適正年収を診断してくれる『ミイダス』

そもそも今の自分の学歴・キャリアでどれくらいの年収が望めるのかがわからない・・・

という人は、現在のあなたの経歴から適正年収を割り出してくれるミイダスを活用してみましょう!

7万人の転職データをもとに、あなたのキャリアでどの程度の年収を目指せるのかを診断してくれます。

また、プロフィールも登録しておくとその診断テスト結果の年収に見合った企業から転職オファーがくることもあります。

自分の現在地を知っておくためにも試しに活用しておきましょう!

\5分で終了!/

目次
閉じる