独身寮と社宅の違いは?独身寮のメリット・デメリットや注意点を徹底解説!

就職後の悩みとして、独身寮に入るか否かという話があります。独身寮は、結婚をしていない若手1年目から7年目あたりまでの社員が利用できます。自らアパートを借りるよりも、独身寮は値段が安く通勤も便利という魅力があります。本見出しでは、そんな独身寮の実態に迫るためメリット・デメリットなどをご紹介します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

独身寮とは

就活中の学生の皆さんにとって、独身寮という言葉はあまり聞きなれず、シェアハウスに近いというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

本見出しでは、独身寮とは何かをご理解頂くために2つのポイントをご紹介致します。

目次

独身寮は独身者向けの社員寮

独身寮とは、その名の通り独身者向けの社員寮です。企業では、若手社員の長期勤務を実現するために福利厚生の一環として、会社が借り上げた寮に住まわせる制度があります。

この独身寮制度は、未婚の若手社員に金銭的な支援を間接的に行っているだけでなく、生活環境を会社の周辺にすることでより魅力に感じてもらうための仕掛けともいえます。

他の住宅形態・家賃補助との違い

前述の見出しでは、独身寮についてご紹介しましたが、他の住宅形態・家賃補助との違いについても理解したいと感じた方も多いのではないでしょうか。

本見出しでは、他の住宅形態・家賃補助との違いに関連する3つのポイントをご紹介します。

社有社宅との違い

1つ目のポイントは、独身寮と社有社宅との違いです。

  • 独身寮: 入社1年目から7年目までの、未婚社員は住むことが可能
  • 社有社宅: 入社年月や婚姻状況に限らず、社員であれば住むことが可能

以上のように、独身寮と社有社宅との違いとしては、勤続年数と婚姻状態が挙げられます。社有社宅の方が、より制限が少なくほぼ大半の社員が使用できる条件となっています。

借り上げ社宅との違い

2つ目のポイントは、独身寮と借り上げ社宅との違いです。

  • 独身寮: 入社1年目から7年目までの、未婚社員は住むことが可能で会社保有もあり
  • 借り上げ社宅: 会社が不動産会社から住居を借りて、そこに社員が住む

以上のように、独身寮と借り上げ社宅の違いは、賃貸借契約書だと言えます。独身寮は、場合によっては会社の保有不動産ですが、借り上げ社宅では外部の不動産会社が保有しています。

家賃補助・住宅手当との違い

3つ目のポイントは、家賃補助・住宅手当との違いです。

  • 家賃補助: 社員が負担する家賃の一部のみを、補助として会社が給付
  • 住宅手当: 子供の数や家族の人数など、一定条件を満たした社員に対して手当てを給付

家賃補助と住宅手当の違いとしては、適応されるかどうかの前提条件だと言えます。前者は、より幅広い社員が限られた補助を受けています。

これに対して、後者は手当てを受けるための条件をクリアしており、より多額の手当てを受け取ることができています。

独身寮の評判

前述の見出しでは、独身寮とは何かをご説明しましたが、一般的な評判がどうか知りたいと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

以下では、独身寮を肯定的に捉える声と否定的に捉える声をそれぞれご紹介します。

独身寮を肯定的にとらえるTwitterの声

以下では、独身寮を肯定的にとらえるTwitterの声を2つご紹介します。主なメリットとしては、金銭的な理由と地理的な理由が挙げられています。

上記は、金銭的なメリットを理由として独身寮に住み続けたいと考える人のツイートです。年齢が一定に達しても、未婚であれば良心的な価格で独身寮を利用できることは、大きなメリットと言えます。

上記は、同期との飲み会が金曜日しやすいので独身寮に住み続けたいと考える人のツイートです。社会人になって、同期と集まる機会は減りがちですが独身寮であれば、定期的に集まって飲み会もしやすいのです。

独身寮を否定的にとらえるTwitterの声

以下では、独身寮を否定的にとらえるTwitterの声を2つご紹介します。主なデメリットとしては、プライベートが確保できずいつでも会社の人間関係中心であることです。

上記は、仕事とプライベートの境がないことを理由に独身寮を出たいと考えるツイートです。人生は仕事だけでなはいので、退社後や土日も仕事の話ばかりだと精神的に疲れてしまう人も多くいると言えます。

上記は、上司が常に張り付いているような状態を理由に独身寮が嫌だと考えるツイートです。昼休みや退社後など、本当ならば気の休まる時間に上司が来ると、常に気を張らなければならず疲れてしまいます。

独身寮に入居する8個のメリット

前述の見出しでは、独身寮に関する評判をご紹介しましたが、メリットをまとめて確認したいと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本見出しでは、独身寮のメリットを8つ一挙にご紹介します。

①家賃が安い

1つ目のメリットは、独身寮の家賃が安いことです。一般的に、都内で一人暮らしをするとおよそ5万円~10万円の家賃となるため、多額の負担を強いられることとなります。

  • 社有社宅: 1万1,302円
  • 借り上げ社宅: 1万2,181円

参照: 緊急調査 独身寮の運営に関する最新実態

一方で、独身寮であれば以上のように1万円ちょっとという破格の安さで住むことができるため、給与が多くない若手社員にとっての経済的なメリットは大きいと言えます。

②光熱費等の生活費を企業が負担してくれる場合がある

2つ目のメリットは、光熱費等の生活費を企業が負担してくれえる場合があることです。生活費には、光熱費の他にも水道代などが含まれます。

  • 社有社宅: 1万6,615円
  • 借り上げ社宅: 2万2,620円

参照: 緊急調査 独身寮の運営に関する最新実態

自ら住宅を借りて生活をした場合、水道光熱費は合計で2万円~3万円になることがおおいですが、独身寮であればそれよりも安く抑えることができるのです。

③食事の提供がある

3つ目のメリットは、食事の提供があることです。若手社員にとって、朝昼晩の食事をしっかりととることは難しく、不規則な食生活によって体を壊す原因もなります。

参照: 緊急調査 独身寮の運営に関する最新実態

独身寮では、昼食を除く1日2食の食事が用意されますが、それらの費用も外食と比べると圧倒的に安く、健康管理にも役立つことが魅力だとも考えられます。

④会社に近く通勤が楽

4つ目のメリットは、会社に近く通勤が楽なことです。社会人で働き始めて、最も大変なことの1つが通勤ラッシュを我慢しながらの出勤と退勤であると考えられます。

独身寮は、会社から電車で長くても30分以内の場所にあることが多く、会社への通勤がとても楽であると実感できるので、長期的な就職に繋がると言えます。

⑤セキュリティがしっかりしている

5つ目のメリットは、セキュリティがしっかりしていることです。若手社員の中でも、女性社員にとって安全性の良し悪しは住宅を選ぶ際の大きなポイントであると考えられます。

独身寮であれば、同じ住居に住む同僚や先輩が大勢いるだけでなく、独身寮の管理業務を行っている人や衣食住の世話をしている人など、セキュリティ体制が万全と言えます。

⑥社員間での交流が可能

6つ目のメリットは、社員間での交流が可能であることです。独身寮で生活をした場合、退社後や土日などに気軽な交流が可能であり、仕事のリフレッシュにも最適であると言えます。

  • 同僚や先輩後輩で集まっての飲み会
  • 近くの施設を借りてのスポーツやレクリエーション

このように、居住地域がばらばらであればなかなかできないことであっても、同じ独身寮に住むことで交流活動が活発化して、良い人間関係が仕事へもプラスに働くのです。

⑦急病時などに頼ることができる

7つ目のメリットは、急病時などに頼ることができることです。地方企業への就職などにおいて、体調を崩した際の看病がしてもらえるか否かは大きなポイントだと言えます。

1人暮らしであれば、どれだけ体調が悪くても周りに頼る人がいなければどうすることもできませんが、独身寮であれば急病時に助けを求めることができます。

⑧宅配便などの利便性が高い

8つ目のメリットは、宅配便などの利便性が高いことです。近年、物流サービスの発展に伴い様々な物品がネットで買えるようになりましたが、受取は悩みの種ともいえます。

しかし、独身寮であれば宅配便を受け取る人が誰かしらいたり、特定の窓口で一括管理をしてることもあるので、宅配便を取り損ねたという状態になりにくいのです。

独身寮に入居する8個のデメリット

前述の見出しでは、独身寮のメリットをご紹介しましたが、反対にデメリットも知りたいと感じた方もいらっしゃると思います。

以下では、独身寮のデメリットを合計8つご紹介しますので、メリットと比較して下さい。

①会社の人間関係が影響する

1つ目のデメリットは、会社の人間関係が影響することです。社会人生活において、人間関係が良いか悪いかは、日々の仕事をスムーズに進められるか否かにも直結します。

  • 同期とけんかをしてしまい気まずい
  • 先輩や上司でどうしても苦手な人がいる

例えば、以上のように人間関係に不安がある場合、同じ独身寮に住んでいるというだけでも何らかのストレスを感じるケースが想定されます。

②仕事とプライベートが区別しにくい

2つ目のデメリットは、仕事とプライベートが区別しにくいことです。平日の退社後や、土日祝日など本来であれば仕事を忘れてしっかりとリフレッシュすることが理想的です。

  • 毎日退社後、同僚や先輩が部屋に来て長居をする
  • 土日祝日に、先輩や上司のゴルフ・テニスに駆り出される

例えば、独身寮でプライベートが確保されないと感じるケースとして以上が挙げられます。仕事でもかかわりが深いため、嫌だと感じても中々断ることが難しいのです。

③風呂・トイレ・キッチンが共同の場合がある

3つ目のデメリットは、風呂・トイレ・キッチンが共同の場合があることです。比較的小規模の独身寮である場合、管理的な理由から風呂・トイレ・キッチンが共同になります。

一人暮らしであれば、自分の都合に合わせて自由に使えるべきはずが、独身寮に住んでいるために人の利用や目を気にしながらとなるため、不便さを感じることが多々あります。

④建物の老朽化が進んでいる場合がある

4つ目のデメリットは、建物の老朽化が進んでいる場合があることです。独身寮は、社有社宅や借り上げ社宅に分かれますが、築30年以上といった建物であることも多くあります。

  • 部屋の壁がボロボロ
  • トイレやふろ場に破損がある

老朽化が進んだ建物の場合、衛生的な管理がきちんとされていても上述のような場合も多々あるので、居住してみるとイマイチと感じることもあります。

⑤自由に部屋を模様替えできない

5つ目のデメリットは、自由に部屋を模様替えできないことです。1人暮らしの楽しみとして、室内の配置を変えたりインテリアにこだわりを持つことが挙げられます。

しかし、独身寮ではそこまで大きな部屋でもなく、居住にあたってのルールが取り決められていることが多々あるため、プライベート空間でも自由が利かないと感じてしまいます。

⑥友人や恋人を自由に招けない

6つ目のデメリットは、友人や恋人を自由に招けないことです。独身寮では、未婚の社員が住んでいるので将来的に結婚する可能性のある相手と住むことはできません。

同期・先輩や寮の管理をしている人の目もあるので、土日祝日などに部屋へ呼びたいと感じてもルールとして招くことができず不便だと思うこともあります。

⑦寮独自の規則やルールがある

7つ目のデメリットは、寮独自の規則やルールがあることです。独身寮では、一定の生活ルールが定められており、入居者はそれを厳守することが求められます。

  • 門限は22時で、全室の消灯は23時
  • 楽器など隣室の迷惑になるものの持ち込みは不可

例えば、これらのように生活リズムを一定にするための規則や、入居者同士でのトラブルを防止するためのルールが定められていることも多いと考えられます。

⑧退職すると退去する必要がある

8つ目のデメリットは、退職すると退去する必要があることです。独身寮は、社員の経済的な負担を軽減することで長期的な就職をサポートすることが背景にあります。

何らかの理由で会社を辞めてしまった場合、会社としてはその人に部屋を提供し続ける理由がなくなるので、退職と共に退去せざるを得なくなるのです。

快適な独身寮生活をするために心がけるべきこと

ここまで、独身寮のメリットとデメリットをそれぞれ8つずつご紹介しましたが、利用にあたって何を心がけるべきか気になる方もいると思います。

本見出しでは、快適な独身寮生活をするために心がけるべきことを5つご紹介します。

①挨拶は基本

1つ目は、挨拶は基本であることです。挨拶は、人間関係を良好に保つために最も基本的ですが不可欠であるともいえます。

  • 朝昼晩で出会った際に挨拶をする
  • 食堂や寮の外であった時に「お疲れ様です」と声をかける

このように、何気ない日々の挨拶を積み重ねることで、お互いに良い関係を保ちながら独身寮で生活をすることができて、仕事での協力体制もより良くなると考えられます。

②プライバシーを侵害しないように注意する

2つ目は、プライバシーを侵害しないように注意することです。独身寮では、平日の夜や土日祝日に一緒に過ごすことを目的に関わりがちですが、嫌がる人もいます。

相手の都合やプライバシーを考慮せずにいると、人間関係のストレスで参ってしまう人もいるので、自分がやりたいことばかりを意識せず相手のプライバシーも尊重しましょう。

③共同スペースはキレイに使う

3つ目は、協働スペースはキレイに使うことです。共同スペースとは、既にご紹介した通り以下のような場所が想定されます。

  • トイレ
  • お風呂場
  • キッチン

これらは、いずれも水回りの場所であるため汚れやすいともいえます。次に使う人が気持ちよく利用できるよう、使用したら掃除や後片付けを必ず行いましょう。

④自室の施錠・管理はしっかり行う

4つ目は、自室の施錠・管理はしっかり行うことです。独身寮では、外部からの侵入は限られますが、一緒に働く人が何らかの悪事を働いてしまうケースも考えられます。

自室にいない場合には、必ず窓やドアのかぎをかけておき、貴重品や高価な物品などは独身寮に持ち込まないことで、何らかのトラブルがあっても被害は最小限に抑えられます。

⑤騒音に注意する

5つ目は、騒音に注意することです。独身寮では、室内のみやおしゃべりなどつい盛り上がってしまうことが多くありますが、社会人としてのマナーを守る必要性があります。

  • テレビの音は大きすぎず、楽器など音量が大きいものは使わない
  • 1部屋に集まる際には、大騒ぎをせずに話声にも注意する

独身寮では、同期だけに限らず先輩や上司も暮らしていることがあるので、マイナスの評価をされないように騒音を立てないことは日頃から心がけると良いでしょう。

実際に独身寮を設置している企業

本見出しでは、実際に独身寮がある企業の一例として三井物産をご紹介します。三井物産は日本の大手総合商社であり、男子寮が4か所と女子寮が2か所あります。

  • 三井物産の寮に関して
  • 新入社員が寮に住むメリット
  • 他の総合商社の寮事情

こちらの記事では、三井物産の独身寮をご紹介するために以上のようなポイントを解説しています。総合商社へ就職を検討中の方は、合わせてご一読ください。

記事に飛ぶ

まとめ

独身寮は、独身者向けに会社が用意した住宅であり、住宅費や生活費など様々なメリットがある一方で、人間関係などのデメリットもあることがわかりました。

社会人になると、仕事で手一杯になり生活や食事も乱れがちですが、独身寮では総合的なサポートがなされるので、入社2、3年目までと決めて前向きに検討されてみてはいかがでしょうか。

高年収限定!コンサル・ハイキャリア人材に特化した転職エージェント

ハイキャリア高年収大企業等の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます。

自分の学歴・キャリアではハイクラス転職は難しいんじゃ・・・

そう思う方でもまずは試しに無料登録・キャリア診断を受けてみましょう!

そうすることで今後の希望年収とその実現可能性を客観的に見ることができます。

今より年収を上げたいならまずは登録しておきたい高年収求人専門の転職エージェント!

  1. ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上!ハイキャリア・年収UPに特化した転職サービス!)
  2. 若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』20代-30代ハイクラス特化した求人からあなたに直接スカウトが届く転職アプリ!)
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは今の年収をあげたい人向けの、高年収求人に特化した転職エージェントです。

30代の転職後の平均年収は840万円、40代は960万円と、かなりの高い水準の実績を持っています。

求人全体でも年収800万円以上の求人が大半を占めており、3分の1以上の求人が年収1000万円以上となっています。

時間をかけてじっくり自分に合った求人を探していくスタイルで、自分のプロフィールや今の年収を登録しておくと、今の条件より好条件でのオファーが届きます。

じっくりと自分に合った企業を見つけていきたいという方はまずはプロフィールから登録しておきましょう!

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

ビズリーチに登録する方は、20代、30代のハイクラス求人に特化した転職アプリ『VIEW』も並行して登録しておくことがおすすめです。

VIEW』はアプリでハイキャリア転職情報を受け取れる日本初のAIキャリアシミュレーションアプリです。

2000人以上の経歴・価値観の情報をもとに自分の特性に合った企業とマッチングをしてくれます。

アプリを無料インストール後、キャリア診断・価値観診断テストを受けるだけで、ハイキャリア求人からオファーを受け取れます。30代以下の方はビズリーチと並行して登録しておくことで、高い確率で転職オファーを受け取れるようになります。

あなたの現在の適正年収を診断してくれる『ミイダス』

そもそも今の自分の学歴・キャリアでどれくらいの年収が望めるのかがわからない・・・

という人は、現在のあなたの経歴から適正年収を割り出してくれるミイダスを活用してみましょう!

7万人の転職データをもとに、あなたのキャリアでどの程度の年収を目指せるのかを診断してくれます。

また、プロフィールも登録しておくとその診断テスト結果の年収に見合った企業から転職オファーがくることもあります。

自分の現在地を知っておくためにも試しに活用しておきましょう!

\5分で終了!/

目次
閉じる