正社員で働くメリット・デメリットは?その他の雇用形態についても解説します!

正社員として働くメリットとは一体何なのでしょうか。就活をする時、当たり前のように正社員募集の求人に応募しているかもしれません。正社員として働くつもりなら、正社員のメリットや他の雇用形態との違いについてきちんと把握しておきましょう。今回は正社員のメリットについて重点的に解説します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

正社員とは

正社員は、企業から契約期間の制限なく雇用されている人のことを指します。

企業の中核を成すのが正社員であり、長期的な雇用が前提となっています。そのため、企業は正社員を簡単に解雇することができず、正社員もアルバイトのように簡単に辞めることはできません。

時短勤務などもあるものの、基本的には正社員はフルタイムで働きます。また、正社員には福利厚生やボーナスなども用意されており、出世の機会も与えられています。

安定した雇用のためには企業としても、労働者としても「正社員」の存在や身分が必要不可欠です。

正社員で働くメリットはなくなるのか

近年、フリーランスをはじめとする業務委託や派遣社員など自由な働き方を求める風潮が高まっています。その風潮の高まりに対し、正社員で働くメリットはどう変化しているのでしょうか。

雇用体系の違いによる労働条件の差別は法律で禁止されており、正社員ばかりにメリットがあることは本来好ましくないことではあります。

そのような現実も踏まえて正社員のメリットは減少傾向にあるものの、現状はやはり正社員でいるメリットは他の雇用体系よりも多いと言えます。

正社員のメリット

正社員にはメリットがたくさんあります。

  • 仕事内容
  • 給料
  • 福利厚生
  • 社会的信用

上記4つの観点から、正社員のメリットについて説明します。

目次

メリット①|仕事内容

正社員は、仕事をする上で以下のようなメリットがあります。

  • 仕事の進め方の裁量を与えられる
  • 出世の対象となる
  • やりがいのある仕事を任せられる

正社員の仕事内容でのメリットは、「やりがい」に尽きます。契約社員やアルバイトでは、正社員ほどやりがいのある仕事をやらせてもらえないことが多いでしょう。また、転職する際にも正社員の仕事経験があれば有利です。

メリット②|給料

正社員の場合、給料面でのメリットも挙げられます。

  • 他の雇用体系よりも基本給が高い
  • ボーナスをもらえる
  • 退職金をもらえる
  • 昇給率が他の雇用体系より高い

ボーナスは基本的に正社員のみを対象としたものです。企業によっては契約社員・派遣社員の残業を禁止しているところもあります。残業代で稼ぐことができるのも、正社員のみであることも考えられます。

メリット③|福利厚生

正社員は福利厚生の面で以下のようなメリットが挙げられます。

  • 家賃補助など各種手当てを受けられる
  • 社会保険に加入できる
  • 厚生年金に加入できる
  • 交通費を支給してもらえる

社会保険と国民年金・厚生年金両方に加入できることは正社員最大のメリットと言っても過言ではありません。

また、派遣社員だと交通費さえ支給してもらえないこともあります。さまざまな費用・手当を会社が負担してくれるのは正社員だけです。

メリット④|社会的信用

正社員のメリットとして社会的信用も挙げられます。

  • クレジットカードを作ることができる
  • ローンを組むことができる
  • 「正社員」というステータスを得られる

特に個人事業主やフリーランスと比べ、クレジットカードやローンの審査の通りやすさは正社員が圧倒的です。

また、正社員は「きちんと働いている」「安定している」など、世間から一定の評価を得ることができます。

正社員のデメリット

一方で、正社員として働くデメリットもあります。

  • 転勤・移動
  • 休日出勤
  • 責任

上記3つの観点から、正社員のデメリットについても把握しておきましょう。

デメリット①|転勤・移動

正社員は雇用契約にもよりますが、基本的には転勤や移動を伴う働き方です。「転勤なし」の場合だと、準正社員として正社員との扱いを分けている企業がほとんどです。

日本国内でも慣れない土地に転勤を命じられると辛いものですが、企業によっては海外転勤となる可能性もあります。マイホーム購入後に転勤を命じられることも多く、単身赴任せざるをえないケースもよく見られます。

デメリット②|休日出勤

正社員の責任が重く、仕事を途中で放り投げることはできません。納期に間に合いそうにないなら土日を返上し、休日出勤で帳尻を合わせなければなりません。

また、繁忙期は残業が続くこともあります。しかし、正社員はプロジェクトの中心として動いている以上、残業や休日出勤を拒否することはできません。

デメリット③|責任

正社員には大きな裁量が与えられるものの、その分責任も伴います。何か大きなミスがあれば自分が責任を取らなくてはなりません。契約社員や派遣社員などのミスも、正社員の責任として扱われます。

正社員は長期的に働くことが前提となっており、会社への貢献や忠誠心が求められます。会社の成長を一番に考えなくてはならず、部下の育成にも尽力しなければなりません。会社からのプレッシャーが常にかかります。

正社員以外の雇用形態

正社員以外にも以下のような雇用形態が挙げられます。

  • 契約社員
  • 派遣社員
  • パート・アルバイト社員

それぞれの働き方について、以下で簡潔に説明します。

契約社員

契約社員は企業との雇用期間が決められている働き方で、非正規雇用です。契約社員のことを準社員と呼ぶ企業もあります。

正社員に比べると業務上でも裁量が小さいことが多く、またボーナスの支給対象外であることがほとんどです。同じような仕事をしているのに正社員の方が待遇がよい、ということは実際よくあります。

自動車工場などで働く期間工なども契約社員の1種だと言えます。契約期間が終われば、延長もしくは終了を会社とともに選択しなければなりません。

派遣社員

派遣社員は、派遣会社を通して雇用契約を結んでいる社員のことです。所属・雇用先は派遣会社であり、派遣会社の労働条件の元で働きます。

つまり、同じ職場で同じ仕事をしていても「別会社の人」なのが派遣社員です。また、派遣社員の給料は時給性であることがほとんどです。

基本的には残業がなく、時給も高い傾向にあります。しかし、企業の経営が悪化した場合に真っ先に契約終了となるのが派遣社員なので、決して雇用は安定しているとは言えません。

パート・アルバイト社員

パート・アルバイト社員は一定の時間内で限定的な働き方をする人たちです。契約期間もさまざまで、1日単位から雇用することができ、働く方も雇う方も自由度の高い雇用形態だと言えます。

パート・アルバイト社員は労働力を補うために雇われるため、接客や清掃など比較的簡単で限られた仕事を任されることがほとんどです。

求人数が多く、かつ勤務スケジュールも柔軟であるものの、他の働き方に比べて給料は大幅に低いことが多い傾向にあります。また、雇用も安定しておらず、企業はパート・アルバイト社員を簡単に解雇することができます。

正社員にこだわる必要はない

上記で述べたように、正社員には数々のメリットがあります。しかし、最も大切なことは自分のライフスタイルにあった働き方を選ぶことです。無理や我慢をして正社員になっても、自分に合っていなければ意味がありません。

達成したい夢があるならパートやアルバイトとして働くのも1つですし、会社の人間関係が苦手ならフリーランスになって独立するのも方法です。仕事を転々としたいなら、派遣として働くのもよいでしょう。

正社員にこだわりすぎずに、それぞれの働き方のメリット・デメリットを把握し、自分にとってどんな働き方がベストなのかを選択するようにしてください。

【参考】会社側|正社員を雇うことのメリット

以下では、参考までに正社員を雇うことのメリットを会社側の視点から紹介します。

会社側のメリットについて知っておくことも重要です。会社がなぜ正社員を雇うのかを知っておくと、会社に何を求められているかがわかるからです。

メリット①|優秀な人材の確保がしやすい

正社員を雇うことで、企業は優秀な人材の確保がしやすくなります。転職市場で考えてみましょう。

正社員としての経験がある人は、大きな裁量と責任を持ち、仕事を中心となって進めてきたということです。つまり、正社員としての業務経験は仕事における能力が高いということの裏付けであると言えます。

もちろん企業としては、そのような正社員経験のある優秀な即戦力が欲しく無いわけありません。正社員経験のある人を雇うには中途で正社員募集することが手っ取り早く確実なので、正社員募集をしているのでしょう。

メリット②|中長期的な人材の育成が可能

正社員は、他の働き方と違って契約期間がありません。長期雇用を前提としているため、中長期的な人材の育成をすることができます。

そのため、多くの企業は入社前から長期に渡って教育ができる新卒採用を実施しています。

中長期的な人材の育成をするメリットは、スキルの面だけでなく精神的な部分もあります。長期に渡って教育をすることで会社の方針が個々人に浸透し、社員と会社が同じ方向を目指すことができるからです。

まとめ

今回は正社員のメリットについて解説しました。

正社員のメリットは少しずつ減少傾向にあるものの、やはり給料や福利厚生、仕事内容の面など他の雇用体系に比べるとたくさんのメリットがあります。

しかし、もちろん正社員にはデメリットもあります。正社員だからいい、と一概には言えないので、自分に合った働き方を自分自身で選ぶようにしてください。

高年収限定!コンサル・ハイキャリア人材に特化した転職エージェント

ハイキャリア高年収大企業等の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます。

自分の学歴・キャリアではハイクラス転職は難しいんじゃ・・・

そう思う方でもまずは試しに無料登録・キャリア診断を受けてみましょう!

そうすることで今後の希望年収とその実現可能性を客観的に見ることができます。

今より年収を上げたいならまずは登録しておきたい高年収求人専門の転職エージェント!

  1. ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上!ハイキャリア・年収UPに特化した転職サービス!)
  2. 若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』20代-30代ハイクラス特化した求人からあなたに直接スカウトが届く転職アプリ!)
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは今の年収をあげたい人向けの、高年収求人に特化した転職エージェントです。

30代の転職後の平均年収は840万円、40代は960万円と、かなりの高い水準の実績を持っています。

求人全体でも年収800万円以上の求人が大半を占めており、3分の1以上の求人が年収1000万円以上となっています。

時間をかけてじっくり自分に合った求人を探していくスタイルで、自分のプロフィールや今の年収を登録しておくと、今の条件より好条件でのオファーが届きます。

じっくりと自分に合った企業を見つけていきたいという方はまずはプロフィールから登録しておきましょう!

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

ビズリーチに登録する方は、20代、30代のハイクラス求人に特化した転職アプリ『VIEW』も並行して登録しておくことがおすすめです。

VIEW』はアプリでハイキャリア転職情報を受け取れる日本初のAIキャリアシミュレーションアプリです。

2000人以上の経歴・価値観の情報をもとに自分の特性に合った企業とマッチングをしてくれます。

アプリを無料インストール後、キャリア診断・価値観診断テストを受けるだけで、ハイキャリア求人からオファーを受け取れます。30代以下の方はビズリーチと並行して登録しておくことで、高い確率で転職オファーを受け取れるようになります。

あなたの現在の適正年収を診断してくれる『ミイダス』

そもそも今の自分の学歴・キャリアでどれくらいの年収が望めるのかがわからない・・・

という人は、現在のあなたの経歴から適正年収を割り出してくれるミイダスを活用してみましょう!

7万人の転職データをもとに、あなたのキャリアでどの程度の年収を目指せるのかを診断してくれます。

また、プロフィールも登録しておくとその診断テスト結果の年収に見合った企業から転職オファーがくることもあります。

自分の現在地を知っておくためにも試しに活用しておきましょう!

\5分で終了!/

目次
閉じる