月給40万は安い!?支出内訳とおすすめの仕事を中心に解説!

月給40万は年収にすると約500万に相当します。今回は月給40万の生活費の内訳などを紹介していきます。また月収40万ではなく、手取り額で40万稼ぐには月収でいくら必要になるのか、月収40万を稼げる仕事や額面40万を稼げる仕事も合わせて解説しています。

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

月給40万の人の手取り額

月給40万の手取り額は約30万程度になります。額面の給与から社会保険料・所得税・住民税などが引かれます。

  • 厚生年金保険料:37,315円
  • 健康保険料:20,295円
  • 雇用保険料:1,200円
  • 所得税(源泉徴収額):10,541円
  • 住民税:約20,000円

扶養家族の人数や地域による変動はありますが、上記の税金等を差し引くと約30万が手取り金額となります。

手取り40万を確保できる月給

手取り額で40万を確保するためには、月給で48万~50万が必要になります。年収ベース(ボーナス無し)で換算すると、約600万程度の年収があれば手取り額で40万を確保することができます。

扶養控除は配偶者の収入、住民税は住んでいる地域で変化するので、自身で計算するのもおすすめです。

月給40万は高いのか

平成29年度の国税庁の調査によれば、平均年収は430万となり、月給40万(年収480万)は結果からみると、平均よりやや高めといえます。

男女別では男性は年収530万、女性は280万ですので、男性なら平均より低め、女性ならかなり高めといった見方もできますが給料は年齢が上がるにつれて増えていくものですので20代で年収480万円を稼ぐことは平均よりかなり高めだと言えるでしょう。

月給40万の人の生活費内訳

月給40万であればどのような生活費内訳になるか、あくまで一例になりますが、モデルケースをご紹介していきます。

項目ごとに目安の金額を提示していますので、参考にして自身の目安にしてください。

目次

住宅

月給40万の手取り額30万であれば、家賃に関しては9万~10万程度が妥当な金額といえます。一般的には手取り額の30%程度が目安とされていますので、10万を超えると少し高いといえるでしょう。

1人暮らしであれば、1DKでも銀座や日本橋など都内でも屈指の中央区、人気の港区、千代田区、新宿区に住むことが可能です。

配偶者や子供がいる場合でも、人気の区内以外であれば、2LDKから3DKに住むことも十分に可能です。

水道光熱費・インターネット回線

水道光熱費は平均して1万円前後の支出、インターネット回線は平均して5,000円程度の金額が相場になります。

水道光熱費は変動費になるので、季節や使用頻度によって変わりますが、1万円程度に収まることがほとんです。

インターネット回線は備え付けの賃貸も増えており、そういったサービスを利用すれば、比較的抑えやすい支出になります。

通信費

近年は格安スマホの台頭もあり比較的抑えやすい費用です。スマホの通信費は平均して1万程度ですが、格安スマホの使用や携帯会社の料金プランをきちんと検討することをおすすめします。

特に通話を長時間する人は国内無料通話のセットプランを選択したり、無料のアプリで通話をするなど、自分のライフスタイルにあった通信費プランを選択すると良いでしょう。

リンク

食費

食費に関しては、自身の行動パターンなどに影響を受けやすい支出になります。一人暮らしの平均の食費は3万から3.5万程度が目安といわれています。

ただ人によっては、外食をしたり、飲みにいったりする頻度が多いですが、手取り額に応じて調整する必要があります。

食費の割合は手取り額に対して、15%を超えると高いと言われますから、手取り額30万であれば、4.5万が上限になります。それを日割りに直すと、日/1,500円程度になりますから、自炊、弁当持参は必要です。

1回の外食等が5,000円程度であれば、週に1回くらいが目安といえます。

日用品・娯楽

月給40万で手取り額30万なら、日用品・娯楽費は6万円程度は使用しても大丈夫といえます。娯楽費は個人の趣味趣向に左右されるので、最初に使用できる金額を設定しておくことがおすすです。

貯金を全く考えずに、日用品や娯楽費に使用してしまうのは賢い選択といえません。逆に言えば、毎月の貯金額をきちんと設定することで、「手取り額ー必要な生活費ー貯金額=娯楽費」といった計算になります。

仕事を順調にするうえでも、娯楽などでストレス解消する必要性はありますから、設定の範囲内で使用するのが健全な使い方といえます。

貯金

月給40万であれば、貯金額は6万程度、毎月積み立てることができます。娯楽費を調整すれば、さらに貯金額を増やすことも十分に可能です。

月給40万で独身であれば、ある程度余裕のある生活が送れます。配偶者や子供がいても贅沢をしなければ生活していくことが十分できます。毎月6万を貯金できれば、年間で72万、10年間継続すれば720万にもなります。

独身であれば、結婚費用、病気になったときの備え、将来子供ができた際の育児の費用にも充当することができます。計画的に貯金することがおすすめです。

月給40万を稼ぎたい人にオススメの仕事

月給40万を稼ぎたいひとにおすすめな仕事は、総合商社やメーカーの業種がおすすです。どちらの業種も就活生からの人気も高く、入社難易度も比較的高いですが、安定して稼げる環境です。

また、年齢に応じて、月収も上がっていく傾向が強いので、生涯年収も高く、継続的に月給40万以上を稼ぐには最適な環境といえます。

月給40万で満足しない人にオススメの仕事

月給40万で満足できない人は、月給50万以上(年収600万)を目指すことになるので、難易度はかなり上がるといえます。固定給だけでなく、インセンティブがある業種で働くことが必要です。

金融業界、不動産業界の営業職などは、自身の営業成績がそのまま月収や年収に直結してくるので、月給50万以上を目指すひとにはおすすめの業種といえます。

bizual就活無料面談サポートを活用しよう!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

まとめ

月給40万は平均値の収入より、比較的高い月収です。一人暮らしであればある程度豊かな生活をすることができますし、世帯持ちの人でも贅沢をしなければ十分に生活していける月収になります。計画的に貯金などをしながら、将来に備えた生活をおすすめします。ぜひ、今後の参考にしてください。

就活、、もうどうしたら良いかわからない。そんなあなたへ!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

  • 業界選びで悩んでいて、自分に合った業界についてフラットな目線でアドバイスしてほしい
  • 「持ち駒」がなくなって次どうしたら良いかわからない
  • とにかく早く内定が欲しい etc

そういった悩みを持つ学生はぜひbizual無料就活サポート面談を受けてみてください。

あなたに合った業界選び、企業選び、内定までの徹底サポートなど、専門のキャリアアドバイザーが親身に寄り添ってサポートさせていただきます。

また、面談後も下記就活サポートが全て無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実
目次