月給30万は安い!?支出内訳とおすすめの仕事を中心に解説!

今回は月給30万の支出内訳について解説します。月給30万の手取額や手取30万を確保できる月給、月給30万は高いのか、月給30万の生活費内訳はどうなるのかなどについても触れています。月給30万のオススメの仕事や、月給30万では満足しない方にオススメの仕事もご紹介しています。

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

月給30万の人の手取り額はおよそ23万円

月給30万の人の手取額はおよそ23万ほどです。月給から社会保険料、所得税・住民税を引いた額が手取りとなります。

扶養家族の有無や、その他の事情などにより税金の控除額が多少増減することはありますが、基本的には月給の7~8割ほどを手取りとして受け取ることができます。

手取り30万を確保できる月給は最低でも38万円

手取りで30万を確保できるのは、月給38万~40万です。年収で言えば450万ほどになります。月給が最低でも38万あれば、社会保険料、所得税・住民税を差し引かれても、毎月手取り30万を確保することができるでしょう。

ただし40歳を超えると毎月6,000円~10,000円介護保険料が引かれます。また扶養家族や配偶者の有無によっても多少増減することがあります。

月給30万は高いのか

国税庁の調査によると平成29年度の平均年収は430万、その内男性の平均が530万、女性の平均が280万でした。この平均金額から見ると、月給30万(年収360万)は平均に対してやや低めと考えることができます。

ただし、この平均月収は正規社員や勤続年数が長い社員などもすべて含まれていますので、あくまでも平均についての話です。

月給30万の人の生活費内訳

月給30万の人の生活費内訳は表の通りです。これは一般的な生活費内訳となりますが、おおよその目安にしてもらうことはできると思います。以下ではそれぞれの項目について詳細に解説します。

目次

住宅

家賃は手取り額の3分の1を目安とするのが良いと言われています。月給30万の手取り23万であればおよそ7万~8万です。

一人暮らしであれば、東京なら大田区・杉並区・北区などで1K~1DKに住むことができます。ワンルームでも良ければ都心の港区や新宿区にも住むことができそうです。

配偶者や子どもがいる場合は、23区を離れると選択肢が多くなります。千葉市船橋市で2DK、松戸市で3DKなどであれば7万~8万での賃貸が可能です。

水道光熱費・インターネット回線

水道光熱費は平均して月に1万、インターネット回線は平均して月5,000円ほどです。

夏のクーラー代や冬の湯沸かし代などで多少前後はしますが、水道光熱費は月に1万見ておけば良いでしょう。ただし、これは居住している人数に比例して増えます。特にガス代は2人いれば2人分かかるので、配偶者と住む場合などは計算に入れておいてください。

インターネット回線は、もともとマンションのサービスに含まれているところも増えています。もしくは無料Wi-Fiが使える建物内にマンションが入っていることもあるので、その場合は費用がかかりません。

通信費

スマホの通信費は平均すると月に1万と言われています。しかし、格安スマホを利用すれば大幅に通信費を抑えることも可能です。

通信会社によっては月々9GBの使用と、国内通話無料がセットで3,000円ほどで使えることもあります。通信料が多い人でも、21GBと国内無料通話がセットで5,000円ほどです。

通信費は通信会社や利用の仕方によって幅があるので、手取りに合った通信会社やプランを選ぶことで節約することもできるかもしれません。

リンク

食費

食費は一人暮らしで月に3万~3.5万かかると見ておきましょう。単純計算で日に1,000円となりますので、普段は自炊とお弁当持参が主となります。

月3万~3.5万の食費で外食をするのであれば、3,000円ほどの外食が月に1回、5,000円ほどの飲み会が月に1回が限度です。飲み会などがあれば一度に3,000~5,000円かかりますし、外食をすれば1食で最低でも1,000円以上はかかります。

食費は費用を抑えやすい項目ではありますが、食費を削ると栄養不足で体調を崩しやすく、収入にも響きます。自分の体に合った食費をはじめから設定しておいた方が良いでしょう。

日用品・娯楽

日用品・娯楽にかけられる費用は手取りから必要な費用と貯金額を差し引いた残りとなります。一人暮らしの場合はおおよそ3万~4万と考えておきましょう。

日用の消耗品や雑貨、洋服や本の他にも趣味にかかる費用も賄うことになります。女性であれば化粧品や美容室にかかる費用も含まれますし、男性であれば仕事用のシャツやネクタイの新調にかかる費用も含まれます。

この日用品・娯楽の費用は、かけようと思えばいくらでもかけられる項目なので、事前に貯金額を除いておいた方が良いでしょう。

貯金

月給30万の人の貯金可能額は約5万です。特に貯金の目的がなかったとしても、月に5万の貯金はしておくようにしましょう。

特に一人暮らしの場合は、体調を崩したときの医療費や、働けない間の家賃・光熱費などに備えておく必要があります。幸い何事もなかった場合でも、将来の引っ越し費用や資格取得費用などに生かすことも可能です。

貯金額は増やすことも減らすこともできますが、その分のしわ寄せが行くのは食費や娯楽費となりやすいため、最初から貯金額を決めておいた方が良いと言われています。

月給30万を稼ぎたい人にオススメの仕事

月給30万を稼ぎたいという人にオススメの仕事は、サービス業や小売業などです。いずれも内勤ではなく基本的には店頭に立つ仕事となりますが、人材不足の店舗や企業も多いと言われています。

他にも農林水産業や鉱業なども月給30万が可能です。これらの仕事は月給が増加傾向にあるため、月給30万から増やしていきたいという人にも良いかもしれません。

月給30万で満足しない人にオススメの仕事

月給30万では満足できないという人にオススメの仕事は、平均月給50万の製造業や平均月給43万の運輸業などです。いずれも肉体労働ではありますが、その分月給に反映されやすいと言われています。

その他にも平均月給40万弱の医療・福祉系の仕事もオススメです。高齢化社会となる日本には欠かせない仕事で、将来的にも仕事に困ることはないと言われています。

bizual就活無料面談サポートを活用しよう!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

まとめ

月給30万は一人暮らしであれば貯金をしながら十分に生活をしていけると言えます。手取りで23万あれば、特別な贅沢をしない限り周囲に心配をかけない程度の生活はできるでしょう。ぜひ今後の生活費用を考える際の参考にしてください。

就活、、もうどうしたら良いかわからない。そんなあなたへ!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

  • 業界選びで悩んでいて、自分に合った業界についてフラットな目線でアドバイスしてほしい
  • 「持ち駒」がなくなって次どうしたら良いかわからない
  • とにかく早く内定が欲しい etc

そういった悩みを持つ学生はぜひbizual無料就活サポート面談を受けてみてください。

あなたに合った業界選び、企業選び、内定までの徹底サポートなど、専門のキャリアアドバイザーが親身に寄り添ってサポートさせていただきます。

また、面談後も下記就活サポートが全て無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実
目次