月給18万は安い!?支出内訳とおすすめの仕事を中心に解説!

月給18万円でボーナスなしの場合、手取りは約15万円です。一人暮らしだとぎりぎり生活していける収入ですが、結婚や老後のために貯金もしたいところでしょう。今回は、手取り15万円の理想的な支出内訳を紹介していきます。家賃や食費、通信費などを計算するときにお役立てください。

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

月給18万の人の手取り額およそ15万円

月給18万円(年収216万円)の方は、保険料や税金などが天引きされ、手取り額は約14万~15万円ほどになります。主な内訳としては以下の通りです。

  • 厚生年金保険料:16,470円
  • 健康保険料:8,919円
  • 雇用保険料:540円
  • 所得税(源泉徴収税額):3,120円
  • 住民税:約5,000円

上記を換算すると145,951円となります。ただ、住民税は前年の所得が基準となることや、所得税も扶養家族によって金額が異なるため、若干数字は前後します。

手取り18万を確保できる月給は最低でも22万円

手取り18万円を確保するには、最低でも月給22万円が必要です。

会社から天引きされる保険料や税金は、全体のおよそ2割ほどが徴収されることを覚えておきましょう。23万~24万円の額面金額があれば、ほぼ間違いなく手取り18万円は確保できます。

月給18万は高いのか

月給18万円を年収に換算すると216万円となります。では、ほかの労働者に比べてこの数値はどれくらいになるのか、資料を見て確認していきましょう。

厚労省が毎年発表する「民間給与実態統計調査」では、1年間の平均給与を算出しています。平成29年度は男性で531万円、女性で287万円です。全体の平均額も432万円と、月給18万円の年収はおよそ半分ということが分かります。

ただし、会社からボーナスが支給される場合は年収も伸びます。また、非正規労働者で比較すると、平均値は175万円となっているため、月給18万円は非正規に比べるとやや高めといえるでしょう。

また、就業したばかりの方であれば給与が低いということで大きな悩みを抱える必要はありません。経験を重ねていけば給料は徐々に上昇していきます。

月給18万の人の生活費内訳

月給18万円の手取りを15万円として、理想的な生活費の内訳を出してみましょう。ここでは住宅費(家賃)や通信費、貯金などの項目別に参考となる数値を算出しました。

目次

住宅

住宅費では、固定費の家賃が最大の支出となります。

給料の金額に対して、あまりにも高い家賃は贅沢というものです。家賃は、手取り収入の約30~40%程度に抑えるのが基本となります。ここでは、4万5,000~6万円程度が妥当なところでしょう。

ただ、家賃相場は住む地域によって大きく変化するので注意してください。東京23区の場合だと、平均的な家賃相場は7万~8万円です。手取り15万円の方には少し高めの家賃なので、23区から外れた地域も検討してみてください。

東京の区域外だと、家賃相場の平均は5~6万円程度にまで下がります。ご自身の勤務地なども考慮して選んでみましょう。

水道光熱費・インターネット回線

水道光熱費やインターネット回線の理想的な支出額は月2万円ですが、できるなら節約をして、より大きな金額を貯金に回したいところです。

インターネット回線は、普段あまり自宅で使わないという方であれば、スマホのテザリングを利用するのもよいでしょう。また、無料Wi-Fiが利用できるマンションに引っ越すのも方法の一つです。

通信費

通信費とはスマホ代のことです。大手キャリアで契約している場合は、月に8,000~1万円ほどの金額になることが多いのではないでしょうか。

ただ、スマホ代も格安SIMに乗り換えることで月々の費用が削れます。キャリアによっても異なりますが、月10GBの契約で約3,000円前後が一般的です。それほどデータ量を使わないという方なら、5GBで2,000円前後と安いプランもおすすめします。

食費

一人暮らしの場合だと、食費は3万2,000円~3万5,000円ほどを見ておきましょう。

料理をしないという方の場合、外食が多くなるので4万~5万円程度の食費になってしまいます。それだと他の項目からお金を捻出しなければならないため、できるだけ自炊やまとめ買いなどを利用して食費を削ることをおすすめします。

日用品・娯楽

日用品や娯楽の適性な支出額は2万円前後といったところです。ただ、日用品や娯楽にかけるお金は、必要な費用と貯金を確保した残りを使うようしましょう。

一人暮らしであれば、日用品や雑貨は月5,000~1万円でも十分に生活していくことができます。トータル2万円だと、ほかに洋服や本、趣味のためのお金としても利用できるでしょう。

貯金

手取り15万円の方であれば、月2万円ほどの貯金は確保しておきたいものです。月2万円をコツコツ貯めていけば、1年に24万円、4年で約100万円になります。

給料を受け取ったら、できるだけ先に貯金だけは別口座に移しておきましょう。「どうしても使いすぎてしまう」という方は、勤め先の財形を利用することをおすすめします。給与から天引きなので必ず貯金が貯まっていきます。

月給18万を稼ぎたい人にオススメの仕事

月給18万円を稼ぎたい方は、「宿泊業」や「飲食サービス業」がおすすめです。

厚労省の「民間給与実態統計調査」によると、宿泊・飲食サービス業の平均年収は252万円となっています。月給18万円(年収216万円)にもっとも近い数字です。

宿泊・飲食サービス業は非常に非正規労働者が多くなっています。それでも平均して252万円の給与があるため、正社員ではなくても十分に月給18万円は目指せるはずです。

月給18万で満足しない人にオススメの仕事

月給18万円では「満足できない」「生活するには足りない」という方の場合、次のような業種を目指してみてはいかがでしょうか。

  • 農林水産・鉱業:平均年収325万円
  • サービス業:平均年収347万円
  • 卸・小売業:平均年収373万円

こうした業種であれば、現在の年収から100万円以上の昇給する可能性が高いでしょう。年収が300万円を超えるようになると、月収も30万円に近くなります。毎月の支出内訳もかなり余裕が出てくるはずです。

bizual就活無料面談サポートを活用しよう!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

まとめ

給料が18万円だとすると、手取りの金額は約15万円です。今回は、その15万円を基に理想的な支出内訳を紹介しました。

手取り15万円だと、家賃や食費、通信費などで節約することも必要です。また、結婚や老後のことを考えると貯金もしておきたいところでしょう。

より月給を高めるには、「農林水産」「サービス」「卸・小売り」といった業種を検討してみてください。また、非正規雇用で働いている方は、正社員化を目指すことも一つの方法です。

就活、、もうどうしたら良いかわからない。そんなあなたへ!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

  • 業界選びで悩んでいて、自分に合った業界についてフラットな目線でアドバイスしてほしい
  • 「持ち駒」がなくなって次どうしたら良いかわからない
  • とにかく早く内定が欲しい etc

そういった悩みを持つ学生はぜひbizual無料就活サポート面談を受けてみてください。

あなたに合った業界選び、企業選び、内定までの徹底サポートなど、専門のキャリアアドバイザーが親身に寄り添ってサポートさせていただきます。

また、面談後も下記就活サポートが全て無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実
目次