月給17万は安い!?支出内訳とおすすめの仕事を中心に解説!

基本給17万円の年収は204万円です。この給料を手取りに直すと、社会保険料や税金などが源泉徴収され月に約13万円となります。ボーナスなし・残業代なしだと、一人暮らしでも生活が厳しいラインです。そこで今回は、理想的な生活費の内訳を紹介するとともに、給料アップに最適な業種もお伝えしていきます。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

月給17万の人の手取り額はおよそ13万円

給料の額面が17万円(年収204万円)の方の手取り金額は約13~14万円です。額面金額からは社会保険料や税金が差し引かれる(源泉徴収)ため注意しましょう。その内訳は次の通りです。

  • 厚生年金保険料:15,555円
  • 健康保険料:9,749円
  • 雇用保険料:510円
  • 所得税(源泉徴収額):2,250円
  • 住民税:約5,000円

上記を全て差し引くと13万6,936円となります。年収が少ない場合は支払う所得税や住民税が少なくなるという点が大きなメリットといえるでしょう。

手取り17万を確保できる月給は最低でも20万円

手取り17万円を確保しようと思えば、最低でも月給20~21万円は必要です。もし、現在受け取っている給料の額面分の手取りを受け取りたければ、年収240~252万円を目指してみてください。

また、まだ一度も正社員として働いたことのないという就活生の方は、月給20万円以上を意識して仕事に応募してみると良いでしょう。

月給17万は高いのか

月給17万円(年収204万円)は一般的な給与水準と比べて高いのか、それとも低いのでしょうか。 ここでは厚生労働省(厚労省)のデータを参考にしていきます。

厚労省が毎年発表する「民間給与実態統計調査」では、1年間の平均給与を算出しています。平成29年度は男性で531万円、女性で287万円となっており、月給17万円は水準よりもかなり低いことが分かります。

一方で、非正規雇用の平均年収は175万円となっているため、非正規に比べると少しはましといった水準でしょうか。ただ、正社員として働いている方は、できるだけ男性平均531万円のレベルまでは上昇させていきたいところです。

若い年齢だと、給与が上がらずに悩んでいるという場合でも心配はいりません。経験を積んでいくことで基本給は上がっていきますし、役員に昇進するなど昇給のチャンスは数多く存在します。

月給17万の人の生活費内訳

月給17万円の手取りを13万円として、ここでは理想的な生活費の内訳を紹介していきましょう。主に生活に必要となる住宅費や食費、通信費、さらに貯金の支出額も算出しています。

目次

住宅

手取り13万円の場合、なかなか余裕のある生活を送るのは難しいでしょう。住宅費の家賃として捻出できるのは、約4万~4万5,000円といったところです。

東京都23区の平均的な家賃相場は7万~8万円となっており、上記の適正家賃の倍程度です。そのため、23区内にマンションを借りるのは困難といえます。

勤め先の関係でどうしても東京に住まなければならないという場合は、23区外の地域を狙ってみてはいかがでしょうか。家賃相場も5万~6万円とグッと下がります。たとえば、23区に近くてアクセスの良い西東京市で5.3万円、調布市で5.6万円の家賃相場となっています。

また、東京でも郊外であれば、家賃4万~4万5,000円の賃貸住宅はたくさん見つかります。都心にオフィスがある場合は少し不便ですが、「広くて安い住宅」に住みたい方におすすめです。

水道光熱費・インターネット回線

水道光熱費とインターネット回線の費用は、1万5,000~2万円が適正水準です。インターネット回線の費用はどのプロバイダーでも5,000円程度のため、水道光熱費は1万~1万5,000円ほどに抑えましょう。

最近では、電気代やガス代の安い事業者も増えてきました。また、マンションの無料Wi-Fiサービスや、スマホのテザリングなどを駆使して節約することも可能です。

通信費

大手キャリアのスマホを利用する場合は、月々8,000~1万円程度の費用になることが一般的です。ただ、携帯2台持ちや、一ヶ月の通話頻度が多いという方は、少し工夫しなければなりません。

格安SIMを利用することで月々の通信費を抑えることができます。たとえば、キャリアによっては10GBプラン3,000円で提供していることもあり、予算内で携帯2台持ちも十分に可能です。

食費

食費の理想的な支出額は3万5,000円です。

1日に直すと約1,100~1,200円になります。たとえば、一人暮らし独身でいっさい料理をしない方でも、お昼は牛丼屋(350円)、夜は定食チェーン(700円)で十分にまかなえそうです。

ただ、こうした生活は栄養が偏ってしまうことに注意しましょう。できるだけ自炊の頻度を増やすことで、栄養バランスも整えられますし、外食よりも断然に安く済みます。飲み会や社内のお付き合いにも費用を捻出できるようになるでしょう。

日用品・娯楽

日用品や娯楽代の支出には、雑貨、消耗品、洋服、本、趣味などがあります。項目が多いだけに費用もかかるため、約2万2,000~2万5,000円ほどを用意しておきましょう。

ただし、洋服や娯楽にお金を使いたいからといって、貯金まで切り崩すのはおすすめしません。日用品・娯楽の項目にお金をかけたければ、より高い収入を獲得できるよう努力するのが先決です。その方法は後ほどお伝えしていきます。

貯金

月々13万円という余裕のない中でも、毎月1万円程度の貯金は確保しておきたいところです。将来の結婚や子育て、老後の生活資金のことを考えれば、できればもう少し貯金に回してもよいでしょう。

月給17万を稼ぎたい人にオススメの仕事

月給17万円を稼ぎたい人には、「宿泊業」や「飲食サービス業」がおすすめです。先ほど紹介した「民間給与実態統計調査」によると、平均年収は252万円で、月給17万円(年収204万円)にもっとも近いといえます。

仮に年収が252万円になると、毎月の額面給与は21万円です。手取りにすると約17万円。つまり、手取り13万円の場合より4万円も生活に回せるゆとりが生まれます。

月給17万で満足しない人にオススメの仕事

月給17万円で満足できないという方、またはもっと高い給与が欲しい方には、「サービス業(全般)」や「卸・小売」がおすすめです。また、あまり注目はされていませんが、「農林・鉱業」も平均年収300万円以上となっています。

  • 農林水産・鉱業:平均年収325万円
  • サービス業:平均年収347万円
  • 卸・小売業:平均年収373万円

たとえば、上記でもっとも平均年収が高い卸・小売だと、毎月の額面給与は31万円です。手取りにすると約27万円と、現在の手取りから2倍近い水準となります。

まとめ

給料17万円(年収204万円)の場合、手取り金額は約13万円となります。一人暮らしで生活していくのは非常に難しく、全体の平均年収に比べて非常に低い数値です。

そのため、今回お伝えした「サービス業」や「卸・小売」などの転職・就職を考えてみてはいかがでしょうか。決して転職に難しい業界ではないばかりか、職を変えることで手取りが2倍になる可能性もあります。

高年収限定!コンサル・ハイキャリア人材に特化した転職エージェント

ハイキャリア高年収大企業等の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます。

自分の学歴・キャリアではハイクラス転職は難しいんじゃ・・・

そう思う方でもまずは試しに無料登録・キャリア診断を受けてみましょう!

そうすることで今後の希望年収とその実現可能性を客観的に見ることができます。

今より年収を上げたいならまずは登録しておきたい高年収求人専門の転職エージェント!

  1. ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上!ハイキャリア・年収UPに特化した転職サービス!)
  2. 若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』20代-30代ハイクラス特化した求人からあなたに直接スカウトが届く転職アプリ!)
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは今の年収をあげたい人向けの、高年収求人に特化した転職エージェントです。

30代の転職後の平均年収は840万円、40代は960万円と、かなりの高い水準の実績を持っています。

求人全体でも年収800万円以上の求人が大半を占めており、3分の1以上の求人が年収1000万円以上となっています。

時間をかけてじっくり自分に合った求人を探していくスタイルで、自分のプロフィールや今の年収を登録しておくと、今の条件より好条件でのオファーが届きます。

じっくりと自分に合った企業を見つけていきたいという方はまずはプロフィールから登録しておきましょう!

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

ビズリーチに登録する方は、20代、30代のハイクラス求人に特化した転職アプリ『VIEW』も並行して登録しておくことがおすすめです。

VIEW』はアプリでハイキャリア転職情報を受け取れる日本初のAIキャリアシミュレーションアプリです。

2000人以上の経歴・価値観の情報をもとに自分の特性に合った企業とマッチングをしてくれます。

アプリを無料インストール後、キャリア診断・価値観診断テストを受けるだけで、ハイキャリア求人からオファーを受け取れます。30代以下の方はビズリーチと並行して登録しておくことで、高い確率で転職オファーを受け取れるようになります。

あなたの現在の適正年収を診断してくれる『ミイダス』

そもそも今の自分の学歴・キャリアでどれくらいの年収が望めるのかがわからない・・・

という人は、現在のあなたの経歴から適正年収を割り出してくれるミイダスを活用してみましょう!

7万人の転職データをもとに、あなたのキャリアでどの程度の年収を目指せるのかを診断してくれます。

また、プロフィールも登録しておくとその診断テスト結果の年収に見合った企業から転職オファーがくることもあります。

自分の現在地を知っておくためにも試しに活用しておきましょう!

\5分で終了!/

目次
閉じる