月給16万は安い!?支出内訳とおすすめの仕事を中心に解説!

月給16万円(額面)の場合、社会保険料や税金などが源泉徴収され、手取りは約13万円となります。女性との結婚や老後のことを考えると、もう少し収入を高めたいところです。今回は、年収196万円でできる理想的な生活費の内訳を紹介するとともに、基本給を高めるためのおすすめの業種も紹介していきます。

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント5選

株式会社bizual

弊社の経験からも、今の基本給の手取りが25万円以下なら、今から転職して年収がアップする可能性は非常に高いです。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上です。

今の年収に不満がある方、その他もっと条件の良い企業、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

bizual採用担当

上記3社をまとめて登録しておくとホワイト企業や給料アップが見込める企業を定期的に紹介してもらえますよ!

【高年収・大手企業へのキャリアアップなら!】

bizual採用担当

中堅私大・国公立以上の大学卒、または上場企業にお勤めの方は、ビズリーチランスタッドを活用することでさらなるキャリアアップ・年収UPも望めます!

ホワイト企業、年収アップなど目的に応じて転職エージェントを活用して、求人をチェックしてみましょう!

月給16万の人の手取り額はおよそ13万円

月給が額面16万円という場合、年収に直すと192万円(ボーナスなし)です。しかし、ここから社会保険料や税金が源泉徴収されるため、実際の手取りは12~13万円となります。源泉徴収の内訳を見ていきましょう。

  • 厚生年金保険料:14,640円
  • 健康保険料:9,176円
  • 雇用保険料:480円
  • 所得税(源泉徴収額):2,033円
  • 住民税:約4,500円

所得が一定額まで上昇するまで、所得税よりも住民税の負担が重くなります。ただ、住民税は前年の所得に対してかかるものなので注意してください。

手取り16万を確保できる月給は最低でも20万円

手取り16万円を確保しようと思えば、最低でも20万円(年収240万円)を稼がなければなりません。また、住民税は前年の所得が対象となることから、21万~22万円くらいの月給があると確実です。

独身で一人暮らしの場合だと、手取り16万円あれば生活にも少しだけ余裕が生まれるでしょう。ただ、月給16万円で手取りが13万円だと、生活の困難さを感じる方も多いはずです。

月給16万は高いのか

月給16万円は年収に換算すると196万円となりますが、一般的な給与水準と比較するとどのような立ち位置になるのでしょうか。

厚労省が毎年発表する「民間給与実態統計調査」では、1年間の平均給与を算出しています。平成29年度の平均年収は432万円です。全体の平均からすると、年収196万円は少ないようにも感じるでしょう。

また、男性の平均年収は531万円、女性で287万円です。非正規雇用の多い女性の平均年収にも劣るため、できれば給料額を高めて生活水準の底上げをはかりたいところです。

ただし、正社員で月給16万円というケースは、初任給ということも多いのではないでしょうか。会社員として勤めていると、経験年数や役員昇進などによって大きく給料も上がるため、現在の収入が低いからといって心配する必要はありません。

月給16万の人の生活費内訳

月給16万円の場合、手取りを13万円としましょう。住宅費や水道光熱費、通信費などの生活費について、13万円でどのように工面していけばよいのでしょうか。

ここでは、各支出ごとに生活費の理想的な内訳を紹介しています。

目次

住宅

住宅費の家賃の理想的な支出額は、およそ4万円です。家賃の支出額は、手取り金額の約3分の1程度が理想とされています。

ただ、4万円の家賃でマンションを探すとなると地域がかなり限定されてしまうでしょう。たとえば、東京23区の平均的な家賃相場は7万~8万円です。なかなか都心に住むのは難しいため、23区外または近隣の県を検討してみてください。

給料がもう少し上がるまでの間、実家から仕事場に通うというのも方法の一つです。実家の住宅費の一部を負担することもありますが、両親にしっかりとお願いすれば、マンションほど家賃が高額になることもないでしょう。

水道光熱費・インターネット回線

水道光熱費とインターネット回線(PC用など)の費用は、月に1万5,000円程度に抑えましょう。インターネット回線は月額5,000円ほどかかることが多いため、水道光熱費を1万円程度に抑えることがポイントです。

こちらも実家を利用することができれば、ほとんど費用のかからない項目となります。

また、一人暮らしでマンションに住む場合も、Wi-Fi無料サービスを提供している賃貸住宅を選ぶといった方法があります。電力会社やガス会社も、複数の業者を見比べて費用を検討してみましょう。

通信費

スマホ代や携帯料金などの通信費は月8,000円が目安です。大手キャリアでスマホを契約すると、8,000円前後におさまることが多いでしょう。

ただ、ほかの支出項目にお金を捻出したい場合、こうした固定費の見直しを行ってみてください。スマホの場合だと格安SIMに乗り換えるという方法が使えます。月10GBの契約量でも、毎月3,000~4,000円で済むことも珍しくありません。

食費

手取り13万円の場合、食費にかけられるお金は月3万5,000円から4万円程度です。

外食や仕事でのお付き合いが多い方にすれば、「足りない」と感じることもあるでしょう。その場合もできるだけ貯金額は変えず、家賃や通信費といった固定費を見直してみてください。

または、食費自体も検証してみましょう。外食から自炊に変えるだけでも、食費は劇的に安くなります。また、たまにスーパーのまとめ売りや時間限定セールなどを活用するだけでも、大きな食費の節約になるはずです。

日用品・娯楽

日用品や娯楽用の支出は、月1万5,000~2万円程度が理想です。

もっとも自由度の高い支出項目ではありますが、それだけに使い過ぎてしまう恐れが高いので注意してください。月々に必要な費用と貯金額を用意して、そこから残った金額を日用品・娯楽に回すことをおすすめします。

貯金

手取り13万円では生活が苦しいという方も多いでしょう。ただ、経済的に厳しくても、なんとか月1万5,000円ほどの貯金は確保しておきたいところです。

この先、事故や病気、入院など、どのタイミングで大きな出費があるかは分かりません。また、将来の結婚や子供の養育費、老後の生活費などのためにも、コツコツと資金を貯めておくことが大切です。

月給16万を稼ぎたい人にオススメの仕事

月給16万円(年収196万円)を稼ぎたいという方には、「宿泊・サービス業」がおすすめです。先ほどお伝えした「民間給与実態統計調査」では、宿泊・サービス業の平均年収が252万円となっており、もっとも月給16万円に近いといえます。

ただ、宿泊・サービス業といえば全産業のなかでも最低クラスの平均年収です。そのため、16万円以上の給料を稼ぎたいと思えば、ほとんどの業界・業種で実現できます。

転職や就職の選択肢が広くなるという意味で大きなメリットです。

月給16万で満足しない人にオススメの仕事

月給16万円で満足できない方は、「サービス業(全般)」や「卸・小売」を狙ってみましょう。どちらも平均年収が300万円(月給約25万円)を超えるため、今まで以上の収入が期待できます。

サービス業にはIT業界も含まれています。特に、Webデザイナーやエンジニアは人手不足でニーズが高まっているため、年収も上がりやすいことが特徴です。

卸売業とは、メーカーから複数のブランドを買い取り、小売店に商品を販売する仕事です。伊藤忠や住友商事といった商社も含まれるほか、三井物産や三菱食品なども卸企業に分類されます。

今ならまだ間に合う!優良企業に一括エントリーしちゃおう!

bizualまとめてエントリー
有名ベンチャーにまとめてエントリー!

bizualでは、2024年卒の学生の方々向けに、有名ベンチャーへの就職サポートを行っております。

  • 今をときめくITベンチャーで働いてみたい!
  • 優秀な社員の方が多数在籍する会社で働いて自分のスキルを磨きたい!
  • 大きな裁量権を持って仕事をして、やりがいと総合的なビジネス力を身につけたい!
  • ゆくゆくは独立もできるスキルを身につけたい!

上記のような学生は、ぜひbizual会員登録&エントリーから登録とエントリーをすすめてみてください!

また、他にも就活生同士の情報交換などができるbizualアカデミーも運営しています。実際に希望する会社の面接を受けてきた学生の声なども知ることができるので、ぜひ登録からすすめてみてくださいね!

まとめ

今回は、給料16万円の手取り金額や年収、生活費の理想的な内訳について解説を行いました。

手取り13万円になると、一人暮らしでも生活していくことはできますが、東京23区では家賃が高すぎたり、貯金に回せるお金も少ないという事情があります。

そのため、今回お伝えした「サービス業」や「卸・小売」といった業種を参考に、より高い収入を確保できる企業を目指してみてください。

高年収限定!コンサル・ハイキャリア人材に特化した転職エージェント

ハイキャリア高年収大企業等の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます。

自分の学歴・キャリアではハイクラス転職は難しいんじゃ・・・

そう思う方でもまずは試しに無料登録・キャリア診断を受けてみましょう!

そうすることで今後の希望年収とその実現可能性を客観的に見ることができます。

今より年収を上げたいならまずは登録しておきたい高年収求人専門の転職エージェント!

  1. ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上!ハイキャリア・年収UPに特化した転職サービス!)
  2. 若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』20代-30代ハイクラス特化した求人からあなたに直接スカウトが届く転職アプリ!)
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは今の年収をあげたい人向けの、高年収求人に特化した転職エージェントです。

30代の転職後の平均年収は840万円、40代は960万円と、かなりの高い水準の実績を持っています。

求人全体でも年収800万円以上の求人が大半を占めており、3分の1以上の求人が年収1000万円以上となっています。

時間をかけてじっくり自分に合った求人を探していくスタイルで、自分のプロフィールや今の年収を登録しておくと、今の条件より好条件でのオファーが届きます。

じっくりと自分に合った企業を見つけていきたいという方はまずはプロフィールから登録しておきましょう!

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

ビズリーチに登録する方は、20代、30代のハイクラス求人に特化した転職アプリ『VIEW』も並行して登録しておくことがおすすめです。

VIEW』はアプリでハイキャリア転職情報を受け取れる日本初のAIキャリアシミュレーションアプリです。

2000人以上の経歴・価値観の情報をもとに自分の特性に合った企業とマッチングをしてくれます。

アプリを無料インストール後、キャリア診断・価値観診断テストを受けるだけで、ハイキャリア求人からオファーを受け取れます。30代以下の方はビズリーチと並行して登録しておくことで、高い確率で転職オファーを受け取れるようになります。

あなたの現在の適正年収を診断してくれる『ミイダス』

そもそも今の自分の学歴・キャリアでどれくらいの年収が望めるのかがわからない・・・

という人は、現在のあなたの経歴から適正年収を割り出してくれるミイダスを活用してみましょう!

7万人の転職データをもとに、あなたのキャリアでどの程度の年収を目指せるのかを診断してくれます。

また、プロフィールも登録しておくとその診断テスト結果の年収に見合った企業から転職オファーがくることもあります。

自分の現在地を知っておくためにも試しに活用しておきましょう!

\5分で終了!/

目次