月給14万は安い!?支出内訳とおすすめの仕事を中心に解説!

今回は月給14万円の手取り額や業種を中心に紹介していきます。月給14万円で暮らすための生活費内訳や貯金の方法についても解説しました。収入に見合う賃貸物件が探せる地域や、月給14万円を稼ぎたい方の為の仕事や業種についても紹介していきますのでご参照ください。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

月給14万の人の手取り額は約11万円

月給14万円のサラリーマンの手取り額を2019年版の住民税や所得税を目安に算出すると、約11.5万円になります。前提としてボーナスありの場合、控除額の内訳は住民税6630円、所得税2197円、社会保険料1.99万円となります。

ボーナスなしでは年収168万円と少し厳しい年収レベルとなってしまいます。これならバイトの方が手取り14万円は見込めますので転職を考えた方が良いかも知れません。

手取り14万を確保できる月給は約18万円

では手取り14万円を得るためには額面いくらでなければならないのでしょうか。社会保険料合計が2万7千円、税金が1万2千円ほどになりますので額面の月給は約18万円です。

手取り14万円というレベルは大学新卒の初任給より安いです。現在の大卒初任給の相場は19万円前後ですから、手取り14万円の額面18万円で比較すれば1万円ほど安いことになります。

月給14万は高いのか

国税庁のHPに掲載されている「平成29年分民間給与実態統計調査」の結果によると、男女合わせた平均給与は正規494万円、非正規175万円となっています。年代は男女ともに40代半ばです。

月給14万円の場合の年収は、ボーナスを給与の15%と仮定すると194万円ほどになります。正規の給与と比較すると大分低いですが、非正規の給与と比較するとやや高いという位置づけになります。

30代前半を例に男女別平均年収を見ると、男性497万円 女性292万円となっています。基本給14万円というケースは男女関係なく安いと言えます。

月給14万の人の生活費内訳

月給14万円の人の生活費内訳を見込みで出してみました。これは一つのモデルケースですので違うパターンもあると思います。

目次

住宅

一般的に適正家賃は給与の1/3と言われています。月給14万円ならば家賃5万円前後でしょう。その範囲で探せる物件の地域は、東京都内では立川、八王子、国立、清瀬、小平といった都下エリアになります。

一人暮らし前提のアパートで探せば案外物件はあります。マンションならばほぼワンルームタイプに限られます。広さや収納を求めるならばアパートが良いでしょう。

水道光熱費・インターネット回線

水道光熱費はぎりぎり節約して電気代3500円、水道代2000円、ガス代2500円くらいに収められるかもしれません。これは自炊もせずテレビも見なければという条件で可能なレベルです。

食費を抑えるためには自炊も検討しなければなりませんので、水道光熱費は1万円は最低見込まなければならないかもしれません。

通信費

インターネット回線と通信費は合わせて1万円前後で検討してみましょう。ネットは繋げず格安SIMを使い、LINE MOBILEやau、docomoのmineoを使えば通信費を節約出来ます。

LINE MOBILEの場合、「コミュニケーションフリー」という10GBで月3220円というプランも用意されています。

また@スマート光というインターネットサービスはマンションタイプで月額3300円と最も安いサービスですので検討してみてはいかがでしょうか。

食費

外食やコンビニ弁当で済まそうとすると月4万~5万円ほどかかってしまいます。食費を抑えることが手取り14万円で生活するコツです。3万円以内に抑えるためには1週間単位で材料を買う予算を立てると節約しやすいです。

昼もお弁当持参が経済的ですが、外食する場合は格安チェーン店(なか卯、リンガーハット、SUBWAY、大戸屋等)なら500円前後で済みます。週1ならOKでしょう。

飲み会の場合、格安居酒屋であれば2000円で食べ放題飲み放題という信じられないほど安い「おすすめ屋」という店があります。月1回の頻度なら問題ありません。

日用品・娯楽

通勤用の服や靴、散髪や美容室に掛かる費用、化粧品代(特に女性は比重が高いでしょう)、コーヒーやお菓子代、ゲームアプリや書籍等に掛かる費用です。

個人差があるので特定はできませんが、出来るだけ無駄な支出を抑えて3万円は超えないようにします。もし余った額が出た場合は貯金に回していざという時の支出に備えましょう。

貯金

給料14万円で貯金に回す余裕は難しいかもしれませんが、少しでも貯金出来るように定期口座を作って自動的に振替できるようにすると良いかもしれません。

1万円を貯金額の目安にしますが、貧窮した場合、このたくわえを切り崩すことも念頭に入れて置いてください。

月給14万を稼ぎたい人にオススメの仕事

基本給14万円の仕事ははっきり言って安い部類に入ります。まして額面14万円では手取りが12万円弱です。それは専業主婦や年金受給資格者のバイト仕事でもない限り転職を考えた方が良いでしょう。

手取り14万レベルの仕事には飲食店の店員や宿泊スタッフ、介護士、美容師、単純な入力作業などの事務員といったものがあります。

東京都の最低賃金は1013円(1時間当たり)です。基本給14万円は最低賃金に近いレベルです。転職する場合、各地域の最低賃金をチェックしておくことをお勧めします。

月給14万で満足しない人にオススメの仕事

手取り14万円だとしても30代の人や結婚を考えている人ならとても満足できないと思います。月給14万円以上の、出来れば額面25万円以上の仕事を探しませんか。

女性ならば生命保険のライフプランナー、派遣スタッフや派遣会社の労務管理事務、不動産関連の事務、IT系が得意ならばITエンジニアを目指すのも良いでしょう。給与相場は20万~30万です。

男性ならば体力に自信のある方向けに港湾荷役業があります。30代の平均給与が37.3万円です。ただし長期はお勧めしません。

業種別年収のランクからおすすめできる業種は環境関連設備系や土木・建築関連ならば初年度年収300万円から探せます。

サービス業も店長候補として入社できれば月給25万以上が期待できます。勤務条件や店の雰囲気は事前に要チェックです。

まとめ

月給14万円は贅沢を一切しなければ暮らしていけるレベルです。しかし20代~30代くらいの人なら、将来のことを考えてもっと収入の良い仕事を探した方が良いでしょう。

この記事を良い転職先と出会うための参考にして頂ければ幸いです。

高年収限定!コンサル・ハイキャリア人材に特化した転職エージェント

ハイキャリア高年収大企業等の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます。

自分の学歴・キャリアではハイクラス転職は難しいんじゃ・・・

そう思う方でもまずは試しに無料登録・キャリア診断を受けてみましょう!

そうすることで今後の希望年収とその実現可能性を客観的に見ることができます。

今より年収を上げたいならまずは登録しておきたい高年収求人専門の転職エージェント!

  1. ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上!ハイキャリア・年収UPに特化した転職サービス!)
  2. 若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』20代-30代ハイクラス特化した求人からあなたに直接スカウトが届く転職アプリ!)
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは今の年収をあげたい人向けの、高年収求人に特化した転職エージェントです。

30代の転職後の平均年収は840万円、40代は960万円と、かなりの高い水準の実績を持っています。

求人全体でも年収800万円以上の求人が大半を占めており、3分の1以上の求人が年収1000万円以上となっています。

時間をかけてじっくり自分に合った求人を探していくスタイルで、自分のプロフィールや今の年収を登録しておくと、今の条件より好条件でのオファーが届きます。

じっくりと自分に合った企業を見つけていきたいという方はまずはプロフィールから登録しておきましょう!

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

ビズリーチに登録する方は、20代、30代のハイクラス求人に特化した転職アプリ『VIEW』も並行して登録しておくことがおすすめです。

VIEW』はアプリでハイキャリア転職情報を受け取れる日本初のAIキャリアシミュレーションアプリです。

2000人以上の経歴・価値観の情報をもとに自分の特性に合った企業とマッチングをしてくれます。

アプリを無料インストール後、キャリア診断・価値観診断テストを受けるだけで、ハイキャリア求人からオファーを受け取れます。30代以下の方はビズリーチと並行して登録しておくことで、高い確率で転職オファーを受け取れるようになります。

あなたの現在の適正年収を診断してくれる『ミイダス』

そもそも今の自分の学歴・キャリアでどれくらいの年収が望めるのかがわからない・・・

という人は、現在のあなたの経歴から適正年収を割り出してくれるミイダスを活用してみましょう!

7万人の転職データをもとに、あなたのキャリアでどの程度の年収を目指せるのかを診断してくれます。

また、プロフィールも登録しておくとその診断テスト結果の年収に見合った企業から転職オファーがくることもあります。

自分の現在地を知っておくためにも試しに活用しておきましょう!

\5分で終了!/

目次
閉じる