月給13万は安い!?支出内訳とおすすめの仕事を中心に解説!

今回は月給13万円の手取り額や、手取り13万円を確保できる月給などについて解説します。月給13万円は高いのか、最低賃金割れの可能性があるのではないか、月給13万円の生活費内訳などについてもご紹介しています。最後に月給13万以上の仕事についても触れていますので参考にしてください。

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント5選

株式会社bizual

弊社の経験からも、今の基本給の手取りが25万円以下なら、今から転職して年収がアップする可能性は非常に高いです。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上です。

今の年収に不満がある方、その他もっと条件の良い企業、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

bizual採用担当

上記3社をまとめて登録しておくとホワイト企業や給料アップが見込める企業を定期的に紹介してもらえますよ!

【高年収・大手企業へのキャリアアップなら!】

bizual採用担当

中堅私大・国公立以上の大学卒、または上場企業にお勤めの方は、ビズリーチランスタッドを活用することでさらなるキャリアアップ・年収UPも望めます!

ホワイト企業、年収アップなど目的に応じて転職エージェントを活用して、求人をチェックしてみましょう!

月給13万の人の手取り額は約10万円

月給13万円の手取りは約10万円です。これは月給の13万円から住民税(約6000円)と所得税(約2000円)、社会保険料(約1万8000円)を差し引いた金額となります。

アルバイトなどで社会保険に加入していない場合は、社会保険料を引かれることはありませんが、国民保険料など他の出費が発生します。

手取り13万を確保できる月給は17万円

月給13万円ではなく、手取りで13万円を確保するためには月給17万円が必要です。月給17万円あれば、住民税・所得税・社会保険料を差し引かれても、手取り13万円残すことができます。

自分の生活に必要な金額が13万円ある場合は、最低でも月給17万円以上の仕事に就かなくてはならないということです。

月給13万は高いのか

国税庁が行った平成29年度民間給与実態統計調査によれば、給与総額の平均は年収430万円、その内正規社員の平均は490万円、非正規社員の平均は170万円でした。

月給13万円×12ヶ月だと、年収は156万円となります。これは非正規社員の平均額をも下回っていますので正規社員での月給13万円はかなり低い値だと言い切れます。

月給13万は最低賃金割れの可能性がある

月給13万円は時間給に換算した場合、最低賃金を割っている可能性があります。最低賃金は地域によって異なりますが、たとえば東京都の場合1013円(2019年10月1日発行)です。

東京都で時給1013円で1日8時間働き、月に20日出勤したとすれば月給は約16万2000円になります。

正規社員で月給13万円であるとすれば、アルバイトの方が稼げる可能性が高く、いずれにしても転職を視野に入れた方が良い状況と言えるでしょう。

月給13万の人の生活費内訳

月給13万円の場合、手取りは約10万円です。以下では10万円で一人暮らしをする場合の内訳について解説します。

きついながらも節約をして生活すれば、10万円でも貯金ができないわけではありません。ただし、この生活を何年も続けるというのは難しいでしょう。

目次

住宅

月給13万円の一人暮らしでは、家賃4万円が限度です。4万円の家賃だと、東京23区内は難しいでしょう。比較的家賃の安い江戸川区や足立区でもワンルーム5万円前後は必要です。

東京都内であれば町田市や小平市まで行けば4万円ほどの家賃で見つけられるかもしれません。千葉であれば若葉区や稲毛区などに4万円以下のワンルームを見つけることができます。

仮に4万円以上の家賃を払う場合は、他の項目を削らなければなりません。その場合は貯金分や娯楽費が対象となるので、家賃は良く考えて決めるようにしましょう。

水道光熱費・インターネット回線

水道高熱は月に1万円はかかると思っておきましょう。月給13万円の場合、自炊がメインとなりますので、ガス代や電気代の節約は難しくなります。通勤をしているのであれば毎日の入浴は欠かせないので水道代も必要です。

インターネット代は月給13万円の場合、自宅にネット環境がなくても我慢するか、スマホの制限容量内で済ませるかです。マンション自体に無料のネット環境が備わっている物件を探すのも良いかもしれません。

通信費

月給13万円の場合、通信費はできれば5,000円ほどで抑えたいところです。格安スマホを使えば月の支払いを5,000以下にすることもできます。

格安スマホは希望する機種を選べない場合もあり、何となく敬遠する人も多いようですが、電波の問題なども以前に比べると解消されています。

金銭的な余裕がなくても、スマホや携帯などの通信機器は必要です。仕事の連絡や家族との連絡に使うこともあるので予算内で使えるように工夫してみましょう。

食費

月給13万円の場合、食費は月に3万円です。3万円だと1日に1000円の計算になりますので、外食はできず毎日自炊をすることになるでしょう。

朝・昼・夜の3食がすべて自炊となるため、昼はお弁当を持って会社に行く必要があります。ランチを外食にすると、それだけで1日分の食費を使ってしまうことになるため、外食自体が難しいということになります。

飲み会は最低3000円はかかってしまうので、参加することが難しいかもしれません。

日用品・娯楽

月給13万円で日用品・娯楽にかけられる金額は5000円ほどです。洗剤やトイレットペーパーなどの消耗品などをこの5000円で買うことになります。

女性はコスメ代・美容室代もかかりますし、男性の場合も散髪代や着替えのワイシャツ代などがかかり、決して高い予算とは言えません。

日用品や娯楽費はかけようと思えばいくらでもかけられる項目です。先に貯金分を分けておかなければ使い込んでしまいます。

貯金

月給13万円で貯金をするのは大変です。他の項目を節約して1万円の貯金ができれば良しとしましょう。

月に1万円の貯金では1年でも12万円にしかならず、体調を崩した場合の生活費などに充てるとしても不安な金額です。

日頃から節約と貯金を意識して、少しでもお金が余ったらすべて貯金に回す、というくらいの意識を持っていれば少し多めに貯めることができるかもしれません。

月給13万で満足しない人にオススメの仕事

月給13万円で満足できない、という人は多いでしょう。とくに結婚をしたい人や車を持ちたいという人は転職をおすすめします。

たとえば飲食店や服飾関係、運送・小売業など身近な職業から探してみるのも良いでしょう。特にサービス業は高卒でも正規採用がされやすく、月給13万円よりも多い収入が見込めます。

今ならまだ間に合う!優良企業に一括エントリーしちゃおう!

bizualまとめてエントリー
有名ベンチャーにまとめてエントリー!

bizualでは、2024年卒の学生の方々向けに、有名ベンチャーへの就職サポートを行っております。

  • 今をときめくITベンチャーで働いてみたい!
  • 優秀な社員の方が多数在籍する会社で働いて自分のスキルを磨きたい!
  • 大きな裁量権を持って仕事をして、やりがいと総合的なビジネス力を身につけたい!
  • ゆくゆくは独立もできるスキルを身につけたい!

上記のような学生は、ぜひbizual会員登録&エントリーから登録とエントリーをすすめてみてください!

また、他にも就活生同士の情報交換などができるbizualアカデミーも運営しています。実際に希望する会社の面接を受けてきた学生の声なども知ることができるので、ぜひ登録からすすめてみてくださいね!

まとめ

月給13万円は一人暮らしでも生活がきついため、なんとかやりくりをしようとしても難しいことが多いようです。

少しでも月給が上がれば、毎月5万ほどの貯金もできるかもしれません。ぜひこの機会にいろんな職業を見直してみてください。

高年収限定!コンサル・ハイキャリア人材に特化した転職エージェント

ハイキャリア高年収大企業等の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます。

自分の学歴・キャリアではハイクラス転職は難しいんじゃ・・・

そう思う方でもまずは試しに無料登録・キャリア診断を受けてみましょう!

そうすることで今後の希望年収とその実現可能性を客観的に見ることができます。

今より年収を上げたいならまずは登録しておきたい高年収求人専門の転職エージェント!

  1. ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上!ハイキャリア・年収UPに特化した転職サービス!)
  2. 若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』20代-30代ハイクラス特化した求人からあなたに直接スカウトが届く転職アプリ!)
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは今の年収をあげたい人向けの、高年収求人に特化した転職エージェントです。

30代の転職後の平均年収は840万円、40代は960万円と、かなりの高い水準の実績を持っています。

求人全体でも年収800万円以上の求人が大半を占めており、3分の1以上の求人が年収1000万円以上となっています。

時間をかけてじっくり自分に合った求人を探していくスタイルで、自分のプロフィールや今の年収を登録しておくと、今の条件より好条件でのオファーが届きます。

じっくりと自分に合った企業を見つけていきたいという方はまずはプロフィールから登録しておきましょう!

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

ビズリーチに登録する方は、20代、30代のハイクラス求人に特化した転職アプリ『VIEW』も並行して登録しておくことがおすすめです。

VIEW』はアプリでハイキャリア転職情報を受け取れる日本初のAIキャリアシミュレーションアプリです。

2000人以上の経歴・価値観の情報をもとに自分の特性に合った企業とマッチングをしてくれます。

アプリを無料インストール後、キャリア診断・価値観診断テストを受けるだけで、ハイキャリア求人からオファーを受け取れます。30代以下の方はビズリーチと並行して登録しておくことで、高い確率で転職オファーを受け取れるようになります。

あなたの現在の適正年収を診断してくれる『ミイダス』

そもそも今の自分の学歴・キャリアでどれくらいの年収が望めるのかがわからない・・・

という人は、現在のあなたの経歴から適正年収を割り出してくれるミイダスを活用してみましょう!

7万人の転職データをもとに、あなたのキャリアでどの程度の年収を目指せるのかを診断してくれます。

また、プロフィールも登録しておくとその診断テスト結果の年収に見合った企業から転職オファーがくることもあります。

自分の現在地を知っておくためにも試しに活用しておきましょう!

\5分で終了!/

目次