体調不良で仕事を休む際の連絡方法|メールのテンプレや早退の際の伝え方も解説

体調不良でどうしても仕事に行けなくて休む時もあるかと思います。仕事を休む時の連絡は電話ですればよいのか、メールでもよいのか悩む人もいます。仕事を休むことに罪悪感がある人も多いです。では、どういったときに仕事を休むべきなのか、その連絡方法などを紹介します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

体調不良で仕事を休む際に知っておくこと

体調不良で仕事を休む際に、何も言わずに自分勝手に休むと、会社の人に迷惑を掛けてしまいます。そうならない為にも、体調不良で仕事を休む際に知っておくべきことを紹介します。

目次

体調不良で仕事を休むライン

すこし気分が悪いから、といってそう簡単に仕事を休めるというわけではありません。中には39℃の熱があっても仕事に行く人もいます。しかし、熱が出たときは仕事を休んだ方が良いです。

以下の記事では、微熱でも仕事を休むべきなのか、熱で仕事を休むラインや連絡方法を紹介しております。ご興味ある方はぜひご参照ください。

記事に飛ぶ

回復に専念する

体調不良で仕事を休んだ場合は、仕事が休みだからといって遊んでいいわけではありません。また、家で仕事などせずに、回復に専念しましょう。特に風邪などの病気の時は寝るのが一番効果的です。

しっかりと体を休めて、早く仕事復帰できるように体調を整えましょう。

職場や同僚にきちんと連絡をいれる

体調が悪いからと自分勝手に仕事を休んでいいわけではありません。職場の上司や同僚にきちんと連絡を入れましょう。その際に、仕事の引継ぎなどがあればしっかりと伝えるべきです。自分が休むことにより、なるべく周りに迷惑を掛けないように配慮しましょう。

体調不良で仕事を休む際の連絡方法の例文は、下記に記していますので、ぜひご参照ください。

体調不良で仕事を休む罪悪感

体調不良で休む際に、職場の上司や同僚に迷惑を掛けることから、どうしても罪悪感を感じる人も少なくありません。罪悪感を感じることは、人として間違ってはいないです。本見出しではどんな人が罪悪感を感じるのか、またその正体を解説していきます。

体調不良で仕事を休み罪悪感を感じる人

体調不良で仕事を休むのは仕方ないことです。では、どんな人が罪悪感を感じているか、その内容は以下のようになります。

仕事を休むことにより罪悪感を感じる人は、周囲の目を気にする人や、自分に厳しい人が多いです。申し訳ないと思う気持ちが罪悪感に繋がります。では一体なぜ申し訳ないと思ってしまうのか、罪悪感の正体を解説していきます。

体調不良で仕事を休む罪悪感の正体

職場の上司や同僚に申し訳ないと思うのはどうしてなのでしょうか。体調不良で仕事を休む際の罪悪感の正体はどういったものか、本見出しでは2つのパターンから解説していきます。

①周囲の目を気にしすぎる

周囲の目を気にしすぎる人は、罪悪感を感じやすい人です。他人に自分がどう思われているか気にするあまり、罪悪感を感じてしまいます。

上司の評価が下がるのではないか、同僚から悪口を言われるのではないかといったネガティブな発想が、休んでしまったという罪悪感に繋がります。鈍感な人間だと何も感じないような些細な言葉でも、心に突き刺さって罪悪感が残ります。

②自分に厳しい

自分に厳しすぎる人も罪悪感を感じやすいです。そんな人は、自分はもっとできるはず、周りに迷惑を掛けてはいけないという思いが強いので、仕事は休めないと思っている人が多いです。仕事を休んだ場合に、本当は出社できたのではないかと罪悪感が残ります。

しかし、上記のいずれの場合も、職場の上司や同僚に病気をうつすリスクを考えると、休むという選択肢を選ぶ方が正しいです。病気を蔓延させる方が、かえって迷惑を掛けますので、自分は適切な選択をしたと考えれば罪悪感はありません。

体調不良で仕事を休む際の連絡方法・伝え方

では実際に体調不良で仕事を休む場合、どのような連絡手段をとるべきでしょうか。本見出しでは連絡方法と伝え方を紹介していきます。

パターン①|体調不良で仕事に遅刻する

体調不良で病院に行ってから職場に向かうこともあるかと思います。そういった場合は、電話で連絡したほうがよいです。しかし、職場の上司や同僚が電話に出なかった場合は、メールで連絡しても構いません。

電話例文

おはようございます。○○です。大変申し訳ありませんが、今日の朝から体調がすぐれないので病院に行って出社致します。〇時には出社できると思いますので、よろしくお願いいします。

万が一、〇時を過ぎるようでしたらまたご連絡いたします。もし、急な確認事項等あるようでしたら、電話かメールでご連絡いただければ対処します。ご迷惑おかけして申し訳ございません。

メール例文

件名:勤怠連絡(○○)

おはようございます。朝早くから失礼いたします。○○です。

今日の朝から熱が出ており、体調がすぐれないので、病院に行ってから出社致します。〇時には出社できると思いますが、〇時を過ぎるようでしたらまたご連絡いたします。

もし、急な確認事項等あるようでしたら、電話かメールでご連絡いただければ対処します。ご迷惑おかけして申し訳ございません。

パターン②|体調不良で仕事を早退する

体調不良で早退する場合は、職場の人は知っていることがほとんどですので、電話連絡する必要はありません。大事な引継ぎ事項などを口頭、またはメールで連絡しましょう。

伝え方の例文

お疲れ様です。大変申し訳ありませんが、体調不良で早退致します。○○の件は対応済みです。もし、その他に急な確認事項等あるようでしたら、電話かメールでご連絡いただければ対処します。ご迷惑おかけして申し訳ございません。

メール例文

件名:早退のご連絡(○○)

お世話になっております。

申し訳ありませんが、体調不良により早退致します。引継ぎ等の業務は○○に任せております。もし、急な確認事項等あるようでしたら、電話かメールでご連絡いただければ対処しますので、お手数ですが下記ご連絡先までお願い致します。

名前○○

TEL○○〇-○○○○-○○○○

Eメール○○〇@○○

パターン③|体調不良で仕事を休む

体調不良で休む場合も職場に連絡をいれましょう。その場合もメールよりも電話のほうが好ましいです。しかし、職場の上司や同僚が電話に出なかった場合は、メールで連絡しても構いません。

電話例文

おはようございます。○○です。大変申し訳ありませんが、昨夜から熱があり、本日お休みをいただきたく電話致しました。(上司から許可が下りる)

ありがとうございます。これから病院に行きますので、明日の出勤については改めて連絡いたします。もし、急な確認事項等あるようでしたら、電話かメールでご連絡いただければ対処します。ご迷惑おかけして申し訳ございません。

メール例文

件名:勤怠連絡(○○)

おはようございます。朝早くから失礼いたします。○○です。

昨夜から熱が出ており、体調がすぐれないので、本日お休みをいただきたくご連絡致しました。これから病院に行きますので、明日の出勤については改めて連絡いたします。

もし、急な確認事項等あるようでしたら、電話かメールでご連絡いただければ対処します。ご迷惑おかけして申し訳ございません。

よろしくお願い致します。

まとめ

本記事では、体調不良で仕事を休む場合の連絡方法を、例文付きで紹介しました。仕事を休むことに罪悪感がある人も多いでしょうが、周りの人に病気をうつすリスクを考えると休むという選択肢を選ぶ方が正しいです。

仕事を休む際は適切な連絡をして、円滑に休むことができるように配慮しましょう。ここで紹介した考え方が、一人でも多くの方の参考になればと思います。

高年収限定!コンサル・ハイキャリア人材に特化した転職エージェント

ハイキャリア高年収大企業等の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます。

自分の学歴・キャリアではハイクラス転職は難しいんじゃ・・・

そう思う方でもまずは試しに無料登録・キャリア診断を受けてみましょう!

そうすることで今後の希望年収とその実現可能性を客観的に見ることができます。

今より年収を上げたいならまずは登録しておきたい高年収求人専門の転職エージェント!

  1. ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上!ハイキャリア・年収UPに特化した転職サービス!)
  2. 若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』20代-30代ハイクラス特化した求人からあなたに直接スカウトが届く転職アプリ!)
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは今の年収をあげたい人向けの、高年収求人に特化した転職エージェントです。

30代の転職後の平均年収は840万円、40代は960万円と、かなりの高い水準の実績を持っています。

求人全体でも年収800万円以上の求人が大半を占めており、3分の1以上の求人が年収1000万円以上となっています。

時間をかけてじっくり自分に合った求人を探していくスタイルで、自分のプロフィールや今の年収を登録しておくと、今の条件より好条件でのオファーが届きます。

じっくりと自分に合った企業を見つけていきたいという方はまずはプロフィールから登録しておきましょう!

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

ビズリーチに登録する方は、20代、30代のハイクラス求人に特化した転職アプリ『VIEW』も並行して登録しておくことがおすすめです。

VIEW』はアプリでハイキャリア転職情報を受け取れる日本初のAIキャリアシミュレーションアプリです。

2000人以上の経歴・価値観の情報をもとに自分の特性に合った企業とマッチングをしてくれます。

アプリを無料インストール後、キャリア診断・価値観診断テストを受けるだけで、ハイキャリア求人からオファーを受け取れます。30代以下の方はビズリーチと並行して登録しておくことで、高い確率で転職オファーを受け取れるようになります。

あなたの現在の適正年収を診断してくれる『ミイダス』

そもそも今の自分の学歴・キャリアでどれくらいの年収が望めるのかがわからない・・・

という人は、現在のあなたの経歴から適正年収を割り出してくれるミイダスを活用してみましょう!

7万人の転職データをもとに、あなたのキャリアでどの程度の年収を目指せるのかを診断してくれます。

また、プロフィールも登録しておくとその診断テスト結果の年収に見合った企業から転職オファーがくることもあります。

自分の現在地を知っておくためにも試しに活用しておきましょう!

\5分で終了!/

目次
閉じる