メーカーの海外駐在員の年収はどれくらい高いのか!?地域別の特徴についても紹介!

海外駐在員とは日本企業勤務のサラリーマンが、海外支社などに会社命令で一定期間赴任する人を指します。今回は主にメーカー系海外駐在員の待遇や年収について紹介します。また海外駐在員の役割や期待される成果などについても解説していきますので海外駐在希望の方はぜひ参考にしてください。

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント5選

株式会社bizual

弊社の経験からも、今の基本給の手取りが25万円以下なら、今から転職して年収がアップする可能性は非常に高いです。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上です。

今の年収に不満がある方、その他もっと条件の良い企業、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

bizual採用担当

上記3社をまとめて登録しておくとホワイト企業や給料アップが見込める企業を定期的に紹介してもらえますよ!

【高年収・大手企業へのキャリアアップなら!】

bizual採用担当

中堅私大・国公立以上の大学卒、または上場企業にお勤めの方は、ビズリーチランスタッドを活用することでさらなるキャリアアップ・年収UPも望めます!

ホワイト企業、年収アップなど目的に応じて転職エージェントを活用して、求人をチェックしてみましょう!

海外駐在員とは

海外駐在員とは日本に本社を置く企業から海外転勤命令を受けて、海外の支社や現地法人へ赴任しているサラリーマンのことです。

メーカーの海外駐在に関する2つの疑問

中堅から大手まで日本のメーカーの多くは海外へ工場を持っています。それは人件費や土地代など物価が安いので、日本より低コストでモノ作りが出来るからです。

技術指導者やマネージメント、営業マンとして海外赴任しているメーカーの海外駐在員について、気になる二つのことを見ていきましょう。

目次

海外駐在は出世が望めるエリートコースか

メーカーの場合、製造現場も販売網もグローバル化が進んでいますので、海外駐在が特に出世コースの一つとは考えられていません。総合職キャリアの一つのステップとして見られていることが多いようです。

従って先進国だからエリートコースだとか後進国だから格が下がると言った価値観もありません。やる気があれば海外駐在の門戸はどんな社員にでも開かれています。

海外駐在をするために英語力は必須か

英語はビジネスの世界ではグローバルな公用語ですから、海外駐在するためには必須条件であることは確かです。ただし入社時から必要かというと大半の企業はその必要はないと答えています。

なぜなら海外展開しているメーカーならば、入社後語学研修を受ける機会はたくさん用意しているからです。海外駐在を希望する人は早くから勉強し努力している姿をアピールしておくと良いでしょう。

海外駐在員の年収事情

海外駐在員の年収はいくらくらいなのでしょうか。慣れない海外で苦労するのだから、それなりに多く貰わなければ割に合わないと思う人は多いでしょう。

メーカーやメガバンク、商社など海外駐在者の年収事情に大きな差はありません。住宅手当や子供の学費補助は80%から全額負担と国内と比較にならないほど手厚く支給されます。また海外危険手当も付きます。

但し業種間の格差絶対値は存在します。メーカーより商社の方が上という構図は昔も今も変わりません。

20代で独身の若手社員も男女の差無しに海外駐在のチャンスがあります。給料条件も20代だからと差別されることはなく、前述した手当はしっかり支給されますので日本以上の給料が貰えます。

海外という地理的要因による手当てに年次の差はないので、20代でも安心して海外赴任にチャレンジできます。

支給額の目安は日本の1.5倍〜1.8倍

海外駐在員の年収支給額の目安は日本の1.5倍と言われています。これは先述の手当てが高額である点に加えて、現地通貨による給与と日本側で日本円による給与も支給されるからです。

以上の話は額面であり、手取りになると1.8倍と増えるのです。理由は現地で発生する住民税や所得税は会社が負担するからです。

月給制で残業代は出ない

但し残業代は出ません。これは月給制として固定されるからです。20代の若手であってもマネージャーや支部長クラスであっても変わりません。

日本円と現地通貨の両方で支給される

海外赴任すると給料が下がるとネットで見ることがありますが、これは間違いです。恐らく日本円での給料が下がるので勘違いされているのでしょう。

現地通貨がメインの収入であり、先述したように日本円の給与と合わせれば間違いなく国内勤務時より給料は上がります。

ボーナスは通常通り支給される

海外赴任者にも当然ボーナスは支給されます。会社によって差はありますが、国内時と変わらない支給額であることが殆どです。

海外駐在の福利厚生

続いて海外駐在員の福利厚生について見ていきましょう。やはり日本より恵まれていることが多いようです。

家賃は基本的に会社が負担

家賃は全額会社が負担することが基本です。家探しも慣れない海外で赴任者が全部行うのは無理な話なので、会社側がマンションなどを用意し契約から支払いまで全て行うのです。

車と運転手がつくこともある

中国や新興国では役付きの赴任者ならば運転手付きの社用車が与えられることがあります。これは交通事情が危険な海外で赴任者に直接運転させないという安全上の配慮も含んでいます。

接待用のクレジットを持つこともある

現地支社の責任者として赴任した場合、営業用の接待費清算用として会社名義のクレジットカードが支給されることもあります。

メーカーにありがちな2つの海外駐在先

海外展開の多いメーカーで海外赴任した場合、ありがちな話を先進国と新興国に分けてご紹介します。

駐在先①|先進国の特徴

先進国と言えば北米やヨーロッパが該当します。メーカーであれば工場よりマーケティングでの海外営業が中心になるケースが多いようです。

成熟市場で営業やマネジメントが中心

先進国の市場は既に「成熟市場」化されていますので、業務は既存のルートにおける営業活動や経営、業務、人事面でのマネジメントが中心になります。

物価が高くそこまで裕福絵はない

先進国は物価が高いので、高額な海外赴任の給料をもらっても新興国に比べて生活が苦しくなるのではないかと心配される方もいるでしょう。

確かに住宅の広さやメイド付きなどの贅沢な生活は望めませんが、支出額の上回りは「購買力補償方式」で補填されますので、現地での中上流の生活は保障されます。

額面の給与支給額は新興国以上なので、ボーナスには手を付けないなど計画的に貯蓄すれば、帰国した時に見る日本円の銀行口座が楽しみになります。

駐在先②|新興国の特徴

新興国とは東南アジアを中心にインドや南米が該当します。稀にイスラム圏の駐在先もあります。

生産工場と成長市場が両立する環境

新興国は先進国以上に海外駐在員が活躍できる場が多い環境です。技術系の会社と言えど理系のみならず文系も大いに活躍できるチャンスがあるのです。

それは生産工場が多いことに加えて市場が成長途上であること、工場を取り巻く業務は資材調達から物流(ロジスティクス)、マーケティングなど広範囲に及ぶからです。

車や家政婦がつく豪華な生活

住宅の広さは日本とは比べ物になりません。更にメイド付きであることが多いのです。特に治安の面で駐在員及び家族の安全を確保するため、プール付きの高級マンションまで会社負担してくれたりする場合もあります。

社用車は当然のこと、家族用の車まで支給されることがあります(インドネシア、インド等)ちょっとした王様気分が味わえるような贅沢な暮らしも可能です。

20代から海外駐在に挑戦すべき3つの理由

20代でも海外赴任する機会はあります。20代から海外駐在に挑戦する理由とメリットを3つご紹介します。

若い頃から部下を持つ経験が貴重

特に新興国に海外駐在する場合に言えることですが、20代でもマネジメントになるチャンスはあります。言語も文化も異なる現地のスタッフをマネジメントする経験は大変貴重です。

頭ごなしに命令するような姿勢では相手にされなくなります。相手の立場や習慣を理解して、コミュ二ケーションを取りながら部下を管理する経験は帰国後のあなたの財産になります。

成長に直結する環境がある

異国の若い部下はあなたにどんどん意見を求めてくるでしょう。その時、異文化の相手の考えを推量しながら自分の意見を通せることが出来れば駐在員として立派な成長を遂げていると言ってよいでしょう。

決断や決済スピード、責任範囲などメーカー駐在の場合、若手も一人のマネジメントとしての能力を求められます。

これは三菱商事など大手商社駐在員に比べて、パナソニックやソニーなどメーカーの駐在員の任せられる仕事の幅がとても広いからです。

2度目の海外駐在の可能性が高まる

一度海外駐在を経験すると二度目のチャンスが舞い込みやすくなります。やはり経験値を会社は重く見ています。先進国と新興国の両方を経験すれば立派な海外駐在経験者と言えます。

今ならまだ間に合う!優良企業に一括エントリーしちゃおう!

bizualまとめてエントリー
有名ベンチャーにまとめてエントリー!

bizualでは、2024年卒の学生の方々向けに、有名ベンチャーへの就職サポートを行っております。

  • 今をときめくITベンチャーで働いてみたい!
  • 優秀な社員の方が多数在籍する会社で働いて自分のスキルを磨きたい!
  • 大きな裁量権を持って仕事をして、やりがいと総合的なビジネス力を身につけたい!
  • ゆくゆくは独立もできるスキルを身につけたい!

上記のような学生は、ぜひbizual会員登録&エントリーから登録とエントリーをすすめてみてください!

また、他にも就活生同士の情報交換などができるbizualアカデミーも運営しています。実際に希望する会社の面接を受けてきた学生の声なども知ることができるので、ぜひ登録からすすめてみてくださいね!

まとめ

海外駐在員の年収や生活、福利厚生、仕事内容などについて見てきました。年収にこだわり過ぎず、海外での仕事の幅までチェックして自分が海外で何を得たいのか考えてみてください。

海外赴任を希望する就活生にとって参考になれば幸いです。

高年収限定!コンサル・ハイキャリア人材に特化した転職エージェント

ハイキャリア高年収大企業等の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます。

自分の学歴・キャリアではハイクラス転職は難しいんじゃ・・・

そう思う方でもまずは試しに無料登録・キャリア診断を受けてみましょう!

そうすることで今後の希望年収とその実現可能性を客観的に見ることができます。

今より年収を上げたいならまずは登録しておきたい高年収求人専門の転職エージェント!

  1. ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上!ハイキャリア・年収UPに特化した転職サービス!)
  2. 若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』20代-30代ハイクラス特化した求人からあなたに直接スカウトが届く転職アプリ!)
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは今の年収をあげたい人向けの、高年収求人に特化した転職エージェントです。

30代の転職後の平均年収は840万円、40代は960万円と、かなりの高い水準の実績を持っています。

求人全体でも年収800万円以上の求人が大半を占めており、3分の1以上の求人が年収1000万円以上となっています。

時間をかけてじっくり自分に合った求人を探していくスタイルで、自分のプロフィールや今の年収を登録しておくと、今の条件より好条件でのオファーが届きます。

じっくりと自分に合った企業を見つけていきたいという方はまずはプロフィールから登録しておきましょう!

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

ビズリーチに登録する方は、20代、30代のハイクラス求人に特化した転職アプリ『VIEW』も並行して登録しておくことがおすすめです。

VIEW』はアプリでハイキャリア転職情報を受け取れる日本初のAIキャリアシミュレーションアプリです。

2000人以上の経歴・価値観の情報をもとに自分の特性に合った企業とマッチングをしてくれます。

アプリを無料インストール後、キャリア診断・価値観診断テストを受けるだけで、ハイキャリア求人からオファーを受け取れます。30代以下の方はビズリーチと並行して登録しておくことで、高い確率で転職オファーを受け取れるようになります。

あなたの現在の適正年収を診断してくれる『ミイダス』

そもそも今の自分の学歴・キャリアでどれくらいの年収が望めるのかがわからない・・・

という人は、現在のあなたの経歴から適正年収を割り出してくれるミイダスを活用してみましょう!

7万人の転職データをもとに、あなたのキャリアでどの程度の年収を目指せるのかを診断してくれます。

また、プロフィールも登録しておくとその診断テスト結果の年収に見合った企業から転職オファーがくることもあります。

自分の現在地を知っておくためにも試しに活用しておきましょう!

\5分で終了!/

目次