サッカーコーチの給料は低い!?注意点やキャリアアップする方法も紹介!

サッカーコーチはスクールや部活動の外部指導員、ユースチームなどで働くことができますが、いずれもそれほど給料が高いわけではありません。別に本業を持っていたり、副業をして働く方もいます。ただし、資格やスキル次第で給料を上げることもできるため、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

サッカーコーチの給料では生活できない

サッカーコーチといえば、専門的な知識や技術が求められる職業ということから、給料も高いだろうというイメージが強いのではないでしょうか。しかし現実にはそれほど給与や待遇が良いわけではありません。

ここでは、サッカーコーチの給与相場や福利厚生について紹介していきます。

目次

①給料の相場は15万~20万

「JSN福岡のコーチの求人」(はたらいく)によると、小学生向けのサッカースクールコーチの日給は5,940円(研修中は3,040円)です。仮に25日働いたとすると、月給は148,500円となります。

住む地域によっても異なりますが、約15万円の月給だと最低限の生活を送るだけでもやっとの金額です。サッカーコーチだけの給料だと、人生設計を立てるには難しいことが分かります。

②福利厚生が整っていない場合が多い

サッカーコーチの仕事は、たとえ正社員でも福利厚生が整っていないことが珍しくありません。特に退職金や賞与、年間休日数の項目はしっかりと確認しておきましょう。

スクール制のサッカーコーチの場合、給料の面で大きな差が出ることは少ないため、できるだけ福利厚生が充実しているところを選ぶべきです。

③キャリアアップに繋がりにくい

サッカーコーチは将来のキャリアアップに繋がりにくい、というリスクがあります。仮にサッカーコーチからホワイトカラーに転職しようとしても、年齢を重ねるたびに入社が難しくなることが現実です。

事前に10年先・20年先の自分の姿をイメージし、しっかりとキャリアプランを立てておくことが重要といえるでしょう。

サッカーコーチとして働ける4つの環境

サッカーコーチとして働けるのは、次のような4つの環境が一般的です。

  • ①サッカースクール
  • ②街クラブ・ジュニアユースのコーチ
  • ③部活動の外部指導員
  • ④Jリーグ所属クラブアカデミー

サッカーの経験や指導実績がないという方は、まずサッカースクールから始めてみることをオススメします。これは未経験でも求人を募集していることが多いためです。

ここからは、①~④までの特徴を詳しくお伝えしていきます。

①サッカースクール

サッカースクールでは、主に小学生向けのコーチングを行うことが一般的です。未経験でも始めることができ、サッカーコーチの基礎をしっかりと学びながら働くことができます。

ただし、給料面ではほかの環境より低くなることがほとんどです。

②街クラブ・ジュニアユースのコーチ

街クラブやジュニアユースチームの場合も、小学生や中学生といった子供相手に指導を行います。ただし、サッカースクールとは違い「本気でプロを目指したい」という子供が多いことが特徴です。

そのため、コーチにもサッカー経験や指導実績が求められます。

③部活動の外部指導員

中学校や高校などが、より強豪チームを目指す場合は、外部指導員により徹底的にコーチングすることも少なくありません。担当の教師が教えるよりも集中して部活動に取り組めるメリットがあります。

外部指導員は時給制になることが多く、1時間あたり約2,000~2,500円が平均的な相場です。

④Jリーグ所属クラブアカデミー

Jリーグ各チームは、将来のプロサッカー選手を養成するためのアカデミーを保有しています。そのアカデミー内でもサッカーコーチを募集しており、主に子供たちの指導に当たります。

少年相手でも高い指導技術が求められるため、サッカー経験者が優遇されています。経験を活かした仕事となるため、月給は約20~25万円と、サッカースクールよりも高い給料が期待できるでしょう。

サッカーコーチとしての給料を上げる方法

サッカーコーチの給料の相場は15万~20万円と、決して高給とはいえないものの、能力に見合って給料も上がっていきます。指導力というスキルが最重要視されるため、以下で紹介する資格や能力が役立つでしょう。

ライセンスを取得する

JFA(公益財団法人日本サッカー協会)は、サッカーコーチ向けに「指導者養成講習会」を開いています。講習を修了するとJFA公認ライセンスが付与されるため、給料の底上げには欠かせない資格といえるでしょう。

ライセンスは次のように等級が定められています。

  • キッズリーダー
  • D級コーチ
  • C級コーチ
  • B級コーチ
  • A級コーチ
  • S級コーチ

D級やC級だと誰でも受講することができます。また資格を持っておけばサッカーコーチの求人に応募する際にも有利です。

人脈を築く

サッカーコーチという職場は想像以上に閉鎖的な環境です。ただし、ほかのクラブに移動する場合などは、人脈を伝って良いチームへと移ることも少なくありません。

そのため積極的にほかのコーチや監督とのコミュニケーションを行っておくことが重要となります。

語学力

サッカーコーチには語学力も必要です。サッカーの本場ヨーロッパでは、日々トレーニングが最適化され、選手にとって最良なコーチング手法が変化します。

そのため国内で働くサッカーコーチも、海外の一次情報を積極的に取得できなければなりません。

また「通訳ができるコーチ」の数は少ないため、サッカーの指導以外にも仕事の幅が広がり、給料アップにも繋がりやすいといえるでしょう。

サッカーコーチをするなら副業も検討すべき

サッカーコーチの給料は決して高くありません。そのため、よほど有名なチームのコーチを除いては、副業をしながら働いていることがほとんどです。

副業はアルバイトが一般的といえます。最初の内は働きながらコーチングの基礎を学び、上記で紹介した資格やスキルを習得しつつ、より高い給料を目指すことが基本となるでしょう。

まとめ

サッカーコーチの給料は、約15万~20万円が平均的な相場です。余裕のある生活を送ることが難しい金額にもなるため、副業をしながらコーチの仕事を行う人も少なくありません。

ただし、能力が身についてくれば給料もアップする可能性があるため、JFAライセンスの取得や、人脈、語学力を磨いていくことが基本です。事前にしっかりとキャリアプランを立てておくことをオススメします。

高年収限定!コンサル・ハイキャリア人材に特化した転職エージェント

ハイキャリア高年収大企業等の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます。

自分の学歴・キャリアではハイクラス転職は難しいんじゃ・・・

そう思う方でもまずは試しに無料登録・キャリア診断を受けてみましょう!

そうすることで今後の希望年収とその実現可能性を客観的に見ることができます。

今より年収を上げたいならまずは登録しておきたい高年収求人専門の転職エージェント!

  1. ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上!ハイキャリア・年収UPに特化した転職サービス!)
  2. 若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』20代-30代ハイクラス特化した求人からあなたに直接スカウトが届く転職アプリ!)
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは今の年収をあげたい人向けの、高年収求人に特化した転職エージェントです。

30代の転職後の平均年収は840万円、40代は960万円と、かなりの高い水準の実績を持っています。

求人全体でも年収800万円以上の求人が大半を占めており、3分の1以上の求人が年収1000万円以上となっています。

時間をかけてじっくり自分に合った求人を探していくスタイルで、自分のプロフィールや今の年収を登録しておくと、今の条件より好条件でのオファーが届きます。

じっくりと自分に合った企業を見つけていきたいという方はまずはプロフィールから登録しておきましょう!

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

ビズリーチに登録する方は、20代、30代のハイクラス求人に特化した転職アプリ『VIEW』も並行して登録しておくことがおすすめです。

VIEW』はアプリでハイキャリア転職情報を受け取れる日本初のAIキャリアシミュレーションアプリです。

2000人以上の経歴・価値観の情報をもとに自分の特性に合った企業とマッチングをしてくれます。

アプリを無料インストール後、キャリア診断・価値観診断テストを受けるだけで、ハイキャリア求人からオファーを受け取れます。30代以下の方はビズリーチと並行して登録しておくことで、高い確率で転職オファーを受け取れるようになります。

あなたの現在の適正年収を診断してくれる『ミイダス』

そもそも今の自分の学歴・キャリアでどれくらいの年収が望めるのかがわからない・・・

という人は、現在のあなたの経歴から適正年収を割り出してくれるミイダスを活用してみましょう!

7万人の転職データをもとに、あなたのキャリアでどの程度の年収を目指せるのかを診断してくれます。

また、プロフィールも登録しておくとその診断テスト結果の年収に見合った企業から転職オファーがくることもあります。

自分の現在地を知っておくためにも試しに活用しておきましょう!

\5分で終了!/

目次
閉じる