県庁は激務?「辛い」「辞めたい」評判の真相や激務の理由を解説

県庁職員の仕事が激務であるという噂がありますが本当なのでしょうか。安定の職業と言われている公務員ですが、激務であるかどうか志望する前に知っておきたい人も多いかと思います。今回は公務員の中でも県庁職員の仕事の評判について真相を解説します。

転職しようかな、でも選んだ会社が自分に合わなかったらと不安になったことはありませんか。「POSIWILLCAREER」は、20-30代に特化した、キャリアのパーソナルトレーニングです。他社との違いは転職先を紹介するだけではなく、どう生きるかの整理をすることをサービスの主目的としていることです。
あなたの実現したい将来から逆算して、後悔しない人生を生きるために必要な、将来に向けた中長期の人生の指針を一緒に作ります。気になった方は、こちらから無料で相談できますのでぜひチェックしてみてください。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

県庁の激務度は部署によって異なる

県庁の仕事は部署によって千差万別になっています。多くの判断をする必要がある部署においては、シンキングや調整のための時間が必要になってくるので、自然と勤務時間が長くなるようです。

ルーティンをこなす部署については、定量の仕事が完成することや、時間が来ることによってその日の業務は終わるので比較的早い時間に帰ることができます。

県庁が激務と言われる理由

県庁の仕事は部署によっては長時間労働を強いられるので激務と噂されます。さらには激務の部署では長時間労働により体力が必要になるため、自然と体力に自信がある人が集められているという噂もあります。

目次

仕事量が膨大

なぜ、激務かというと仕事量が多いからです。お役所の仕事は書類がそろっていないと何もすることができません。1枚の書類に何人もの印鑑が必要となるのですが、全てを揃えるまでに、何日もかかる場合があります。

人によっては、休日出勤をして仕事を片付けても間に合わない場合があり、1つの案件を片付けるためのステップが増えてしまうのです。部署間をまたぐこともあるので、印鑑を押す役職者が不在となるとその分時間を取られてしまいます。

1年目の職員でも他の先輩職員と変わりなく仕事があるので、慣れてない若手職員にとっては「仕事量が多い」と思うかも知れません。

繁忙期の長時間労働

以前埼玉県庁で、200時間に上る時間外労働をしている職員がいると話題になりました。県知事が、辛辣なコメントをもって、このことを批判していました。ここまでとは言いませんが、全国の都道府県庁においては、繁忙期には長時間労働をしている職員がいるようです。

繁忙期と言われるのは、議会などで予算会議を行う年明けと年度末の時期にあたります。議会でなぜこの予算が必要になるのか納得させるために資料を作り、昨年のデータをまとめるなど、膨大な量の情報を圧縮する必要があります。

また、お祭りなどの大きなイベントがある場合には、その準備のために何カ月も前から動きます。打ち合わせ等が、業務時間外でも開催されることがあるので自然と労働時間も長くなります。

県庁で特に激務なのは財政課・人事課

県庁で特に激務だと言われている部署は、財政課と人事課です。現役の公務員や、元公務員の方の話によると一番仕事をした部署として名前が挙がっています。

この2つの部署は、出世したい人から言えば手を挙げてでも行きたい部署なのです。優秀な人材が集まるので、どんどん仕事をさばいていくと「よく仕事してるな」と見られて激務と思われるかもしれません。

県庁が激務という人の声

一般的には公務員の仕事は楽だという声はよく聞こえてきます。土日は間違いなく休みで定時に上がれて不景気でもリストラされることが無いので安定的というのが楽だと言っている人の意見です。

しかし、実際に働いている人はそのようにはあまり考えていないようです。現役職員の方の声をみてみましょう。

プライベートの時間も返上して仕事を行ったものの、貰える額が見合っていなかったら来月も仕事を頑張ろうという気持ちにはなれないのではないでしょうか。

政令指定都市や中核都市、県庁であれば仕事が忙しいのはある程度、覚悟をしなければなりません。公務員は仕事は世間が持つイメージより楽じゃないようです。

県庁は激務な一方、良いところもある

ここまで、県庁業務の影の部分を紹介してきましたが、ここからはどういう経験を積むことができるのかについて確認していきます。

ただ単に激務という一面を見るだけではなく他の面も見つめてみることで、やりがいを見つけられるでしょう。

社会貢献度の高い仕事ができる

県庁では、国、市町村の双方と仕事を行うことになります。そのため予算感としては中々の規模のものとなります。特に道路や橋などの公共施設は住民の方が使用するものなので、完成した時にやりがいを感じる職員は多いようです。

公務員の仕事は一般住民からは当たり前のことと考えられており、毎回何かをすればありがとうと言われる場面はほとんどありません。ですが、住民がたくさん施設を利用してくれることや、制度を利用してくれる人が増えると、この事業に携わって良かったと思う瞬間が来るかもしれません。

市町村横断的で大きな仕事に携われる

県庁の仕事なので、県全域にまたがるような事業に携わることになります。例えば皆さんが使う水道水を災害時でも滞りなく供給できるように整備を行っています。県内の各河川の管理を行い、各市町村の水道局に水道水を供給しています。

現在、敷設されている水道管の中には古くなって耐久性が低くなったものもあり、大災害の時に壊れてしまうものがあります。これらの水道管を耐震性のあるものや、寿命が長い水道管に取り換えるために県で予算をつくって各市町村に補助金を交付しています。

本庁よりも仕事の自由度が高い?

税金の使い道には、それぞれ納得のいく理由を用意しなければなりません。

都道府県が行う事業は、市町村レベルで行う事業より多様性や広義の社会貢献性が求められます。その点で言うと自由に使える度合いや、職員が横断的に動くことができるというメリットがあります。

例えば東京や大阪に出て行った地元の若者向けのUターン就職は、都道府県が音頭を取っている場合があります。その際には様々な部署や県内の事業者となど仕事をすることができます。

県庁に向いている人

県庁職員として働く人にはどういった人が多いのでしょうか。

公務員の仕事は客観的な評価がしにくい仕事になるので、他者からの評価が今後の公務員人生に大きく影響してくるのです。

その他にも適正として以下のことが挙げられています。

物事を正確に遂行するのが得意な人

役所仕事なので、スピードや良い面だけでなく、マイナスやミスが少ないというのは重要な資質です。民間であれば、スピード重視でなおかつ成績を上げなければ評価はされません。

民間では、必要ないだろうという書類でも一枚一枚丁寧に作成する必要があります。最近では公文書公開制度の導入があり、住民からの要請があれば作成した書類を公開しなければなりません。

そのため、一言一句ミスのない書類を作成していないと、そのミスを追及されることがあり、その対応に時間を取られて労働時間が増えてしまうことにもなるので正確な仕事ができる人が求められるのです。

ルールを尊重するのが好きな人

基本的にはルールを尊重したり、やり方が決まっていたりする仕事が多いです。そういったことをコツコツと積み重ねていける人は向いていると言えますが、0→1を生み出したい人は向いていないです。

業務の中には、これはやる意味があるのかと疑問をもってしまうような内容もあります。そんなものでもルールを守って問題を起こさず仕事を進める人が評価は高いようです。言われたことを嫌がらずできる人、あくまでも仕事だと割り切ることができる人にはおすすめの仕事です。

換言すると、ルールに対して疑問を持たない人、仕方のないものだと考えられる人は公務員に向いていると言えます。

また突然ですが、本気で第一志望の企業から内定を得たくありませんか。そのような就活生の方に朗報です。年間1,000人以上の就活生を、人事や企業の欲する回答を理解することで自信を持って内定獲得まで伴走するのがこのAbuild就活です。
テストで就活力が分かるだけでなく、就活で最も差がつく自己PR法の伝授、あなたにあったオリジナルの就活戦略までたった1回のカウンセリングで可能です。しかも「無料」で、気になった方はここからチェックしてみてください。

県庁では働き方改革が浸透していない

多くの県庁で働き方改革の取り組みが発表されているのは事実ですが、成果が徐々に出始めている民間に対して、公務員の働き方改革の効果を実感するには程遠い現状です。また、公務員という特性上、内実が表に出ることが少ない点も働き方改革が進まない原因だと考えられています。

民間企業では過労死がメディアで大きく取り上げ、SNSでも反発が広がるなど、世間からの反感が働き方改革を促進する1つの動機になっていましたが、公務員にはそれがありません。そういった点でも、スピード感を伴って環境が改善する可能性は少なそうです。

まとめ          

激務と言われている県庁の仕事ですが、特に忙しいのは出世コースの部署である財政課と人事課です。公務員の仕事には特徴がありそれぞれの部署によっても仕事が異なるので志望する前によく仕事内容を調べておくと良いでしょう。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる