商社の飲み会は激しいのか!?種類別に徹底調査!

商社業界は飲み会が多い業界と言われますが、なぜ多いのかについてはあまり語られていません。商社業界に就職したい学生の間では、この飲み会が一つの不安要素であるともいえます。今回は商社における飲み会の種類や頻度、かかる費用等をご紹介します。

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

商社とは

そもそも商社業界といったいどのような業界なのでしょうか。以下ではまず商社業界について説明します。

商社は幅広い産業と密接にかかわっており、原料や加工、サービス等その産業にまつわるあらゆる商材を扱って、売り手と買い手を結びつける仲介業を生業としています。

また、商社が持つ膨大な情報を駆使して、新規販路の開拓や物流構築、M&A等、グローバル且つダイナミックなビジネスが体感できる業界です。

商社の飲み会は3種類ある

世間一般では、商社業界はIT業界やその他の業界と比較して、飲み会の頻度は多いと言われています。

ビジネスの特性上、関わる会社や人が多い業界ですので、必然的に接待の場は多くなります。しかし、社内での飲み会も多い業界でもあります。

下記で飲み会を3パターンに分類し、なぜ商社業界は飲み会が多いのかを紐解きます。

目次

商社内での飲み会

身内だけの気楽な会と油断してはいけません。商社業界での社内懇親会は、お客様との会食を想定したリハーサル的位置付で行われる場合があります。

特に若手社員は、「部全体の懇親会」や「若手懇親会」等の幹事役を任せられる場合が多く、その際のお店選びや席次、案内等上司・先輩に細かくチェックされます。

社内の人が取引先だったらという意識で飲み会を準備し、進行していく必要があります。

また、飲み会中に余興等の芸を要求される場合がありますので、事前に備えておくと心に余裕が生まれます。

取引先との接待

取引先との接待は、仕事の一環となるので費用面よりも時間的拘束が大きいのが特徴です。主に中堅社員以上が赴くケースが多く、新入社員の内から参加することは少ないです。

対取引先になりますので、緊張感は社内での飲み会以上ですが、大切な接待にもなると、自分以外に上司や、ひいては役員とともに赴くこともあります。

取引先との接待では、お店までの誘導や手土産手配、お酒作り、帰りのタクシー手配等、社内での飲み会にはない気配りが必要です。

事前に参加される取引先の食事の好みや、アレルギーの有無等、取引先が喜んでもらえる工夫をすべく、情報収集する必要があります。

合コン

社内での飲み会や取引先との会食と違い、若手でもおごりが多くなるので、出費は多くなります。ただ、全く行かない人もいるので、人によるジャンルと言えます。

商社の人は合コンでよくモテると聞きますが、社内外の辛い懇親会を乗り越えてきた賜物と言えるでしょう。

仲間内の合コンだとよいですが、先輩とともに行くケースもあります。その際は、自分の目的を念頭に置きながらも先輩の顔を立てることも忘れないようにしましょう。

合コンでの立ち回りが、その後の仕事のやりやすさに良くも悪くも影響することがあるので注意が必要です。

商社の飲み会の拘束時間

商社の飲み会の拘束時間は、長いものもあれば短いものもあります。楽しい時間になればいいのですが、辛く長い時間があることも事実です。

先ほどの飲み会パターンを使って、拘束時間についてお話します。

社内・合コンは自分の意思で決められる

社内の飲み会や合コンは、内容よりけりですが自分の意思で参加可否を決めることができます。

社内の飲み会では、自分が幹事の飲み会や自分の歓迎会は別ですが、昨今、アルハラ等コンプライアンスが厳しくなり、強制的に参加させられるケースは殆どないと言えます。

余談ですが、社内の飲み会は普段話せない社員や上司と会話できるチャンスでもありますので、参加するメリットがあるとも言えます。

合コンは社内の飲み会に比べると、より自分の意思が尊重されるでしょう。毎日のように行っている人もいれば全く行かないという人もいます。

行きたい場合は行く、行きたくない場合は強制されないと選択できるのが、この2つのパターンの特徴です。

社外の接待では朝までかかる場合もある

取引先との接待は、社内の飲み会や合コンと違い、多少の我慢が必要です。取引先との接待には、どうしても「仕事の一環」という側面が強いからです。

社内の飲み会や合コンでは、言わば自分たちサイドで会全体をコントロールできますが、取引先が絡むと主導権は取引先にあります。

カラオケに行きたいと言われれば一緒にいかないといけない時もありますし、今日は朝まで飲もうと誘いを受ければ、無視にするわけにはいきません。

お誘いを受けても「いえ、私は1次会で失礼します。」といった行為は、その後の取引にも支障が出かねません。

商社の飲み会が行われる頻度

飲み会の種類が3種類に分かれますので、社内の飲み会は所属部署にもよりますが、若手の人の多くは週に複数回飲み会に参加します。

また、季節によっても頻度が変わってきます。わかりやすいのが、12月の忘年会シーズンです。

大きな取引先にもなれば、パーティー形式で開催されるケースもあり、必然的に頻度が上がります。

商社の飲み会代事情

商社は給料がいいと言いますが、出費としての飲み会代は大きなウェイトを占めます。

飲み会の3パターンの中でどの飲み会が一番出費がかさむのかを紹介します。

商社内での飲み会は年次による

社内での飲み会は、極端ですが、新入社員と部長では給料に差がありますので、若手は会費を抑えてもらえるケースが多いです。

しかし、自分の年次が上がれば上がるほど、負担割合は大きくなることを意味します。

会費の傾斜は職種で決めることが多く、例えば管理職・総合職・事務職で段階訳をする等です。年次にばらつきがある場合は、職種からさらに細分化するケースもあります。

社内での飲み会の幹事を任せられた場合は、この会費決めも役割の一つです。揉めやすい部分でもありますので、先輩とよく相談して決めるとよいでしょう。

接待は経費が中心

商社はお客様ありきの商売ですので、交際費を使ってお客様をもてなすという風潮が根強いです。 領収証をもらって精算したり、行きつけのお店であれば請求書払いでお願いするケースもあるでしょう。

昔と違って湯水のように交際費が使えるわけではなく、枠が決まっていることが多いため、景気動向によっては頻度が下がることもあります。

派手な使い方をすると社内で交際費として認められないこともありますので、超過分は自費扱いとなる場合もあります。

その会食内で、自分が一番下の立場ですと、会計を任せられるケースがあります。金額が高額になる場合が多いため、クレジットカードは忘れずに作っておきましょう。

合コンでの負担は大きい

先輩と一緒に参加するケースでしたら、傾斜がかかって少し負担が抑えられることもありますが、もともとの負担額が大きいのが合コンの特徴です。

社内懇親会では、1次会で終わることも多いですが、合コンとなると話は別です。2次会・3次会等さらに費用負担が増すことを覚悟しないといけません。

若手の内は他業界と比べ給料は良いものの、合コンばかり参加していると、お金が潰えてしまい、借金をしてしまったというケースもあります。

商社マンは合コンでは市場価値が高いため、誘いが多いのも事実です。借金は、それゆえの弊害ともいえるでしょう。

商社の飲み会における女性総合職

最近は商社業界も女性総合職が多く採用されるようになりました。

女性総合職は、飲み会ではあくまで総合職として扱われることがほとんどです。女性であったとしても、多少の芸はコンプライアンスの範囲内で求められる場合があります。

会費についても、男性・女性という区分分けは通常行われませんので、総合職の金額を払う必要があります。

飲み会が原因で商社を辞める人は少ない

飲み会の大変さを記述してきましたが、飲み会がつらいからという理由で退職する人はごく少数です。

またお酒が飲めないけど飲み会という場が好きな人は全く問題ないありません。しかし、飲み会自体が嫌いな人は、商社業界を目指すことをあまりお勧めしません。

最近ではセクハラやパワハラ等、コンプライアンス上、常軌を逸した激しい飲み会は、企業の品格を落とす行為となりますので厳しくなっています。

近年は飲み会についてのコンプライアンスミーティングが定期的に
開催されており、意識づけが徹底されています。

会社によっては飲み会の少ない会社もあると思いますので、どうしても商社業界で働きたい人は会社説明会や選考を受ける中で、社員に実態を聞いてみるとよいと良いでしょう。

bizual就活無料面談サポートを活用しよう!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

まとめ

今回は、商社の飲み会事情にフォーカスを当てて解説しました。飲み会は、コミュニケーションを円滑にする一つのツールにすぎません。

しかし、商社業界では飲み会が大切な一要素であることも事実です。たかが飲み会、されど飲み会という業界ですので、就活をされる方はひとつの意見として頭の片隅に残しておくと良いでしょう。

就活、、もうどうしたら良いかわからない。そんなあなたへ!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

  • 業界選びで悩んでいて、自分に合った業界についてフラットな目線でアドバイスしてほしい
  • 「持ち駒」がなくなって次どうしたら良いかわからない
  • とにかく早く内定が欲しい etc

そういった悩みを持つ学生はぜひbizual無料就活サポート面談を受けてみてください。

あなたに合った業界選び、企業選び、内定までの徹底サポートなど、専門のキャリアアドバイザーが親身に寄り添ってサポートさせていただきます。

また、面談後も下記就活サポートが全て無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実
目次