保育士は激務?「辛い」「辞めたい」評判の真相や激務の理由を解説

保育士は、仕事が大変にもかかわらず給与が少ないので辛くて辞めたいという声をよく聞きます。そのため、保育士は激務というイメージが強いですが実情がどうなっているか気になる方も多いのではないでしょうか。この記事では保育士の実情に迫るため、激務と言われる理由や今後の働き方改革についてご紹介します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

保育士とは

保育士とは、保育所や児童福祉施設において子供の保育を行う者で国家資格の1つです。保育士の仕事としては、以下が挙げられます。

  • おむつ交換や着替えの補助で身体を清潔に保つ
  • 水分補給、おやつや食事を提供する
  • 年齢や発達スピードに合わせた成長の手助け

保育園に通う子供は、まだコミュニケーションがスムーズに取れないため、気持ちや体調の変化を把握し、適切な保育をすることが求められます。

一般的な保育士の1日のスケジュール

保育士の業務は、1日の時間帯で異なっておりいずれの時間帯においても多忙を極めます。以下は、保育士のおおまかな1日のスケジュールとなります。

業務は、保育士の出勤時間によって異なりますが、園児から片時も目が離せないので大変な仕事です。

保育士が激務と言われる理由

保育士は、人気の職業の1つですが仕事が辛くて辞めてしまったという人も多いようです。そもそも、なぜ保育士は激務だと言われるのでしょうか。

この見出しでは、保育士が激務だと言われる実態を把握するために、その理由を8つお伝えします。保育士になりたいという方は、ぜひ参考にしてください。

目次

理由①|子供の面倒は体力勝負

1つ目の理由は、子供の面倒は体力勝負だからです。一般的に、1歳を過ぎた幼児は徐々に歩き始め、特に男の子は体力があります。

1日24時間の中で寝ている10~12時間以外はずっと動き続けるため、その面倒を見る保育士も体力が必要となります。

また、保育園ではだっこや肩車など常に10kg前後の子供を世話することとなるので、必然的に体力を使うこととなり、激務だと言われるのです。

理由②|保護者対応も大変

2つ目の理由は、保護者対応も大変だからです。保育園に子供を預ける保護者は、仕事をしていることが多く連絡をする機会は限られます。

朝夕のお迎えや保育日誌でのやり取りがメインとなりますが、その中で子供の成長状況を適切に伝えなければなりません。

子供の体調不良が続いたり保育指導に満足してもらえない場合、保護者から不満を寄せられることもあるので、保育士の仕事は激務だと言われます。

理由③|シフトが形骸化して長時間労働になる

3つ目の理由は、シフトが形骸化して長時間労働になるからです。上述の通り、保育園の仕事は大きく分けて早番と遅番があります。

しかし、日本では慢性的に保育園や保育士が不足しているため、実際にはシフトの時間とは異なった長時間勤務をせざるを得ないという状況になっています。

朝7時に開園とともに出勤して、閉園まで保育をしなければならないこともあります。長時間勤務は、業務内容自体が大変な保育士にとって大きな負担なのです。

理由④|常に子供のペースに合わせる必要がある

4つ目の理由は、常に子供のペースに合わせる必要があるからです。保育園に通う0から5歳児の子供は、まだ意思疎通をスムーズに行えません。

食事睡眠や遊ぶ時でもマイペースとなるので、保育士は子供に合わせなければなりません。スケジュールがあっても、子供の要望に応じてズレることは日常茶飯事なのです。

子供のペースに合わせることで、スケジュール管理が極めて難しい中で働く労働環境は、とても激務だとわかります。

理由⑤|書類作成・事務の負担が大きい

5つ目の理由は、書類作成・事務の負担が大きいからです。保育園では、保育日誌や連絡用のプリントなど書類作成・事務をする機会が多々あります。

会社でのデスクワークとは異なり、座って書類作成・事務をのんびりすることができないので、昼寝の時間帯など短時間で行うことが求められます。

毎日の育児で肉体的に疲弊する中、短期間での書類作成・事務は精神的な負担も極めて大きいので、保育士は激務で辛い仕事だと言われます。

理由⑥|イベントの用意で頑張りすぎる

6目の理由は、イベントの用意で頑張りすぎるからです。保育士にとって、遠足や運動会などのイベントの用意は最も楽しい業務の1つです。

普段、子供と触れ合う時間が限られている親御さんも参加するため、子供たちと共にイベントをできる限り盛り上げようと必要以上に頑張りすぎてしまいます。

手作りのプログラムや当日の衣装など、1つ1つの準備に膨大な時間を有することをいくつも行ってしまうので、結果としてイベントの用意が大変な業務となるのです。

理由⑦|圧倒的に給料が低い

7つ目の理由は、圧倒的に給料が低いからです。保育士の仕事は、子供の保育を長時間にわたって行い、事務処理もするとてもハードな内容です。

しかし、全国の保育園で働く保育士の平均給与は年収300万にも満たないと言われています。時給に換算すると、コンビニやファミレスを下回る給料にもなりとても低いことがわかります。

給料は、働くことのモチベーションに繋がるので保育士のようにとても低い場合には大きな問題となります。中には、保育士の仕事が好きでも、生活ができず辞めてしまう人もいます。

理由⑧|人手不足で休む暇がない

8つ目の理由は、人手不足で休む暇がないからです。 保育園では、保育士1人当たりが面倒を見る子供の数が決まっていますが人手不足な状態です。

毎年、多くの学生が保育園に実習で参加し保育士になりますが、同様に保育士を辞めてしまう人も大勢います。そのため、保育園ではいつまでたっても人手が足りているという状況になりません。

保育士が足りていなくても、子供を預けなければならない親御さんは大勢います。その結果、必然的に休みを返上して働き続けることになり、激務だと感じるのです。

保育士は激務な一方、いいところもある

保育士が激務だと言われる理由がわかりましたが、いいところもあります。

  • 自分ではほとんど何もできない子供の面倒がみられる
  • 子供の成長を間近で見守ることができる
  • 保育という大変な仕事をしてくれることに親御さんから感謝される

このように、保育士の仕事は激務ですが一方でやりがいを感じることができます。

保育士の働き方改革は今後進展する可能性がある

保育士の働き方改革は、今後進展していく可能性があります。野村総研が潜在保育士の就労意欲が高いことを示すアンケート結果を発表しましたが、フレキシブルな労働環境が整備される見通しです。

労働環境が整備されることで、結果的に既存の保育士の労働環境の改善にも繋がることが期待されています。

保育士以外にも激務な仕事はまだまだあります。激務な業界・職業TOP10をチェックしたい方は、以下の記事をご覧ください。

記事に飛ぶ

保育士を長く続けるには職場選びが大切

保育士は、やりがいが大きい仕事である一方で激務でもあるため、働く職場選びが大切になってきます。以下では、推奨される保育園とその理由を簡潔にご紹介します。

大規模保育園

1つ目は、大規模保育園です。大規模保育園では、受け入れている子供の数も多いため、国や自治代から一定の支援がされているケースが多いと言えます。

保育士にとって、給料は死活問題ともいえるので少しでも良い給料の保育園を選ぶことが必要となります。大規模保育園では、中小規模の保育園よりも高い給料が期待できます。

小規模保育園

2つ目は、小規模保育園です。小規模保育園では、給料がそれほど高くはないかもしれませんが、受け入れる子供の数が決まっており負担も比較的少ないです。

保育をする子供の数は、多ければ多いほど肉体的にも精神的にも負担が大きくなります。小規模保育園なら、大規模保育園と比べて無理をし過ぎない働き方が期待できます。

まとめ

保育士は、子供の成長を間近で実感できる良い点がある一方で、仕事自体が大変なため激務と言われているとわかりました。

仕事が大変でも、子供が好きで頼りにされたいという方は保育士を目指してみてはいかがでしょうか。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる