マネキンとは試食・販売スタッフ!仕事内容からクレームの不安まで徹底解説!

マネキンとはお店が売りたいと考えている商品をお客さんに説明するスタッフのことです。マネキンは、売上向上に貢献するなどのメリットがありますが、その仕事は難しいと言われています。そこで今回は、マネキンの仕事、適性やその仕事に関する不安などをお伝えします。今後、マネキンのアルバイトをする方はご参照下さい。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

マネキンとは販促スタッフのこと

マネキンとは、端的には商品の販売促進をするスタッフです。そして、マネキンは調理が必要な商品を担当する係と、不要な係の2つに分かれています。

例えば、前者はプルコギのマネキンで後者はビールのマネキンなどです。いずれも、お客さんに商品の魅力を説明し売り込むことで、販売促進を実現することを目的としています。

マネキンの仕事の難しさ

マネキンは、お客さんに対して商品の販売促進をしますがその仕事は容易ではありません。なぜなら、手元の商品がどのような魅力を持つのかを適切に伝え、お客さんの購買意欲を高めなければならないからです。

目次

商品知識が必要

マネキンの仕事が難しい1つ目の理由は、商品知識が必要だからです。例えば、輸入されたカニのマネキンをしているとします。この場合、お客さんは原産地、料理方法や国産のカニとの違いなどを細かく質問してきます。

そのため、マネキンをする人は商品に関する基本的な情報を覚えておかなければなりません。さらに、お客さんがその商品を高くても買う価値があると思うよう、付加価値となる知識もさらに必要であると言えます。

調理に関する知識が必要

マネキンの仕事が難しい2つ目の理由は、調理に関する知識が必要だからです。一般的に、スーパーに食材を買いに来るのは自ら料理をする主婦層が多い傾向にあります。そのため、料理に関する知識は主婦層と同等かそれ以上でなければなりません。

また、表面的な調理知識だけではどのような味や食感なのかを正確に伝えられません。したがって、実際に料理をして食べているかのように商品を食レポすることも求められます。

品出しのタイミング

マネキンの仕事が難しい3つ目の理由は、品出しのタイミングです。スーパーマーケットは、一般的に8~9時頃開店をして夜の20~21時頃に閉店をするので、およそ12時間の営業時間でマネキンをすることができます。

時間帯によって、お店へ来るお客さんの層や買おうと考えている商品も異なります。したがって、どの時間帯で商品を品出しするのか、最適なタイミングを考えながらマネキンをすることが必要なのです。

マネキンの仕事のメリット

マネキンの仕事は、極めて難しいですが経験によって多くのメリットを得られることができます。仕事をするにあたって、どのようなメリットを享受できるのかを理解することは、正しく仕事を選ぶ手段にもなります。

比較的待遇が良い

マネキンをする1つ目のメリットは、比較的待遇が良いことです。上述の通り、マネキンはその商品に関する知識を有したうえで、お客さんに売り込まなければなりません。

そのため、他の職種より精神的にも肉体的にも大変です。そこで、マネキンは比較的待遇が良い仕事となっていることが通常なのです。

プレゼン能力が鍛えられる

マネキンをする2つ目のメリットは、プレゼン能力が鍛えられることです。プレゼン能力とは、相手に対して何かを端的に伝え発表することで、社会人では必須のスキルだと言えます。具体的には、以下が挙げられます。

  • お客さんが聞き入ってくれる数十秒の間で話をまとめて伝える
  • お客さんに対して、商品のメリットをわかりやすくアピールする
  • お客さんの目線から、なぜその商品を買うべきかを考えて話せる

以上のように、マネキンは社会人と相違がないほど実践的な仕事です。このため、マネキンをするメリットは大きいと言えます。

人間関係に悩まされずに済む

マネキンをする3つ目のメリットは、人間関係に悩まされずに済むことです。普通、一緒に働く人との協働が必要なため人間関係に悩むことは多いでしょう。

しかし、マネキンをする場合自分一人で特定の商品を担当します。そのため、人間関係に悩むことなくお客さんへ商品を売り込むことに集中できると言えます。

マネキンの仕事の適性

マネキンは、通常とは異なるスキルを求められる仕事であり適性が必要となります。そこで、以下ではマネキンの仕事に向いている人と向いていない人のポイントを、それぞれご紹介します。

この情報を参考に、マネキンの仕事の適性があるのか、もしくはないのかを確認してみてはいかがでしょうか。

マネキンの仕事に向いている人

マネキンの仕事に向いている人は、主に以下の3つに該当する人です。いずれも、マネキンという商品の販売促進を行う仕事に重要であります。これらのポイントは、いわばマネキンとして仕事を成功させられるかどうかの判断軸でもあります。

①立ち仕事が苦でない人

マネキンの仕事に向いている人の1つ目の特徴は、立ち仕事が苦でない人です。マネキンは、通常一か所に立ち続けて商品の販売促進を行います。そのため、必然的に立ち仕事となるため体力が求められると言えます。

また、長時間立ったままだと人間は疲労してしまうため声や顔の表情が悪くなります。しかし、マネキンはお客さんが商品をより魅力的に捉えるための仕事でもあるため、立ち仕事で疲れていてもそれが売り込みに影響をしてはいけません。

②接客・説明が好きな人

マネキンの仕事に向いている人の2つ目の特徴は、接客・説明が好きな人です。マネキンの仕事は、商品を売り込む際にお客さんへの接客と説明を行います。これにより、商品の良さを知ってもらい買いたいという願望を抱いてもらうのです。

また、お客さんから商品に関して唐突な質問をされることもあります。そのため、質問の内容に関わらず商品の良さを正しく伝えて、かつお客さんから聞いてよかったと思ってもらえるようにする必要があるのです。

③断られてもめげない人

マネキンの仕事に向いている人の3つ目の特徴は、断られてもめげない人です。マネキンとして商品の売り込みをする場合、たいていのお客さんは説明を聞きながら通り過ぎてしまいます。また、立ち止まっても買うのを断る人が大半です。

そのため、マネキンとして働くにはお客さんから商品を要らないと言われ続けても、めげない心が不可欠です。この商品の良さを感じて、買いたいと思うお客さんが現れることを信じ、販売促進を続けなければなりません。

マネキンの仕事に向いていない人

マネキンの仕事に向いていない人の特徴としては、以下のポイントに該当する人が挙げられます。いずれも、表立って接客をすることが苦手であり、かつ辛抱強く結果がでるまで同じ仕事を続けるのが苦手な人といえます。

  • お客さんと話したり、質問を受けて商品の説明をしたくない人
  • お客さんから断られると、途端に心が折れてしまって商品を売り込めない人
  • 商品の魅力を記憶して、それをお客さんにも共有したいという熱意がない人

もしも、このようなポイントに該当してしまう場合にはマネキンという仕事を諦め、別の仕事を探すと良いでしょう。

マネキンの仕事に関する3つの不安

マネキンという仕事は、アルバイトや正社員の中でも珍しいと言えます。そのため、実際にマネキンの仕事をするとなると不安を感じるという方も多いのではないでしょうか。

そこで、以下ではマネキンの仕事をすることに不安を感じる方に対して、よく挙げられるポイントを3つお伝えします。

初めてでも大丈夫か

マネキンの仕事における不安の1つ目は、初めてでも大丈夫かというものです。スーパーなどで見かけるマネキンの方は、既に経験を積まれているため堂々としており、それによって不安を感じてしまうのでしょう。しかし、どんなに優れた方でも最初はマネキンをやったことはないので、失敗を恐れずにトライすると良いでしょう。

客から怒られることはあるか

マネキンの仕事における不安の2つ目は、客から怒られることはあるかというものです。マネキンをしていると、お客さんから商品に関する質問を受け、その場で即答しなければならないです。しかし、中にはその答えに満足しないお客さんもいます。その場合、商品をお買い上げ頂き感想を聞かせて下さいなどとお願いしましょう。

どうやって求人を探すのか

マネキンの仕事における不安の3つ目は、どうやって求人を探すのかというものです。マネキンという仕事をやってみたいと思ったとしても、求人広告でピンポイントにそれを見つけることは難しいです。期待をして応募をしても、違う職種では意味が無いので、マネキンの求人を専門に扱うサイトや会社を利用すると良いでしょう。

大手でおすすめのマネキン会社

マネキンの求人に特化した会社としては、以下の3つが挙げられます。いずれも、マネキンの求人に特化して探す際に大変便利な会社です。

  • 試食販売を中心としたマネキンの求人を扱う司マネキン紹介所
  • 50年以上にわたってマネキンの求人を提供してきた富士ワークネット
  • 雑貨と試食販売に関するマネキンの求人を扱っているアイン

マネキンの仕事に少しでも興味がある方は、ぜひ各社のサイトをご覧ください。

まとめ

マネキンとは、商品の販売促進を行う仕事でありプレゼン能力の向上などが期待できる一方で、適性が求められる仕事であるとわかりました。マネキンは、営業職の仕事にも密接するため学生のうちから売り込む経験を積みたい方は、ぜひ求人を扱うサイトをご覧ください。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる