プロデューサー・ディレクターの違いとは?|それぞれの概要や疑問3選を紹介します!

メディア系の会社には、プロデューサーとディレクターの仕事がありますが、両者の違いは何でしょうか。また、プロデューサーとディレクターの年収や給料が気になる方もいらっしゃると思います。本記事では、まずプロデューサーとディレクターとは何か概要をご説明します。続いて、両者に関する疑問へお答えします。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

プロデューサー・ディレクターとは

プロデューサーやディレクターという言葉は、聞いたことがあるけれど、言葉の意味で使われているのか知らない方もいらっしゃると思います。

そこでこの見出しでは、プロデューサーとディレクターの意味をそれぞれ解説致しますのでご参照ください。

目次

プロデューサーの意味

プロデューサーとは、制作を意味する「Produce」に人を表す「er」がついた英単語であり、「Producer」と記載します。

  • テレビ・ラジオ業界における製作者
  • 映画業界の製作者
  • ゲーム業界の製作者

以上のように、プロデューサーは幅広い業界における製作者として用いられる単語であり、何らかの物品を製作する人という意味になります。

ディレクターの意味

ディレクターとは、監督や制作責任者を意味する「Director」という英単語を日本語表記にした言葉です。

  • チームメンバーの管理
  • 企画から製作まで全体管理を行う

具体的には、このような役割をディレクターは担っていますが、プロデューサーと同様に様々な業界において用いられる言葉となります。

プロデューサーの概要

本見出しでは、プロデューサーの概要として以下4つのポイントを解説致します。

  • 仕事内容
  • 年収
  • やりがい
  • 向いている人

また後続の見出しでは、ディレクターの概要も説明致しますので、両者の違いをぜひご確認ください。

プロデューサーの仕事内容

以下が、プロデューサーの仕事内容になります。

  • クライアントとの折衝
  • 企画提案
  • チーム編成
  • 予算と時間管理

プロデューサーは、番組制作でもゲーム制作においても、あるプロジェクトの完遂に向けた業務を取り扱うこととなります。

そのため、プロデューサーは対外的な業界に加えて内部の調整も行わなければならず、仕事の範囲は多岐に渡ると言えます。

プロデューサーの年収

以下では、プロデューサーの年収を番組制作会社とテレビ局に分類してお伝えします。

このように、番組制作会社よりはテレビ局の方が平均年収のレンジは高くなっておりますが、年齢により平均年収の幅があると考えられます。

ただし、番組制作会社でもテレビ局においても、制作した番組などがどれだけ人気となったかで評価にも繋がるため起伏があるとも言えます。

プロデューサーのやりがい

以下では、プロデューサーの仕事におけるやりがいをご紹介致します。

  • 取引先とのすり合わせや交渉
  • 番組などの制作アイディア出し
  • メンバー毎の役割分担
  • 担当業務のプロジェクト管理

このように、プロデューサーのやりがいは対外的なやりとりのみならず、社内でも企画から実行までの全体管理を担える点にあります。

1つ1つの業務では、経験や地検に基づく判断が求められますが、プロデューサーという立場だからこそできる管理業務のやりがいを味わえます。

プロデューサーに向いてる人

以下では、プロデューサーに向いている人の特徴をご説明しますので、目指す方はご自身と比較してみてはいかがでしょうか。

  • 協議の中で取引先のニーズを把握できる
  • 創造性に富んでいる
  • チーム指導のリーダーシップがある
  • プロジェクト管理力を有している

プロデューサーに求められるのは、対人コミュニケーション力のみならず、クリエイティブ性といった芸術性もあると言えます。

また、リーダーシップやプロジェクト管理力は、ビジネスの世界における管理者スキルであり、包括的な能力を持つ人が向いているとわかります。

ディレクターの概要

この見出しでは、プロデューサーとの比較を目的としてディレクターの概要をご紹介します。

  • 仕事内容
  • 年収
  • やりがい
  • 向いている人

ディレクターは、プロデューサーと関わりの深い仕事ですが混乱しやすいので、両者を明確に理解できるよう整理して覚えましょう。

ディレクターの仕事内容

以下が、ディレクターの仕事内容となります。

  • チームメンバーとの制作現場業務
  • チームメンバーの管理
  • プロデューサーへの進捗報告

ディレクターは、1つの制作事業において現場の総指揮を担いますが、同時にチームメンバーのリーダーとしても役割を果たすことになります。

また、ディレクターはプロデューサーと協力をし合いながら制作物の完成に向けて、都度報告をして歩調を合わせることも求められます。

ディレクターの年収

以下では、ディレクターの年収を番組制作会社とテレビ局に分類してお伝えします。

このように、ディレクターの平均年収は職位の上下を加味するとプロデューサーよりは全体的に低い傾向であると考えられます。

一方で、ディレクター同士の年収を比較した場合には、プロデューサーと同じようにテレビ局の方が番組制作会社よりも高い結果になります。

ディレクターのやりがい

以下では、ディレクターのやりがいをご紹介しますので、プロデューサーと比較をしつつご参照ください。

  • 中間管理職としての実行と管理
  • チームメンバーとの協働

ディレクターは、ある番組制作において社内メンバーとの業務がメインになるため、中間管理職に位置付けられると言えます。

そのため、同じ業務の達成を目指す仲間を管理しつつ、全体の進捗をプロデューサーと共に考えて取り組むやりがいがあると考えられます。

ディレクターに向いてる人

以下では、ディレクターに向いている人の特徴をご説明しますので、アシスタントディレクターと何が違うのかもぜひ考えてみてください。

  • 番組制作の現場経験が十分にある
  • 共に働くメンバーを指導できる
  • プロデューサーの目標を把握できる

このように、ディレクターは現場管理としての能力のみならず、対外的な窓口であるプロデューサーの右腕とも言える存在です。

自らが取り組むディレクター業務のみならず、プロデューサーが何を目指しているかも考えて業務に反映させる力も必要と言えます。

プロデューサー・ディレクターに関する疑問3選

ここまで、プロデューサーとディレクターの概要をそれぞれご紹介しましたが、2つの仕事に関連した疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

そこでこの見出しでは、本記事の締めくくりとしてプロデューサーとディレクターに関する3つの疑問にお答えします。

①プロデューサー・ディレクターは兼任できるのか

1つ目の疑問は、プロデューサー・ディレクターは兼任できるのかというものです。

既にご説明した通り、プロデューサーとディレクターは業界による多少の違いもありますが、担当する業務範囲が別になっています。

片方の仕事をする限り、もう片方をすることはできないという規制はないため、プロデューサーとディレクターを兼任することは可能です。

しかし、どちらの仕事も極めて多忙を極めるため、実質的には兼任が難しいと考えられます。

②プロデューサー・ディレクターにどうしたらなれるのか

2つ目の疑問は、プロデューサー・ディレクターにどうしたらなれるのかという疑問です。

  • アシスタントディレクター(AD)
  • ディレクター
  • プロデューサー

例えば、テレビ局に就職をしてプロデューサーになるためには、アシスタントディレクターとディレクターを経験することが必要になります。

プロデューサーは、これら2種類の業務経験も元となるため、プロデューサーになるには志望する企業に就職して昇進することを目指しましょう。

③プロデューサー・ディレクターはテレビ局の社員なのか

3つ目の疑問は、プロデューサー・ディレクターはテレビ局の社員なのかというものです。

2つ目の疑問に対して解説をした通り、プロデューサー・ディレクターはいずれもアシスタントディレクターより上の職位となっています。

新卒でテレビ局の社員となった場合、プロデューサー・ディレクターは順調に昇進を続けていけばなれるテレビ局の社員と言えます。

まとめ

プロデューサーとディレクターは、制作業務に関わる職位ですが、担当する業務内容がそれぞれ違うことがわかりました。

そして、プロデューサーとディレクターの年収、やりがいや特徴もお伝えしましたので、就職を志望される方は職業研究を進めてください。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる