アパレル業界は顔採用か!?顔採用の噂の理由と真相を徹底解説!

ファッションや接客が好きで、アパレル業界を目指す就活生は少なくありません。しかしショップスタッフを目指す場合、顔やスタイルに自信がないと尻込みする就活生もいるようです。そこで今回は、アパレル業界は顔採用であるというのは本当なのか、そうした噂が流れる理由などについて解説します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

アパレル業界とは

アパレル業界とは、衣料品産業における既存服の製造業の総称です。そのため職種は幅広いのですが、近年は「SPA」と呼ばれる製造小売業が増えています。

SPAとは衣料品の企画・製造・販売の全般を行う業務体系のことです。

目次

アパレル業界の仕事内容

アパレル業界は「既製服製造卸」「縫製メーカー」「ニットウェアメーカー」「輸入卸」「小売」など、様々な役割で成り立っています。そのため仕事内容も多岐にわたります。

  • 仕入れや価格の計画をたてる「マーチャンダイザー」
  • デザインを行う「デザイナー」
  • 洋服の型紙を起こす「パタンナー」
  • 必要な商品の買い付けを行う「バイヤー」
  • 店舗で商品を販売する「ショップスタッフ」

上記以外にも、様々な職種があります。中でも「ショップスタッフ」は専門的な勉強が不要なので、応募者が多い職種です。

アパレル業界の代表的な企業

アパレル業界は店頭販売だけでなく、インターネットショッピング市場でもしのぎを削っています。代表的な企業は以下の通りです。

  • ユナイテッドアローズ
  • ストライプインターナショナル
  • ワールド
  • オンワードホールディングス

ストライプインターナショナルは「アースミュージックアンドエコロジー」、ワールドは「aquagirl」などのブランドをもち、いずれも若年層に人気のブランドを持つ企業です。

アパレル業界には海外展開している企業も多いため、年によって売り上げや利益率に変動があります。応募にあたっては、企業研究が重要です。

アパレル業界は顔採用という噂がある

アパレルショップのスタッフになりたいと思う就活生が気にする噂に、「業界的に顔採用だ」というものがあります。それはアパレルショップを訪れた際、スタッフの多くがスタイルがよく、キレイあるいはカッコいい人が多いと感じた経験があるからでしょう。ここでは、ツイッターのつぶやきを紹介します。

アパレル業界を志望している就活生の中には、企業研究の過程で顔採用だと信じてしまう出来事に遭遇する人も少なくないことが見て取れます。

実際にアパレル業界で活躍している人の中にも、自社が顔採用だと公言する人がいるのも事実のようです。

アパレル業界が顔採用と言われる理由

ファッションに関わるアパレル業界は顔採用だと噂される理由として、いくつか考えられます。ここでは、その理由について紹介します。

理由①|お店に美人が多い

理由の1つ目は、アパレルショップのスタッフには美人が多いことです。流行のファッションに身を包み、洋服にあうメイクをしているので、より美人に映るのです。

メンズ向けのショップでも同様の傾向があり、スリムなショップスタッフがブランド服を着こなしているとカッコよさがアップします。

理由②|ファッション好きは「イケてる」イメージがある

理由の2つ目は、ショップスタッフはファッション好きな人が集まっているので、「イケてる」というイメージが先行していることです。

スタイルや洋服の着こなし、立ち居振る舞いがステキだと、見る側に心理的なバイアスがかかります。そのため、より顔が良く見えてしまうのです。

顔採用と噂のアパレル業界の真相

アパレル業界が顔採用という噂の真偽ですが、あながち嘘ではないようです。アパレル業界全体が顔採用をしているわけではないのですが、そうした傾向がある企業があるのも事実だからです。

ここではアパレル業界が顔採用といわれる真相について、紹介します。

真相①|美人の方が商品の映りは良い

特にショップスタッフの場合、自社のファッションに身を包んで店頭に立つことになります。その場合、美人の方が商品映りが良くなるのは事実です。そのため、採用試験の内容が同レベルだった場合は、美人が採用される傾向が高いといえます。

真相②|ファッション好きに美人は多い

アパレル業界を志望するファッション好きの学生は、自分を表現することに抵抗がないということですから、自分に対してポジティブな感情を抱く人も多いです。

容姿は自信に直結しますから、そういう意味では志望する就活生に美人が多いのはいた仕方ないことと言えます。

真相③|自分の見せ方を研究しているので良く見える

アパレル業界には、センスが良い人が集まっています。その理由は、自分に何が似合うのか、どうすれば洋服を着こなせるのかといった、見せ方を常に研究しているからです。その成果が表れることで、より美しく見えるようになります。

結論|見た目が評価される人もいる

アパレル業界は顔採用という噂が本当なのかを考えると、見た目で評価されることもあるというのが結論です。前章ではショップスタッフを主な例として取り上げていますが、マーチャンダイザーやデザイナー、バイヤーなど、自社以外の人と関わることが多い職種については、やはりセンスの良さが仕事に多大な影響を与えます。

そのため、アパレル業界の中でも人に接するあるいは見られる職種の場合は、同じ成績であれば見た目が良い人が採用されると念頭に置き、就活を進めた方がよいかもしれません。

アパレル業界志望者へのアドバイス

アパレル業界では顔採用の確率が高いと知り、気落ちしている就活生もいるかもしれません。しかし、すべての企業が顔採用しているわけではないので、きちんと対策を立てて採用試験に臨めば内定に近づけます。

ここでは顔に自信がない就活生が、アパレル業界から内定をもらうための方法を紹介します。

①重要なのは「店のコンセプト」に合致しているか

アパレル業界が採用にあたって最も重視するのは、ショップのコンセプトにマッチしているかどうかです。様々な職種の中でも、ショップスタッフにはこの傾向が強いです。

どんなに美人でも、ファッションの方向性が企業と一致しなければ、採用されることはありません。可愛い系のお店に行ったのに、レザージャケットを着た店員に接客されても、購入に繋がらないからです。

顔に自信のない就活生でも、作りたい製品の方向性や企業の雰囲気に共感したことなどをアピールすれば、内定にグッと近づきます。

②最低限の身だしなみは整えるべき

アパレル業界は、採用する社員が最大の広告塔となります。清潔感のない学生は避ける傾向にあります。

アパレル業界の採用面接を受ける時は、身だしなみがきちんと整えることが大切です。それは洋服のシワや靴の汚れといった身に着けるものだけでなく、髪型やメイク、爪の手入れにも及びます。清潔感さえあれば、容姿が原因で選考に落ちることはありません。

③コミュニケーション能力をアピールしよう

アパレル業界の中でも、人と関わることが多い職種を選ぶ場合は、コミュニケーション能力が求められます。

美人だけど話しかけにくいショップスタッフより、容姿は普通でも親しみやすい人の方が商品購入にはつながりやすいものです。企業が求めるのは、自社に貢献してくれる人材ですから、コミュニケーション能力や明るさは大きな強みになります。

そのため採用面接でも、しっかり担当者の目を見ながら、聞かれた質問に対して自分の言葉で話すことを意識しましょう。

顔採用は差別か

顔採用は差別だと感じる就活生もいることでしょう。みずほ銀行やコーセーは顔採用だといわれていますが、容姿が良い学生はどうしても印象が良く見えるので、選考に通過しやすい側面はあります。

しかし、表情や立ち居振る舞い、コミュニケーションの取り方によって、人の印象は大きく変わります。大事なのは口角を上げて表情を柔らかく見せる、質疑応答の受け答えが優しいといった努力をすることです。それだけで面接官の印象は変わるので、ぜひ試してみてください。

顔採用をするメリット

アパレル業界は顔採用と周知されてしまうと、応募者が減ってマイナスではないかと考える就活生もいることでしょう。しかし現実として、アパレル業界で顔採用をする企業が多いのは、そこにメリットを感じているからです。

ここでは、企業が顔採用を行うメリットについて説明します。

志望する就活生が増える

アパレル業界の中でも顔採用していると噂される企業は、有名ブランドを扱っていることが多い傾向にあります。それは、自社のブランドイメージ向上につながるスタッフを採用したいと、企業が考えていることの表れでしょう。

また就活生から見ると、顔採用で有名な企業に勤めることは、ある意味ステイタスとなります。そのため、自分に自信がある就活生の応募が増えることにつながります。これは企業にとって、大きなメリットなのです。

社内婚や恋愛を促進できる

アパレル業界に限らず、企業が顔採用をする理由の1つに、社内恋愛や結婚を促進できることがあげられます。社員が家庭を持てば生活を安定させる必要があるので、離職率を下げることにつながるからです。

特に社外での出会いが少ない企業には、そうした傾向が顕著なようです。

お客様ウケがいい

顔採用のメリットとして最もわかりやすいのが、お客様のウケが良いことでしょう。営業職や接客業の場合、お客様のウケが良ければ結果に結びつきやすいのです。

これは人間の心理として、見た目が良い人の方が好感を得やすいことが知られているからともいえます。ただし、笑顔が自然であるか否かで、結果には違いが出ます。

まとめ

すべてではないものの、アパレル業界に顔採用があることは現実のようです。しかし、企業が重視するのは自社のブランドイメージにマッチするか否かなので、対策は十分に立てられます。

身だしなみや表情に配慮すると共に、応募する企業がエレガントさを求めているのか、親しみやすさを重視するのかといった、傾向をリサーチしましょう。そのうえで、洋服やメイク、話し方を考えて採用面接を迎えれば、自信を持って臨めるはずです。ぜひ実践してみてください。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる