【2020年度版】エンターテイメント業界の年収ランキングや将来性を徹底解説!

エンターテイメント業界は、年収ランキングで上位になる一方で新卒の倍率が高いと言われています。また、エンタメ業界の中でも人気の企業一覧では自己PRや志望動機が特に重要だと考えられます。本記事では、まずエンタメ業界の職種や年収ランキングをご紹介します。続いて、エンタメ業界への適性や見通しをお伝えします。

転職しようかな、でも選んだ会社が自分に合わなかったらと不安になったことはありませんか。「POSIWILLCAREER」は、20-30代に特化した、キャリアのパーソナルトレーニングです。他社との違いは転職先を紹介するだけではなく、どう生きるかの整理をすることをサービスの主目的としていることです。
あなたの実現したい将来から逆算して、後悔しない人生を生きるために必要な、将来に向けた中長期の人生の指針を一緒に作ります。気になった方は、こちらから無料で相談できますのでぜひチェックしてみてください。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

エンターテイメント業界とは

エンターテイメント業界とは、パフォーマンス、作品やサービスを通して、人々を楽しませたり感動をさせることを目的にしています。

  • アニメーション
  • テレビ・音楽
  • 映像・演劇
  • ゲーム

このように、エンターテイメント業界には人々の暮らしと深く密接しているとわかります。

これらの作品やサービスには流行があり、その時々で売れるものとそうでないものに分かれるため、先を見据えた事業展開が求められます。

エンターテイメント業界の業種

前述の見出しでは、エンターテイメント業界とは何かをご紹介致しましたが、各業界をより詳しく知りたい方もいらっしゃると思います。

そこで以下では、エンターテイメント業界を構成する代表的な6つの業界に関して詳しくお伝えします。

目次

映画

1つ目の業界は、映画業界です。

  • 映画制作会社
  • 映画配給会社
  • 映画興行会社

映画業界では、「制作」、「配給」と「興行」の3つで構成されており、人々に映画を提供しています。

  • 東宝株式会社
  • 東映株式会社
  • 松竹株式会社
  • 株式会社東北新社
  • 東宝アニメーション株式会社

映画業界を代表する企業としては、以上の5社が挙げられますが、各社で募集している職種や年収は異なっていると考えられます。

映画業界を応募される方は、あらかじめ業界分析と企業分析を念入りに行った上で、履歴書の作成と選考対策をすると良いでしょう。

音楽

2つ目の業界は、音楽業界です。

音楽業界とは、楽曲の作詞・作曲、レコーディングや販売によって聞き手である消費者に、音楽の魅力や素晴らしさを伝えています。

  • エイベックスグループホールディングス
  • ソニーミュージックリエンターテイメント
  • ユニバーサルミュージック
  • キングレコード株式会社
  • 株式会社サウンドハウス

音楽業界で人気の企業としては、以上のような企業が挙げられます。

これまで、CDやiTunesによって音楽が提供されていましたが、Youtubeをはじめとするオンライン媒体で競争や生き残りが激化しています。

ゲーム・玩具

3つ目の業界は、ゲーム・玩具業界です。

ゲーム・玩具業界とは、家庭用ゲーム機市場とスマホゲーム機市場に分かれており、多種多様なゲームを世に送り出しています。

  • ソニー
  • 任天堂
  • バンダイナムコホールディングス
  • スクウェア・エニックス
  • ディー・エヌ・エー

ゲーム・玩具業界の有名な企業としては、以上の企業が挙げられますが、家庭用ゲーム機は、近年ソーシャルゲームの台頭で打撃を受けています。

レジャー施設

4つ目の業界は、レジャー施設業界です。

レジャー施設業界とは、大規模なテーマパークや国際的にも人気のキャラクターで集客をしており、数千万人の来場者を動員しています。

  • オリエンタルランド
  • 西武ホールディングス
  • ラウンドワン
  • 富士急行
  • よみうりランド

以上は、レジャー施設業界の中でも知名度と売上が特に高い企業の一覧となります。

世界的にも人気のディズニーを要するディズニーランドや、ユニバーサルスタジオジャパンには毎年数多くの来場者が足を運んでいます。

テレビ・放送

5つ目の業界は、テレビ・放送業界です。

テレビ・放送では、民放が全国の放送ネットに対する広告料金を支払う企業に支えられる一方で、NHKは国営テレビとして知られています。

  • 日本放送協会
  • フジ・メディア・ホールディングス
  • 日本テレビホールディングス
  • 東京放送ホールディングス
  • テレビ朝日ホールディングス

以上が、日本の代表的なテレビ・放送企業であり、内訳は国営テレビ局が1つと民放テレビ局が4つとなっています。

出版

6つ目の業界は、出版業界です。

出版業界とは、書籍や雑誌の他にもマンガや参考書などを販売しており、教育から趣味まで幅広いエンターテイメントを提供しています。

  • 講談社
  • 集英社
  • KADOKAWA
  • 小学館
  • 東洋経済新報社

これらは、単行本から雑誌までを扱う大手出版社ですが、活字離れやペーパーレス化により苦境に立たされています。

【業界別】エンターテイメント業界の年収ランキング

本見出しでは、業界別にエンターテイメント業界の年収ランキングを1位から5位までご紹介します。

こちらは、各業界を通して全体のトップ5入りを果たした企業と業界になります。

全体的に、テレビ・放送業界が独占していることがわかります。

映画業界の年収ランキング

本見出しでは、映画業界の年収ランキングを一挙に5位までご紹介します。

映画業界では、2強の大手映画会社がそれぞれランクインしており、それらを他の企業が追従している状況となっています。

Amazonプライム・ビデオなど、ネットコンテンツとして映画やドラマを放映する媒体が台頭しており、映画業界も厳しい競争に晒されています。

音楽業界の年収ランキング

本見出しでは、音楽業界の年収ランキングを一挙に5位までご紹介します。

音楽業界の年収ランキングでは、知名度が最も高いエイベックスが堂々の1位に輝きました。

音楽業界では、プロデューサーや編曲者などといった職種によっても年収が大きく変わることが考えられます。

ゲーム・玩具業界の年収ランキング

本見出しでは、ゲーム・玩具業界の年収ランキングを一挙に5位までご紹介します。

ゲーム・玩具業界の年収ランキングでは、子供向け玩具を提供する2社が、ゲーム会社を上回る結果となりました。

ゲーム・玩具業界は、大ヒットになりはアニメやマンガなどにより売上が左右されるため、今後の動向にも注目が高まります。

レジャー施設業界の年収ランキング

本見出しでは、レジャー施設業界の年収ランキングを一挙に5位までご紹介します。

レジャー施設業界では、旅行や宿泊関連の業務を営む企業がランキングを独占する形となっています。

ディズニーを有するオリエンタルランドは、非正規雇用社員が多く、年収ランキングに入らないという状況になっています。

テレビ・放送業界の年収ランキング

本見出しでは、テレビ・放送業界の年収ランキングを一挙に5位までご紹介します。

テレビ・放送業界では、上位の企業5社全てで年収1,000万円声という驚異の結果になっています。

CMのみならず、製品やサービスなど幅広い経済効果をもたらすため、テレビ・放送業界は高収入だと想定されます。

出版業界の年収ランキング

本見出しでは、出版業界の年収ランキングを一挙に5位までご紹介します。

出版業界の中では、教育関連の書籍を出版している3社が高い年収を誇っていることがわかります。

また、4位と5位の企業においては、それぞれレジャー向け書籍や趣味関連書籍で強みを持っています。

また突然ですが、本気で第一志望の企業から内定を得たくありませんか。そのような就活生の方に朗報です。年間1,000人以上の就活生を、人事や企業の欲する回答を理解することで自信を持って内定獲得まで伴走するのがこのAbuild就活です。
テストで就活力が分かるだけでなく、就活で最も差がつく自己PR法の伝授、あなたにあったオリジナルの就活戦略までたった1回のカウンセリングで可能です。しかも「無料」で、気になった方はここからチェックしてみてください。

エンターテイメント業界に向いている人・向いていない人の特徴

前述の見出しでは、エンターテイメント業界の年収ランキングをご紹介したので、興味をお持ちになった方もいらっしゃると思います。

以下では、エンターテイメント業界を検討中の方へ、エンターテイメント業界に向いている・向いていない人の特徴をお伝えします。

エンターテイメント業界に向いている人の特徴

エンターテイメント業界に向いている人の特徴としては、以下の3つが挙げられます。

要約すると、人間関係をうまく築きながらも相手を思いやり、世の中に新しいものを提供できる素質を持つ人と考えられます。

特徴①|明るくて人当たりが良い

1つ目の特徴は、明るくて人当たりが良いことです。エンターテイメント業界は、人と接することが業務の根底にあります。

  • ビジネスパートナーと何かを成し遂げたい
  • お客様やユーザーの笑顔がみたい
  • 製品やサービスで人の心を動かしたい

エンターテイメント業界で働く人は、このような動機や目標を抱きながら仕事に望んでおり、優れた社交性は不可欠だと言えます。

特徴②|気配りができる

2つ目の特徴は、気配りができることです。エンターテイメント業界は、縦の繋がりが強くマナーや礼儀は特に重要視されています。

  • 仕事かスムーズに進むための気遣い
  • 気分よく働けるための環境づくり
  • お客さんの立場でのサービス提供

エンターテイメントとは、「人を楽しませる・喜ばせる」という意味の英語表現であり、おもてなしの心を込めることが必要になります。

特徴③|斬新なアイデアを出せる

3つ目の特徴は、斬新なアイデアを出せることです。エンターテイメント業界では、その時期や年の流行り廃りがあることが特徴です。

それまで大流行していたとしても、新しいトレンドの流行に伴い、瞬時に淘汰されてしまうこともあるため、常に新しいアイデアが求められます。

エンターテイメント業界で生き抜くためには、既存の枠に囚われずに新しい風を吹き込む斬新なアイデア力が求められます。

その他の特徴

上記以外で、エンターテイメント業界に向いているその他の特徴は以下となります。

  • 自己・他者プロデュース力がある
  • 我慢強い
  • 野心がある
  • 切り返しの速さがある
  • クリエイティブである

芸能人やエンターテイナーなどは、それぞれ特有の個性を発揮しており、エンターテイメント業界に適していると考えられます。

エンターテイメント業界に向いていない人の特徴

エンターテイメント業界に向いていない人の特徴としては、以下の3つが挙げられます。

要約すると、社交性にかけていて柔軟な考え方ややり方を好んでおらず、繰り返し同じ仕事を続けるのが好きな人と考えられます。

特徴①|人見知りである

1つ目の特徴は、人見知りであることです。人見知りとは、不特定多数の人と即座に距離を縮めることが苦手な人と定義できます。

  • システムエンジニア
  • 経理の事務職
  • 法律の事務職

例えば、以上のような業種では比較的限られた人としか日々関わらないため、人見知りでエンターテイメント業界に向かない人にも魅力的です。

特徴②|自分のやり方に固執する

2つ目の特徴は、自分のやり方に固執することです。エンターテイメント業界では、幅広い企業や業種の人たちが力を合わせて働きます。

  • 自分のやり方が一番効率的だと思う
  • 慣れ親しんだやり方以外は苦手
  • 人にやり方を合わせたくない

このように、自分を中心としたやり方が良いと考える人は、エンターテイメント業界で浮いてしまい向かないと考えられます。

特徴③|決まった仕事をするのが好き

3つ目の特徴は、決まった仕事をするのが好きだということです。決まった仕事とは、いつも同じ流れで同じ内容を行うルーティンワークです。

エンターテイメント業界では、変わりゆくトレンドを見越しながら新しい仕掛けをどんどんしていかなければなりません。

そのため、確立された仕事だけをやりたいと考えるタイプの方には、エンターテイメント業界が合わないと考えられます。

その他の特徴

上記以外で、エンターテイメント業界に向いていないその他の特徴としては、以下が挙げられます。

  • コツコツ努力することが好き
  • 皆を仕切りたいと思う
  • 研究熱心である
  • 効率性を求める
  • 利益第一主義である

エンターテイメント業界に向かない人として、金融や公務員など硬いイメージの企業や、コンサルのように能力を売る特徴を持つ人となります。

エンターテイメント業界の将来性

エンターテイメント業界に向いている人・向いていない人の特徴がわかりましたが、業界の動向はどうなのでしょうか。

本見出しでは、2つの動向からエンターテイメント業界で今後考えられる動きをお伝えします。

動向①|産業衰退の早期化

1つ目の動向は、エンターテイメント産業衰退の早期化になりうるという懸念です。

IT技術の高まりとともに、現在世界的には第4次産業革命(Industry 4.0)と呼ばれていますが、これはあらゆる業界の壁を即座に破壊します。

例えば、かつてはCDが音楽を聴く必須ツールでしたが、ストリーミングやネット配信技術により瞬く間に衰退の危機にさらされています。

エンターテイメント業界でも、この影響で既存のサービスや製品が新たなものに代わる可能性が大いにあります。

動向②|爆発的な人気の可能性

2つ目の動向は、爆発的な人気の可能性です。爆発的な人気とは、一夜にして知名度が世界的に広まり時の人となるような状態です。

以前は、新聞やテレビで地道に知名度を上げていた芸能人やアーティストも、SNSやオンデマンドによりスターへなる機会があります。

エンターテイメント業界の製品やサービスも、口コミや有名人のコメントで一挙に広まる可能性が大いにあると考えられます。

まとめ

エンターテイメント業界とは、音楽、レジャー施設や出版など、幅広い媒体で人々に幸せや喜びを与えることがわかりました。

また、エンターテイメント業界に適する人の特徴、年収ランキングや動向もご紹介しましたので、ぜひ業界・企業研究にご活用ください。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる