【テンプレ】ブライダル業界で「憧れ」の志望動機はNG?職種別の志望動機を紹介!

ブライダル業界は女子学生から人気がありますが、どのような志望動機を書くべきかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。憧れの業界に就職をするため、書類選考を突破できる志望動機を準備したいですよね。この記事では、ブライダル業界の志望動機を考える手順、ポイントやNGな志望動機をご紹介します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

ブライダル業界とは

ブライダル業界とは、結婚を控えるカップルに対して挙式サービスを行います。これまで、ホテルウェディングが主流でしたが、ゲストハウスやレストランなど多様化しています。

日本では、未婚率の上昇や晩婚化が進んでいます。そのため、場所や予算などを考慮し、よりお客様のニーズに合った挙式の提案が求められています。

目次

仕事内容

ブライダル業界の仕事は本社と現場で分かれており、それぞれ多様な業務があります。

本社には、総務や広報、営業、企画など一般的な企業にあるような職種があります。式場等の現場の場合は、プランナー、ヘアメイク、ドレスコーディネーター、音響、照明、カメラなどの職種があります。

以下では、現場における主な仕事を4つ取り上げて紹介していきます。

  • ブライダルエステティシャン: 新婦がドレスを美しく着るためボディケアを施術する
  • ウェディングプランナー: カップルと打合せを繰り返し、結婚式をプロデュースする
  • ドレスコーディネーター: 希望や予算に合わせて挙式の晴れ着をコーディネートする
  • ヘアメイクアーティスト: ヘアアレンジやメイクアップをする

ブライダル業界の仕事は、いずれも専門学校を卒業してその仕事に就くのが一般的です。カップルと打ち合わせを重ねながら、挙式当日が最高の日となるよう取り組みます。

上記以外の仕事に興味があるという方は、こちらの記事でもブライダル業界の仕事を紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

記事に飛ぶ

ブライダル業界が求める人材

ブライダル業界が求める人材とは、以下のポイントに当てはまる人です。

  • 結婚式という人生で特別な日を成功させる手助けがしたい
  • 誰かの希望や目標を聞いて、一緒に創り出していくことにやりがいを感じる
  • スケジュール変更や予算に応じて、柔軟な提案と対応ができる
  • 顧客の要望やニーズを明確にできるコミュニケーション力やヒアリング力がある

ブライダル業界では、メインとなる2人と話し合いを重ねながら挙式の準備をします。結婚式を迎える幸せな気持ちに寄り添いつつ、プロとして成功させる力も求められます。

ブライダル業界の人気企業

ブライダル業界では、以下のような人気企業があります。ブライダル業界への就職を検討されている方は、大手企業を比較しそれらの特徴を把握しておきましょう。

各社とも、ブライダル事業に加えてレストラン事業やホテル事業など、結婚式に付随する事業も行っています。

ブライダル業界のニーズの変化

少子化・晩婚化にともない、ブライダル業界はめまぐるしい変化を遂げています。ブライダル業界への就職を考えているのであれば、業界全体の現状や動向を確認しておきましょう。

日本経済新聞にはブライダル業界に関する以下のような記事があります。

  • 式場大手、海外に商機アジア顧客向け拠点拡大(日本経済新聞、2019.6.3)
  • 挙式、盛大より親しい人と 大学生調査で初めて逆転(日本経済新聞、2019.4.22)

各企業の特徴と合わせて、ブライダル業界全体についての情報もメディアを使って収集しておくのが最善です。

ブライダル業界の志望動機のポイント

ブライダル業界に就職がしたいけれど、志望動機のポイントが何かわからないと感じるかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

本見出しでは、ブライダル業界の志望動機のポイントを3つ紹介します。ポイントを把握し、書類選考の突破に繋がる志望動機を準備しましょう。

実体験を交える

志望動機を考える際の1つ目のポイントは、実体験を交えるです。結婚式に参加するきっかけは、家族、友人や職場の同僚など幅広くあると思います。

ブライダル業界の志望動機を考えるポイントとして、どのような結婚式に出席しなぜブライダル業界に興味を持ったのか、実体験を交えることを心がけましょう。

採用担当者は数百から数千もの応募書類を見ているため、印象に残るエピソードを実体験として盛り込むことがが推奨されます。

ただし、自分の実体験だけを書くことは避けましょう。実体験だけ書くのは単なる感想文になってしまいます。

あくまで志望動機であるということを踏まえて、実体験から動機や自分の実現したい目標に話しを派生することが大事です。

ブライダル業界が求める人材を意識する

志望動機を考える際の2つ目のポイントは、ブライダル業界が求める人材を意識するです。上述の通り、ブライダル業界が求める人材はいずれかのポイントに該当しています。

結婚式を迎えるカップルの気持ちに共感をしつつ、ブライダル業界のプロとして結婚式が成功するようにサポートできることを意識しましょう。

憧れだけではなくどのような形で貢献できるか明確にする

志望動機を考える際の3つ目のポイントは、憧れだけではなくどのような形で貢献できるか明確にするです。ブライダル業界では、接客力に加えて収益確保力も不可欠となります。

お客様の理想とする結婚式を形にしつつ、会社に十分な収益をもたらすことも求められます。担当する職種に応じて、どのように貢献ができるかを明確化しましょう。

ブライダル業界の志望動機を考える手順

ブライダル業界の志望動機を考えるポイントがあることはわかりましたが、考える手順も知りたいという方も多いのではないでしょうか。

本見出しでは、ブライダル業界の志望動機を考える手順を2つに分けてご紹介します。より説得力のある志望動機を用意するため、考える手順を把握しておきましょう。

①なぜブライダル業界か

志望動機を考える手順の1つ目は、なぜブライダル業界かを考えるです。志望動機を考えるにあたり、なぜ数ある業界の中からブライダル業界なのかを考えましょう。

ブライダル業界にだけあって、その他の業界ではないという差別化のポイントを模索すると論理的で説得力のある志望動機となります。

②なぜ御社か

志望動機を考える手順の2つ目は、なぜ御社かを考えるです。前述の通り、ブライダル業界には大手企業がいくつもあるので、応募する企業を選ぶ理由を明示しなければなりません。

なぜ御社かを考慮するにあたり、他社と比較してベンチマーキングを行いましょう。各社の強みや弱み、また特徴を併記することで明確な理由を見つけることができます。

また、基本ですが、志望動機は結論から書くようにしましょう。最初に結論を言うことで、その後の理由や体験が相手に伝わりやすくなります。

【テンプレ】ブライダル業界の職種別志望動機

ブライダル業界の志望動機を考えてみたけれど、いくつか職種があるので上手く書けないと悩みますよね。

以下では、ブライダル業界の職種別志望動機を4つご紹介します。これらを参考に、自分でも志望動機を考えてみましょう。

ブライダルエステティシャン|206文字

私がブライダルエステティシャンを志望する理由は、挙式をきっかけとして結婚するカップルが美容や健康を心がける機会を提供したいからです。

新婦は結婚式に向けて痩身や美容エステを行いますが、大変でも続けられるよう新郎も参加できるようなきっかけ作りをしたいと考えています。

結婚後は2人で様々な困難を乗り越えていくこととなるので、1度きりのブライダルエステではなく、共通の趣味となるような知識も提供できる存在になりたいです。

ウェディングプランナー|199文字

私がウェディングプランナーを志望する理由は、お客様の理想と予算にマッチした挙式の提案をすることで、生涯で最高の1日となるようお手伝いがしたいからです。

結婚式の準備において、理想と予算のバランスをとることがお客様にとって最も難しい課題であると考えています。

そこで、ウェディングプランナーとして理想と予算に応じたプランを網羅的に用意し、お客様から頼られるウェディングプランナーになりたいと思っています。

ドレスコーディネーター|191文字

私がドレスコーディネーターを志望する理由は、衣装や小道具を通して結婚する2人の魅力や挙式のコンセプトを参加者に伝える手助けがしたいからです。

結婚式において、衣装や小道具はメインの2人だけでなく結婚式に参加する全ての人に多大な影響を与えると思います。

たとえ高い衣装や小道具ではなくても、結婚式を成功させるためのツールとして最大限活用頂けるように、アイディアを提供したいと考えています。

ヘアメイクアーティスト|192文字

私がヘアメイクアーティストを志望する理由は、ヘアメイクという切り口から結婚する2人の内面的な輝きを引き出したいからです。

結婚式では、開会から閉会までいくつかの衣装を着ることとなるので、それらに合わせたヘアメイクを素早くできる技術が必要と考えています。

ヘアメイクは女性だけと捉えられがちですが、男性の魅力も引き出す力があるので、お客様から信頼されるヘアメイクアーティストになりたいです。

ブライダル業界でNGな志望動機

ブライダル業界ではNGな志望動機がいくつかあります。書類選考で不合格とならないためにも、NGな志望動機は知っておきたいですよね。

以下では、NGな志望動機の例を2つご紹介するとともに、どの点がNGかも簡潔に解説します。 

例① 新婦目線での志望動機

私がブライダル業界への就職を希望する理由は、ゲストハウスでのウェディングに憧れているからです。以前、ゲストハウスを舞台にした結婚式特集を見たとき、手作り感満載のアットホームな挙式がとても素敵だと感じました。
ゲストハウスでの挙式では、準備段階で友人の協力を得て創りあげる楽しさがあるだけでなく、年配の親族もリラックスして参加できる環境なのが魅力です。そのため、ウェディング業界に就職し、ゲストハウスでの挙式が持つ魅力を多くの人に伝えたいです。

挙式のメインは、ブライダル業界の人ではなく結婚するカップルという視点が抜けています。あくまで顧客のカップルが幸せになるのを手伝うための仕事ですから、自分本位の感情を志望動機の核に置くことは避けましょう。

例② 貢献可能性が曖昧な志望動機

私がブライダル業界を志望する理由は、お客様のニーズに100%あった結婚式を企画したいからです。ブライダル業界の人材に求められるのは、お客様の希望や理想を完璧に把握しそれを形にすることだと考えています。
たとえ挙式の準備にどれだけ時間がかかっても、打合せを重ねていけば必ずご満足頂ける挙式が企画できると考えています。そのため、私は大変でも決して妥協せずにお客様が喜んで頂ける結婚式をコーディネートしていきます。

ブライダル業界のプロとして、企画実行力と収益確保力も必要となります。どのようなニーズがあるのか、それをそうやって実現していきたいのか、具体的な方向性が表現できていないと、ブライダル業界に入って実現したいことが伝わりません。

曖昧な表現は避け、自分は具体的にこういう企画をしたい、このような希望があると明言できると良いでしょう。

まとめ

ブライダル業界は、主に4つの仕事に分かれており志望動機を考える際には大切な手順やポイントがあることがわかりました。

ブライダル業界は顧客の幸せを手伝う仕事ですのでやりがいもありますし、憧れる方も多い業界ですが、その分競争率が高いです。

ただ憧れている、というだけでは受かりにくいため、その一歩踏み込んだところまで、紹介した職種別の志望動機テンプレやNGな志望動機を参考に書いてみて下さい。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる