【MBTI】INTPの適職とは?向いていない仕事も紹介します!

「自分らしく働く」。それを就職活動の軸としている方もいることと思います。しかし、なかなか自分では分からないもの。自分の強みやアピールすべき長所が分からないときは、性格診断テストを受けてみましょう。今回はテストでINTPタイプと診断された方の長所や適職を徹底解説していきます。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

INTPとは

性格診断テストを受けてINTPと診断されたはいいものの、この4つのアルファベットは一体何を意味するのでしょうか。

目次

INTPはMBTIの16種類の性格型の1つ

INTPはMBTIの16種類の性格型の1つです。

MBTIとは欧米のキャリアカウンセリングなどで用いられるパーソナリティ検査で、ユングのタイプ論を元にして作られたと言われています。彼は人間には8つの認知機能があると考え、そのうちの4つを基に個人の性格を16種類に分類しました。

それをベースにして考えたときに、主要機能が内向的(I)、知覚機能が直観(N)、判断機能が思考(T)、最も好む外交的機能が知覚機能(P)であると診断された方がINTPです。

INTPは”論理学者”型の性格

先程読んでいただいた説明では少し分かりにくかったと思いますので、続いてはもう少し分かりやすくお話ししていきます。

INTPは”論理学者”型と言われる性格の持ち主です。

「学者」らしく、知識欲を満たすことに満足感を覚え、好奇心が旺盛で自らの知性を誇りにしています。

また、INTPは人と同じであることや平凡であることが大嫌いで、独創性を大切にします。

思考は非常に論理的で、持ち前の論理でオリジナリティーあふれるアイディアを立案することが得意な反面、他人の感情を軽視したり、失敗を必要以上に恐れる傾向があります。

参考:“論理学者”型の性格

INTPの特徴

続いてはINTPの特徴について解説していきます。

長所と短所に分けて記しますので、これからの仕事選びの参考や自己分析、自己PRのネタとしてご活用ください。

長所

① 分析力がある

INTPは自らの知識欲を満たすために多くの情報を取り込み、それらを関連付けて考えることが得意です。また、物事の本質を見つけ出すことにも長けています。

そのため、他のタイプの人間なら結び付けて考えもしないような事柄を結び付けて、新たなアイディアを生み出したりすることがあります。

② 独創性がある

オリジナリティーを大切にしているのもINTPの特徴です。

INTPは人と違っていることに価値があると思っています。

人によっては誰かと同じであることに安心感を覚える人もいますが、INTPにはそれが理解できないといっても過言ではありません。

何かを始めるときも独自のやり方を重要視し、そのための努力は厭いません。

③好奇心旺盛

何かに興味を持ったINTPの集中力や探求力は目を見張るものがあります。

まさに寝食を忘れるほど没頭することもあるのですが、それは純粋な「知」への興味からであり、何か見返りを求めるわけではありません。

INTPはひとつの事柄に全力でエネルギーを注ぎ込める才能の持ち主なのです。

短所

①人づきあいが苦手

INTPは基本的にひとりを好みます。というのも、深く思考することが好きなので、その考えを邪魔されたくないという気持ちが強いのです。

口下手で他人の言葉の裏にある細かいニュアンスを汲み取ることも苦手なので、人づきあいを煩わしいと感じ、自ら避ける傾向もあります。

②共感能力が低い

INTPは論理的で筋が通っていることを重んじます。そのため、彼らは論理的でない感情というものをしばしば軽視する傾向があります。

そのため、他人の気持ちに寄り添えない、もしくは鈍感といった部分から、冷たい人に見られることもあります。

自分の感情についても他者に伝えることが苦手なので、孤立しやすい性格とも言えるかもしれません。

③行き過ぎた完璧主義

前述の通り、INTPの方は論理的であることを重要視するあまり、完璧な論理でなければ納得しないところがあります。

世の中は完璧なことばかりではありませんが、INTPはそれを見過ごすことができません。

完璧を求めるあまり、理想と現実のギャップに苦しみやすいのもINTPの特徴です。

INTPの適職

続いてはINTPの適職を見ていきます。

INTPの強みが活かせる業界や職業には一体どんなものがあるのでしょうか。

適職①|IT系

IT業界は非常に流れが速く、新しい情報や技術に付いていくのに苦心する業界です。

しかし、INTPは逆にそうした業界の方が適正があります。

彼らは自分の知識を増やすことが好きなので、常に自分の知らない情報が入ってくるIT業界に楽しさややりがいを感じやすいのです。

IT業界に飛び込んでみようと考えているINTPの方には、例えば以下のような職業が向いています。

① システムエンジニア

INTPは旺盛な好奇心があるので、例えどれほど複雑なシステムでも、夢中になれば業務に没頭することができます。

また、大勢で取り組むよりもひとりでじっくり考える方が向いているので、長時間ひとりでパソコンに向き合うことが多くても苦になりません。

② アプリケーションの開発者/企画者

オリジナリティーへのこだわりが強いINTPの方は、それをアプリケーションの開発に活かしてみるのはいかがでしょうか。

近年はアプリ開発のハードルが下がったことで、個人でもアプリが作れるようになり、より便利で独創的なものが求められるようになりました。

INTPの分析力でニッチなニーズを見つけ出して、オリジナリティー溢れるアプリを開発して販売すれば、一攫千金ということもあり得るかもしれません。

適職②|研究機関

知識欲が強いINTPはアカデミックな分野にも適正があります。

また、ひとつのことに夢中になれる才能もあるので、ともすると、その道のスペシャリストにもなれるかもしれません。

①科学者

科学者は、ときに結果に結びつくかも分からないような実験や調査を延々を繰り返さなくてはならないことがあります。

しかし、INTPはその探求心の強さから諦めずに続けることができますし、解決方法を模索することにも長けています。

人づきあいは不得手なので、ひとりでコツコツ取り組める職場環境であれば、さらにINTPは活躍することができるでしょう。

②大学教授

大学教授もINTP向きの職業です。新しい知識を追い続けたり、自分の考えに没頭できるところが適しています。

また、厳しいルールや規制の少ない職業ですので、自由に仕事を進められる環境は、INTPにとって居心地の良いものと言えます。

適職③|公務員

物事を全体的に見る力のあるINTPは公務員にも適性があります。

とりわけ自分の知識とアイディアで問題を解決する能力が求められる職種には向いています。

①地方公務員

地方創生が叫ばれる昨今、地方振興は力を入れていくべき分野です。そして、その地方振興のためには、地域の状況をよく踏まえた上で、課題を解決していく能力が求められます。

INTPが持っている独創性や問題解決能力を持ってすれば、役立つプランを打ち出すことができるかもしれません。

②国家公務員

INTPは問題が複雑で難易度が高いほどチャレンジ精神が湧き上がってくる、向上心の強いタイプです。

中には大きな問題を解決したいというINTPの方もいるでしょう。そんな方は国家公務員が向いているかもしれません。

国の課題を自分なりに考え、業務を通して改善していくことに、やりがいを感じることができるでしょう。

INTPに向かない仕事3選

続いてはINTPの方と親和性の低い仕事について解説します。

自分の魅力を活かせない仕事に就くことは、時に苦痛を伴うものになります。下記の職業がINTP全員に向いていないというわけではありませんが、各仕事の特徴と自身の得意なことがずれてしまわないよう注意が必要です。

① 一般事務

一般事務の業務はルーティーンが多いため、同じ作業を繰り返すことが苦手なINTPにとっては退屈に感じてしまう可能性があります。

また、一般事務は自身の裁量もあまりなく、独自性を求められることも少ないので、INTPは活躍しにくい職業と言えます。

② 工場などの作業員

工場などの作業員は、マニュアル化された仕事の代表です。

INTPの方はあれこれと考えを巡らせたり、新しい知識を得ることを生きがいとしているので、何も考えずに手だけを動かすような業務は苦手かもしれません。

③ ホテルスタッフ(ホテルマン/ホテリエ)

ホテルスタッフにはおもてなしの精神が必要です。時にはお客様が口に出さない要望を汲み取ってサービスを提供することも業務のひとつですが、INTPは他人の欲求や感情を読むことが苦手なため、向いていない職業のひとつと言えます。

まとめ

INTPの強みや適職、向かない職業などをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。自分の希望に反する内容だったと感じる方もいるかと思いますが、今回ご紹介した内容が全員に当てはまるわけではありません。最終的にはご自身の納得感を大切にして、自分らしい就職活動を行ってください。

自分の就活タイプがわかる!適正診断テストが受けられる就活エージェント4選

就活を進めたいけど、そもそも自分がどんな業界に向いているのか、どんなタイプなのかわからない・・・。

という方は、まずは自己分析・適正診断テストを受けてみましょう!

数ある就活サービスの中には、膨大な就活生の過去のデータから、自分の就活タイプを正確に診断してくれるツールが存在します。

今回はその中でも特に人気の高い診断テストを4つご紹介します。

こちら、まずは自分のタイプを知るためにまとめて診断を受けてみましょう!

所要時間は全部で8分ほどです。

自分のタイプや将来の年収期待値を出してくれる就活サービス3つ

  1. OfferBoxの適正診断テスト診断テストを受けてプロフィール登録するだけで90%以上の確率で優良企業からスカウトが届く
  2. 自己分析で探す!居心地が良く活躍できる会社【toiroworks】CUBICという適性検査もとに開発された診断テスト。学生一人一人に合わせて適性企業を表示が可能!
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)
  4. 【自己分析ツール「My analytics」【無料】12タイプ性格診断からあなたの強み・適職を診断!
目次
閉じる