【2022年卒向け】東京大学の学部別の就職実績とサポート体制を徹底紹介!

東京大学とは、東日本において最も優秀と評される国立大学です。東大生は、社会に溶け込みづらいと揶揄されることもありますが、就職状況はどうなのでしょうか。この記事では、まず東京大学の就職支援環境を紹介した後、就職実績についてもお伝えします。東大生の就職状況について興味がある方は、是非ご覧ください。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

東京大学とは

東京大学とは、1877年に設置された日本の国立大学です。学部教育の基礎として、リベラルアーツ教育を重視することをうたっています。

また、近年はPeakと呼ばれる国際化推進計画を進めており、更なるグローバル化を目指しています。大学では8学部、大学院では17の研究家があり多様な学問を追求できる環境です。

東京大学の就職支援環境

東京大学では、在籍する学生、ポストドクターや研究生を対象にキャリア相談を行っています。相談内容としては、進路に関するアドバイスだけでなく、エントリーシートや面接の実践指導を含みます。

目次

特徴①|事前予約制のキャリア相談

東大のキャリア支援における1つ目の特徴は、事前予約制のキャリア相談です。一部の大学では、事前の予約なく学生が相談に来ることを認めていますが、東大では1人1回45分、週に1回までという原則を設けています。

1人あたりに用いられる頻度と時間が決まっているため、効率的なキャリア相談ができる体制となっています。また、これにより学生側も限られた時間の中で最大限のフィードバックを得るために、事前準備を行ったうえでキャリア相談に臨むこととなります。

特徴②|年間を通してのイベント・ワークショップ

東大のキャリア支援における2つ目の特徴は、年間を通してのイベント・ワークショップです。東大生は、一般的にあらかじめ用意された回答を聞くのではなく、自ら頭を使って取り組むことを好みます。そのため、実践型のワークショップは必須なのです。

東大では、キャリア相談室の職員によるワークショップだけでなく、卒業生を招いての座談会も行っています。東大の卒業生は、名だたる大企業、ファームや国家公務員として働いている人が多く、在学生へもたらされる価値は極めて大きいといえます。

【2019年卒版】東京大学の就職実績

以下では、東京大学の8学部別に就職実績をご紹介します。進路内容、および就職先企業ですが各学部の特徴を顕著に示しています。最新の就職実績については、東京大学のホームページを参照して作成しましたので、興味がある方はぜひご覧ください。

法学部の就職実績

法学部では、以下の3コースに分かれています。法学・政治学に長けた学生を多数育成し、司法や行政などの各業界に多くの人材を送り出してきました。

  • 第1類: 法学総合コース
  • 第2類: 法律プロフェッショナルコース
  • 第3類: 政治コース

工学部の就職実績

工学部では、基礎科学の問題から科学技術全体にまたがる課題に取り組んでいます。各産業を強化し、イノベーションを主導する分野や領域を切り開くことができる人材を育成しています。

文学部の就職実績

文学部では、言語や宗教をはじめとする多様な観点から、自由な発想と方法を探求しています。以下4つの専門分野に長けた学生を育成しています。

  • 哲(思想文化)
  • 史(歴史文化)
  • 文(言語文化)
  • 社(行動文化)

理学部の就職実績

理学部では、自然の姿を観察し、その仕組みの背後にある普遍の法則を探求します。自然への深い理解と知見によって人々の生活を豊かにする科学技術を生み出す人材を育成しています。

農学部の就職実績

農学部では、生物圏、動物圏と微生物を対象に研究をしています。これにより、生態系の理解から農林水産業にまで携わり、人類社会に貢献する人材を育成しています。

経済学部の就職実績

経済学部では、複合的な視点から多様な分析方法を駆使し経済・経営に関する諸問題に取り組んでいます。そして、日本社会と経済に望ましい成果をもたらす人材を育成しています。

教育学部の就職実績

教育学部では、基礎教育から実践化学・政策科学に及ぶ総合科学を研究しています。様々な業界の教育者、ジャーナリストやマスコミなどの人材を輩出してきました。

薬学部の就職実績

薬学部では、社会の健康に対する関心に対応するためライフサイエンスの発展を目指しています。そのため、医薬品の適正使用やバイオベンチャーの進展を実現できる人材を育成しています。

まとめ

東京大学は、就職支援環境が充実しています。また、東京大学は就職実績でも顕著な結果を残していることがわかりました。したがって、東大生だからと言って就職できないというわけではありません。

大学名や噂を信じるのではなく、実際にデータを確認することは重要です。就職活動でも、一次情報をできる限り入手することを心がけましょう。

自分の就活タイプがわかる!適正診断テストが受けられる就活エージェント4選

就活を進めたいけど、そもそも自分がどんな業界に向いているのか、どんなタイプなのかわからない・・・。

という方は、まずは自己分析・適正診断テストを受けてみましょう!

数ある就活サービスの中には、膨大な就活生の過去のデータから、自分の就活タイプを正確に診断してくれるツールが存在します。

今回はその中でも特に人気の高い診断テストを4つご紹介します。

こちら、まずは自分のタイプを知るためにまとめて診断を受けてみましょう!

所要時間は全部で8分ほどです。

自分のタイプや将来の年収期待値を出してくれる就活サービス3つ

  1. OfferBoxの適正診断テスト診断テストを受けてプロフィール登録するだけで90%以上の確率で優良企業からスカウトが届く
  2. 自己分析で探す!居心地が良く活躍できる会社【toiroworks】CUBICという適性検査もとに開発された診断テスト。学生一人一人に合わせて適性企業を表示が可能!
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)
  4. 【自己分析ツール「My analytics」【無料】12タイプ性格診断からあなたの強み・適職を診断!
目次
閉じる