【2022年卒向け】帝京大学の学部別の就職実績とサポート体制を完全紹介!

帝京大学とは、東京都に本部を置く私立大学です。帝京大学の教育カリキュラムは、教育理論よりも社会に直結する実学を重視していますが、就職状況はどうなのでしょうか。そこで今回は、帝京大学の就職に関して詳しくお伝えします。まず、帝京大学の就職支援環境について説明し、その後2019年度の就職実績を紹介します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

帝京大学とは

帝京大学は、1931年に創立した財団法人帝京商業学校を起源としています。その教育理念として、「自分で考え、判断し、行動し、その結果に対して自ら責任を持つ」という自分流を掲げています。

現在は、10学部32学科10研究科を有しており、およそ2万3千人の学部生が在籍する総合大学です

帝京大学の就職支援環境

帝京大学では、学生に対して就職支援を行っています。上述の通り、帝京大学は実学に直結する教育を目指しています。そのため、キャリアサポートにおいてもより実践的な就職活動を見据えた内容と言えます。

以下では、帝京大学の教育支援環境において特徴となるポイントを2つご紹介します。

目次

特徴①|資格取得のための課外講座

帝京大学では、就職活動でアピールができる資格を取得できるよう課外講座を開催しています。就職活動では、エントリーシートをまず提出しますが、そこでは保有する資格を記載します。そのため、優れた資格を取得しておくことが学生に求められます。

帝京大学では、学生が資格の取得に要する費用や労力を軽減するため、課外講座という形で就職支援をしています。なぜなら、資格を取得しておくことで、就職活動だけでなく社会人になって後のキャリアアップにも繋がると期待できるからです。

特徴②|就職先の情報が自由に閲覧可能

帝京大学では、民間企業や公務員に関する情報を公開しており、学生は自由に閲覧することができます。就職活動では、就職先の情報を集めることが負担となりますが、帝京大学のキャリアサポートセンターはこれを提供しています。

企業研究や応募をするにあたり、学生はあらかじめ精査された就職先の情報を効率的に入手することが可能です。そのため、限られた時間の中で志望する就職先を選ぶことができます。これにより、物理的な就職活動の準備に要する負担が軽減されています。

【2019年卒版】帝京大学の就職実績

帝京大学では、最新の就職実績をホームページ上で公開しています。1つは卒業後の進路内訳、もう1つは各学部別の就職先に関してです。以下は、それらの情報をまとめた表となりますのでご参照下さい。

経済学部の就職実績

経済学部では、およそ82%の学生が就職をしています。就職先の業界においては、鉄道と金融業界が多い傾向にあったため経済学部の学生に人気の業界と言えます。

法学部の就職実績

法学部では、80%の学生が就職をしており、その他が18%となっています。また、就職先では情報通信と自衛隊が特に多いとわかります。

文学部の就職実績

文学部では、76%の学生が進路先として就職を選んでいます。就職先の業界では、公務員や金融業界が学生に人気であることがわかります。

外国語学部の就職実績

外国語学部では、78%の学生が就職をしていますが、18%の学生はその他を進路先としています。そして、就職先の業界では航空やホテルといった外国語が必要となる業界が人気です。

教育学部の就職実績

教育学部では、80%の学生が就職をしています。一方で、およそ16%の学生が就職にも進学にも該当しない、その他を選んでいます。就職先では、学校や市役所と言った地方公務が特に多いという結果でした。

理工学部の就職実績

理工学部では、およそ83%の学生が就職をしており、続いてその他と進学がそれぞれ9%と8%です。就職先の業界においては、ソフトウェアや電子機器業界が特に人気であるとわかります。

薬学部の就職実績

薬学部では、77%の学生が就職を進路先としています。また、就職先としては医療や医薬品業界が主ですが、国の医療機関を選んでいる学生もいます。

医学部・医療技術学部・福岡医療技術学部の就職実績

医学部・医療技術学部・福岡医療技術学部では、75%の学生が進路先として就職を選んでいます。そして、その就職先としては日本全国の医療センターや病院など、医療業界となっています。

まとめ

帝京大学では、学生の就職を支援するため課外講座や就職先の情報を公開しています。また、ホームページで提示されている帝京大学の就職情報から、様々な業界に就職実績があることがわかりました。

さらに詳細な就職情報が気になる方は、ぜひ帝京大学のホームページを閲覧するかキャリアセンターに行ってみて下さい。

自分の就活タイプがわかる!適正診断テストが受けられる就活エージェント4選

就活を進めたいけど、そもそも自分がどんな業界に向いているのか、どんなタイプなのかわからない・・・。

という方は、まずは自己分析・適正診断テストを受けてみましょう!

数ある就活サービスの中には、膨大な就活生の過去のデータから、自分の就活タイプを正確に診断してくれるツールが存在します。

今回はその中でも特に人気の高い診断テストを4つご紹介します。

こちら、まずは自分のタイプを知るためにまとめて診断を受けてみましょう!

所要時間は全部で8分ほどです。

自分のタイプや将来の年収期待値を出してくれる就活サービス3つ

  1. OfferBoxの適正診断テスト診断テストを受けてプロフィール登録するだけで90%以上の確率で優良企業からスカウトが届く
  2. 自己分析で探す!居心地が良く活躍できる会社【toiroworks】CUBICという適性検査もとに開発された診断テスト。学生一人一人に合わせて適性企業を表示が可能!
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)
  4. 【自己分析ツール「My analytics」【無料】12タイプ性格診断からあなたの強み・適職を診断!
目次
閉じる