【2019年卒版】神戸大学の学部別の就職実績とサポート体制を徹底紹介!

神戸大学とは、兵庫県に本部を置く日本の国立大学です。「学理と実際の調和」を理念としており、世界的研究・教育機関たることを目指していますが就職実績はどうなのでしょうか。この記事では、まず神戸大学とその就職支援環境について説明します。そして、神戸大学の就職実績についてもお伝えします。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

神戸大学とは

神戸大学は、1902年に設立された神戸高等商業学校に起首を持ちます。神戸大学は、日本で最初に経営学部を設置しただけでなく、海事科学部を設置している唯一の大学です。現在は11学部14研究科を設置しています。

神戸大学は、そのビジョンとして「先端研究・文理融合研究で輝く卓越研究大学へ」を掲げています。

神戸大学の就職支援環境

神戸大学では、学生への就職支援を行っていますが、充実した環境なのでしょうか。以下は、神戸大学のキャリアセンターが開示している就職支援情報です。特徴的なポイントを2つお伝えしますのでご確認下さい。

目次

特徴①|留学生への就職支援メール制度

神戸大学では、留学中の学生を対象として就職支援メール制度を実施しています。この制度は、留学中の在学生がキャリアセンターの職員からメールで、就職相談やエントリーシートの添削を受けられる制度です。そのため、無駄なく就活の準備ができます。

短期・長期を問わず留学をしている場合、就職活動の準備が遅れてしまい失敗する懸念が高まります。そこで、神戸大学は留学中の学生に向けて就職支援を行っているのです。これによって、一般の学生と同じスケジュールで就職準備が可能となります。

特徴②|就職活動に役立つ書籍・DVD

神戸大学は就職活動で活用すべき書籍やDVDを在学生に貸し出しています。就職活動では、四季報やWebテストの参考書をはじめとして、準備にお金がかかります。就職活動が始まると、交通費もさらにかかるため学生にとっては大きな問題となります。

そのため、神戸大学では学生の経済的な負担を軽減する取り組みを行っています。例えば、キャリアセンターでは就職活動に不可欠なマナーや面接対策の書籍・DVDを借りることができます。これは、就職支援環境が整っているからこそ可能な支援だともいえます。

【2019年卒版】神戸大学の就職実績

神戸大学は、2019年度最新版の就職実績をホームページ上で公開しています。就職実績は、各学部ごとの進路内訳と就職先企業です。以下は、それらの情報をもとにして作成したまとめ表となりますのでご参照下さい。

文学部の就職実績

文学部では、80%の学生が進路として就職を選んでいます。就職先では、公務員から民間まで多岐にわたっています。

国際人間科学部の就職実績

国際人科学部では、85%もの学生が就職をしています。就職先の業界では、メディア業界が最も人気でそれ以外にもコンサルティングや鉄鋼材業界への就職実績があります。

国際文化学部の就職実績

国際人科学部では、85%もの学生が就職をしています。就職先の業界では、メディア業界が最も人気でそれ以外にもコンサルティングや鉄鋼材業界への就職実績があります。

発達科学部の就職実績

発達科学部では、70%の学生が就職し23%の学生が進学を選んでいます。また、就職先では地方公務と国家公務特に人気の業界であり、飲食業界がそれに続く形です。

法学部の就職実績

法学部では、70%の学生が就職し23%が進学をしています。また、就職先としては国家公務と保険が最も多く、理系向けのイメージがある産業機器やクレジットカード業界への実績もあります。

経済学部の就職実績

経済学部では、90%もの学生が就職をしています。そして、就職先の業界としては保険業界が最も人気で、金融や監査法人がそれに続く形となっています。

経営学部の就職実績

経営学部では、なんと93%もの学生が就職をしています。そのため、進学やその他はわずか7%に留まります。就職先では、監査法人やコンサルティング業界が特に人気といえます。

理学部の就職実績

理学部では、67%の学生が進学し28%が就職をしています。就職先では、文系のイメージがある保険業界やコンサルティング業界なども含まれています。

医学部の就職実績

医学部では、58%の学生が就職し続いて、36%の学生が進学を選んでいます。就職先の企業は、いずれも医療業界に分類されますが病院や研究医療センターなどに分かれます。

工学部の就職実績

工学部では、74%もの学生が進学し大学院での研究を続けています。これに対して、就職を選んだ学生は23%に留まります。また、就職先の業界は飲食品から情報通信まで幅広いです。

農学部の就職実績

農学部では、63%の学生が進学し、35%の学生が就職をしています。そして、就職先では地方公務と国家公務が多めで、続いて商社が民間では特に人気の業界といえます。

海事科学部の就職実績

海事科学部では、54%の学生が進学し、42%の学生が就職をしています。就職先の業界では、造船業が特に人気であり日本国内の大手造船メーカーばかりという結果です。

まとめ

神戸大学では、留学生への就職支援メール制度や、就活に役立つ書籍・DVDの貸し出しなどを行っています。就職支援環境が整っているため、優れた就職実績が出せていることがわかりました。

他大学とは一見変わった就職支援を行っていることこそ、神戸大学の特徴ともいえるでしょう。

自分の就活タイプがわかる!適正診断テストが受けられる就活エージェント4選

就活を進めたいけど、そもそも自分がどんな業界に向いているのか、どんなタイプなのかわからない・・・。

という方は、まずは自己分析・適正診断テストを受けてみましょう!

数ある就活サービスの中には、膨大な就活生の過去のデータから、自分の就活タイプを正確に診断してくれるツールが存在します。

今回はその中でも特に人気の高い診断テストを4つご紹介します。

こちら、まずは自分のタイプを知るためにまとめて診断を受けてみましょう!

所要時間は全部で8分ほどです。

自分のタイプや将来の年収期待値を出してくれる就活サービス3つ

  1. OfferBoxの適正診断テスト診断テストを受けてプロフィール登録するだけで90%以上の確率で優良企業からスカウトが届く
  2. 自己分析で探す!居心地が良く活躍できる会社【toiroworks】CUBICという適性検査もとに開発された診断テスト。学生一人一人に合わせて適性企業を表示が可能!
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)
  4. 【自己分析ツール「My analytics」【無料】12タイプ性格診断からあなたの強み・適職を診断!
目次
閉じる