【2019年卒版】武蔵大学の学部別の就職実績とサポート体制を徹底紹介!

武蔵大学では、3年生から幅広い就職サポートが行われています。キャリアカウンセラーの有資格者が多数在籍するなど、周囲からの評価も悪くありません。2019年卒の就職率は98%と、就職に強い大学の一つです。今回は、そんな武蔵大学の就職実績を学部ごとに紹介していきます。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

武蔵大学とは

武蔵大学とは、学習院大、成城大、成蹊大とともに東京四大に属する名門大学です。キャンパスは東京都練馬区豊玉上にあります。2019年卒の実績では、就職率98%(第一志望の就職率80%)と、就職に強い点が特徴です。

この記事では、武蔵大学の就職支援環境や就職実績について詳しくお伝えしていきます。

武蔵大学の就職支援環境

武蔵大学では就活生向けに次のような就職支援を行っています。

  • 3年生対象就活サポート
  • 学内企業説明会

また、武蔵大学にはキャリア支援センターが併設されています。キャリアカウンセラーの有資格者など、経験豊富なアドバイザーが10名以上在籍しているため、就職に強い大学といえるでしょう。

ここでは、「3年生対象就活サポート」と「学内企業説明会」の特徴を詳しくお伝えしていきます。

目次

特徴①|3年生対象就活サポート

武蔵大学では、3年生のときから充実した就職支援プログラムを実施しています。その中身は次の通りです。

  • キックオフセミナー:就職に対する不安や悩みを相談できる
  • 全員面談:就活生全員の個別面談を行う
  • 武蔵しごと塾:模擬試験やグループワークなどを行う
  • 内定者による相談コーナー:先輩の実践的なアドバイスを得られる

このように就職について長い時間をかけて徹底的に指導を行うため、志望する企業の内定も得やすくなっています。

特徴②|学内企業説明会

武蔵大学では、4年生になると学内企業説明会が開催されます。

キャンパス内に多数の企業から採用担当者が訪れ、自社の事業内容や仕事内容などを紹介してもらえます。一般的な企業説明会に比べ武蔵大学と関わりの深い企業が多く集まるため、内定獲得にも繋がりやすいといえるでしょう。

【2019年卒版】武蔵大学の就職実績

武蔵大学では、2019年卒で98%という高い就職率を誇ります。また、それぞれの学部によって就職先が大きくことなるため、学部ごとの就職実績を見ていきましょう。

以下のデータは、武蔵大学の公式サイト「就職状況」「学部別主な就職先」を参考にしています。

経済学部の就職実績

武蔵大学の経済学部では、卒業者の約93%が就職に成功しています。就職先で大きな割合を占めている業種は、情報通信業で17.4%、次いで製造業が14.4%です(経済学科の場合)。

経済学科は幅広い業種や職種にチャレンジできます。以下のように大企業や公務員の内定を獲得した方も少なくありません。

人文学部の就職実績

武蔵大学の人文学部は、卒業者の約84%が就職に成功しています。ほかの学部に比べると、就職よりも進学する割合が高くなっています。もっとも人気のある就職先は、製造業で17.5%です(英語英米文化学科の場合)。

経済学科と同じく、就職先の業種は幅広く分かれます。大手運輸会社やコンサルタントに入社するケースも目立ちます。

社会学部の就職実績

武蔵大学の社会学部は、卒業者の約92%が就職に成功しています。社会学科、メディア社会学科ともに、情報通信業に就職する割合がもっとも高く、大手企業の内定を獲得するケースも目立ちます。

自分の見解をメディアを通じて発信するスキルが磨けるため、情報通信業に就職することで即戦力も夢ではありません。

まとめ

武蔵大学では、経済学部、人文学部、社会学部と3つの学部があり、それぞれ高い就職率を誇ります。学内でも充実した就職支援が行われるため、非常に就職に強い大学といえるでしょう。

ただし、武蔵大学は私立大学のなかでは難関校の一つです。入学を検討する前にしっかりと準備しておくことをオススメします。

自分の就活タイプがわかる!適正診断テストが受けられる就活エージェント4選

就活を進めたいけど、そもそも自分がどんな業界に向いているのか、どんなタイプなのかわからない・・・。

という方は、まずは自己分析・適正診断テストを受けてみましょう!

数ある就活サービスの中には、膨大な就活生の過去のデータから、自分の就活タイプを正確に診断してくれるツールが存在します。

今回はその中でも特に人気の高い診断テストを4つご紹介します。

こちら、まずは自分のタイプを知るためにまとめて診断を受けてみましょう!

所要時間は全部で8分ほどです。

自分のタイプや将来の年収期待値を出してくれる就活サービス3つ

  1. OfferBoxの適正診断テスト診断テストを受けてプロフィール登録するだけで90%以上の確率で優良企業からスカウトが届く
  2. 自己分析で探す!居心地が良く活躍できる会社【toiroworks】CUBICという適性検査もとに開発された診断テスト。学生一人一人に合わせて適性企業を表示が可能!
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)
  4. 【自己分析ツール「My analytics」【無料】12タイプ性格診断からあなたの強み・適職を診断!
目次
閉じる