【2019年卒版】明治学院大学の学部別の就職実績とサポート体制を完全紹介!

明治学院大学とは、東京都港区白銀台に本部を置く私立大学です。立地としては、裕福な家庭の学生が多く集まりそうですが就職状況はどうなっているのか気になりますよね。そこで今回は、明治学院大学の就職支援に加えて、2019年度の就職実績もお伝えします。明治学院大学の就職について興味がある方は、ぜひご覧下さい。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

明治学院大学とは

明治学院大学とは、「ヘボン塾」を期限とする日本最古のキリスト教主義学校です。1949年に発足し、現在では6学部15学科、7研究科を擁する純文系の大学です。

以下では、そんな明治学院大学の就職支援環境と最新の就職実績についてお伝えします。

明治学院大学の就職支援環境

明治学院大学では、国内外で活躍する社会人を育成するため就職支援を行っています。以下では、明治学院大学の就職支援環境の中から、特徴的なものを2つご紹介します。どちらも、実践的な就職支援活動といえます。

目次

特徴①|就職支援プログラム

明治学院大学では、大学3・4年生を対象とした就職支援プログラムを数多く揃えています。このプログラムは、3・4年の生徒全員を対象としたベーシック・プログラムに加えて、より深く就職準備をするためのオプショナル・プログラムに分かれています。

具体的なプログラムの内容としては、以下のようなものがあります。いずれも、大学3年次の早期就職活動から大学4年次の就職活動終了に至るまでに不可欠な内容ばかりです。

  • 履歴書・エントリーシート
  • 面接・就職活動マナー
  • 内定者・社会人のアドバイス

特徴②|ヘボン・キャリアデザイン・プログラム

明治学院大学では、学生がキャリアデザインに資する授業科目として、「ヘボン・キャリアデザイン・プログラム」を設置しています。これは、各学部別に自らのキャリアについて考える参加型の授業であり、大学1年次から参加することができます。

また、学生のキャリア教育をするにあたり、「ヘボン経済人会」とも連携をしています。この校友会は、経済界の各方面で活躍している現役の企業経営者やエキスパートで構成されています。つまり、明治学院大学の卒業生による就職支援活動です。

【2019年卒版】明治学院大学の就職実績

明治学院大学は、ホームページ上で最新の就職実績を公開しています。2019年度も、各学部から多くの学生が卒業し民間企業・公務への内定に加えて、大学院へも進学しました。以下は、そのデータを用いて作成したものです。

文学部の就職実績

文学部では、およそ88%の学生が就職を進路先としており、続いて大学院が5%程となっています。また、就職先の企業は日本国内の大手上場企業など多岐にわたっています。

経済学部の就職実績

経済学部では、およそ92%の学生が就職を進路先としています。一方で就職や進学ではないその他に該当する学生が5%もいます。また、就職先としては事業会社からコンサルティングまで幅広いです。

社会学部の就職実績

社会学部では、91%の学生が就職をしています。続いて、その他を進路先とした学生が5%、大学院進学が3%という結果でした。また、就職先企業ではIT系が多いことが特徴です。

法学部の就職実績

法学部では、90%の学生が就職をしている一方で、進学や就職ではないその他が8%を占めています。また、就職先としては国家公務や金融・保険業界が特に多いという結果でした。

国際学部の就職実績

国際学部では、89%の学生が就職をしています。また、その他と大学院進学がそれぞれ5%ずつとなっています。就職先の業界では、幅広い業界にわたっておりいずれも大手上場企業ばかりです。

心理学部の就職実績

心理学部では、就職をした学生が86%でした。そして、大学院とその他がそれぞれ6%ずつとなっています。そして、就職先業界では金融・保険業界が多めという結果になっていました。

まとめ

明治学院大学では、学生への就職支援環境に力を注いでおり、各学部の就職率は全般的に高いことがわかりました。また、就職先企業はいずれも大手上場企業ばかりであることがわかります。

明治学院大学の就職について興味がある方は、キャリアに関するホームページを確認してみてはいかがでしょうか。

自分の就活タイプがわかる!適正診断テストが受けられる就活エージェント4選

就活を進めたいけど、そもそも自分がどんな業界に向いているのか、どんなタイプなのかわからない・・・。

という方は、まずは自己分析・適正診断テストを受けてみましょう!

数ある就活サービスの中には、膨大な就活生の過去のデータから、自分の就活タイプを正確に診断してくれるツールが存在します。

今回はその中でも特に人気の高い診断テストを4つご紹介します。

こちら、まずは自分のタイプを知るためにまとめて診断を受けてみましょう!

所要時間は全部で8分ほどです。

自分のタイプや将来の年収期待値を出してくれる就活サービス3つ

  1. OfferBoxの適正診断テスト診断テストを受けてプロフィール登録するだけで90%以上の確率で優良企業からスカウトが届く
  2. 自己分析で探す!居心地が良く活躍できる会社【toiroworks】CUBICという適性検査もとに開発された診断テスト。学生一人一人に合わせて適性企業を表示が可能!
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)
  4. 【自己分析ツール「My analytics」【無料】12タイプ性格診断からあなたの強み・適職を診断!
目次
閉じる