【2019年卒版】成城大学の学部別の就職実績とサポート体制を完全紹介!

ディスクリプション

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

適性検査とは

テキスト

目次

企業が学生の適正を測るためのテスト

①以下4つの検査の総称であることにふれ、箇条書きで記載ください。能力検査、学力検査、性格検査、ストレス診断

適性検査とSPIの違い

① ⑴よくある誤解で、適性検査の中にSPIが含まれる ⑵SPIは後述する 旨を記載ください

適性検査をする企業のメリット

① ⑴採用コストをおさえられる ⑵評価者で評価がぶれない  といった旨の2つのメリットをそれぞれ別の段落で説明ください。 

適性検査の種類

以下の見出し小では見出しの|より右側も追記ください

現地検査

テキスト

メリット|

①文字数の目安:200文字以内

デメリット|

①文字数の目安:200文字以内

テストセンター

テキスト

メリット|

①文字数の目安:200文字以内

デメリット|

①文字数の目安:200文字以内

webテスト

テキスト

メリット|

①文字数の目安:200文字以内

デメリット|

①文字数の目安:200文字以内

webテストの種類

テキスト

SPI

① ⑴このテストの概要 ⑵どのような問題が出題されるか ⑶導入企業 の3つを記載ください。 ②文字数の目安:300文字程度

玉手箱

① ⑴このテストの概要 ⑵どのような問題が出題されるか ⑶導入企業 の3つを記載ください。 ②文字数の目安:300文字程度

GAB

① ⑴このテストの概要 ⑵どのような問題が出題されるか ⑶導入企業 の3つを記載ください。 ②文字数の目安:300文字程度

TG-WEB

① ⑴このテストの概要 ⑵どのような問題が出題されるか ⑶導入企業 の3つを記載ください。 ②文字数の目安:300文字程度

適性検査が難しい理由

テキスト

理由①|制限時間がある

テキスト

理由②|科目が幅広い

テキスト

適性検査の種類ごとの対策方法

以下の見出し中の:の右に一言要点を記載ください。

現地検査:

①対策に使えるサービス、本などをご紹介する際は適宜ハイパーリンクを用いてご紹介ください。

テストセンター:

①対策に使えるサービス、本などをご紹介する際は適宜ハイパーリンクを用いてご紹介ください。

webテスト:

①対策に使えるサービス、本などをご紹介する際は適宜ハイパーリンクを用いてご紹介ください。

まとめ

テキスト

自分の就活タイプがわかる!適正診断テストが受けられる就活エージェント4選

就活を進めたいけど、そもそも自分がどんな業界に向いているのか、どんなタイプなのかわからない・・・。

という方は、まずは自己分析・適正診断テストを受けてみましょう!

数ある就活サービスの中には、膨大な就活生の過去のデータから、自分の就活タイプを正確に診断してくれるツールが存在します。

今回はその中でも特に人気の高い診断テストを4つご紹介します。

こちら、まずは自分のタイプを知るためにまとめて診断を受けてみましょう!

所要時間は全部で8分ほどです。

自分のタイプや将来の年収期待値を出してくれる就活サービス3つ

  1. OfferBoxの適正診断テスト診断テストを受けてプロフィール登録するだけで90%以上の確率で優良企業からスカウトが届く
  2. 自己分析で探す!居心地が良く活躍できる会社【toiroworks】CUBICという適性検査もとに開発された診断テスト。学生一人一人に合わせて適性企業を表示が可能!
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)
  4. 【自己分析ツール「My analytics」【無料】12タイプ性格診断からあなたの強み・適職を診断!
目次
閉じる