【2019年卒版】国際基督教大学(ICU)の就職実績と支援体制を紹介!

国際基督教大学(ICU)は、偏差値65.0と非常にハードルの高い私立大学です。しかし、リベラルアーツという独自の教育プログラムで、実践的な英語力や社会で必要な主体性を習得できます。即戦力となるため企業からも人気で、就職率は95.1%と高水準です。同校の就職実績を詳しく紹介します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

国際基督教大学(ICU)の最大の特徴はリベラルアーツ教育

国際基督教(こくさいキリストきょう)大学とは、東京都三鷹市大沢に本部がある私立大学です。通称「ICU」と呼ばれ、学内唯一の学部「教養学部」の偏差値は65.0となっています。

国際基督教大学の最大の特徴はリベラルアーツです。入学時に専門分野を決めるのではなく、2年次の終わりに専門とする分野を決定します。1~2年生でじっくりと学びたい分野を見つけ、3~4年で専門的知識を習得できる仕組みです。

国際基督教大学(ICU)の就職支援環境

国際基督教大学の就職支援環境は、次のような2つが代表的です。

  • Placement Week(学内業界研究セミナー)
  • 学生キャリア・アドバイザーズ

国際基督教大学では、各年4月~翌年2月まで、就活講座や個別面談、インターンシップなど様々な支援活動が行われています。例年90%を超える高い就職率を誇るのは、こうした充実した就職支援環境が整っているからです。

目次

特徴①|Placement Week(学内業界研究セミナー)

国際基督教大学では、毎年1回「Placement Week」を開催しています。この期間中は、官民合わせて100以上の企業・機関が集まり、合同セミナーが行われます。

一般的な合同企業説明会に比べて、Placement Weekでは国際基督教大学の学生を採用したいという企業が集まります。そのため、気になる企業の採用担当者と縁を結んでおくことで、より就活が有利となることでしょう。

特徴②|学生キャリア・アドバイザーズ

国際基督教大学では、進路を決定した在学生(学生キャリア・アドバイザーズ)が、これから就活を行う学生に向けて相談や疑問に答えてくれます。学生キャリア・アドバイザーズの数は100人を超え、「100人相談会」とも呼ばれます。

実際に企業の内定を獲得した学生によるアドバイスなので、今後の面接やSPI、エントリーシートなどの対策に最適です。100人相談会は毎年12月に開催されています。

採用担当は国際基督教大学(ICU)の学生をどう見ているか

国際基督教大学では、特色ある教育プログラムを実施していることもあり、企業の採用担当者からの評価も高くなっています。特に、以下で紹介する「英語力」と「主体的思考能力」という能力は見逃せません。

①英語力が即戦力級

国際基督教大学の卒業生は、英語力が即戦力級として企業でも重宝されます。

専任教員の3人に1人は外国籍で、教師1人対生徒約20人という少人数制で異文化コミュニケーションや英語運用能力を磨きます。参考文献を読む・議論する・小論文を書くという授業が英語で行われ、卒業論文も英語で執筆します。

このように学生時から、実践的な英語教育が行われるため、企業の実務でも役立つことは間違いありません。他大学の「英語ができる」学生とは比較にならないほど評価されているのです。

②社会で最も必要な主体性が身についている

国際基督教大学のリベラルアーツは、社会で必要な主体性を磨く教育プログラムとして、企業からも高い評価を受けています。

リベラルアーツは通常の大学の選考とは異なり、2年次の終わりに自分の学びたい学科を決めます。そのため、一般の大学のように、高校生が「何も分からず」、学力や学費などの「外部要因」に左右されて専攻を選択するわけではありません。

国際基督教大学に入学した時点で、1~2年生は「全ての専攻を選ぶ権利がある状況」となります。その期間中に自分の興味・関心を徹底的に探す必要があるため、自然に自分の意思で物事を決定する力が身に付くのです。

【2019年卒版】国際基督教大学(ICU)の就職実績

国際基督教大学は、就職率95.1%(2019年卒)という高い実績を持ちます。もっとも多い就職先はサービス業の31.5%、次いで情報・通信業で18.2%です。

リベラルアーツの教育プログラムによって、英語のほか、自分の興味に合わせた専門分野が学べるため、以下のように幅広い業種に就職しています。大企業や一部上場企業の内定を得る学生も少なくありません(公式サイト「進路実績」を参照)。

まとめ

国際基督教大学(ICU)は、リベラルアーツという特色ある教育プログラムが特徴的です。実践的な英語力や主体性を身につけることができるため、即戦力の人材として企業からの評価も高いといえます。

このような能力を身につけることで、就職に有利となるだけではなく、将来的にも大きな資産となりえます。ぜひ、ご検討してみてください。

自分の就活タイプがわかる!適正診断テストが受けられる就活エージェント4選

就活を進めたいけど、そもそも自分がどんな業界に向いているのか、どんなタイプなのかわからない・・・。

という方は、まずは自己分析・適正診断テストを受けてみましょう!

数ある就活サービスの中には、膨大な就活生の過去のデータから、自分の就活タイプを正確に診断してくれるツールが存在します。

今回はその中でも特に人気の高い診断テストを4つご紹介します。

こちら、まずは自分のタイプを知るためにまとめて診断を受けてみましょう!

所要時間は全部で8分ほどです。

自分のタイプや将来の年収期待値を出してくれる就活サービス3つ

  1. OfferBoxの適正診断テスト診断テストを受けてプロフィール登録するだけで90%以上の確率で優良企業からスカウトが届く
  2. 自己分析で探す!居心地が良く活躍できる会社【toiroworks】CUBICという適性検査もとに開発された診断テスト。学生一人一人に合わせて適性企業を表示が可能!
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)
  4. 【自己分析ツール「My analytics」【無料】12タイプ性格診断からあなたの強み・適職を診断!
目次
閉じる