【2019年卒版】亜細亜大学の学部別の就職実績とサポート体制を完全紹介!

2chやYahoo!知恵袋などでは、よく「亜細亜大学は就職できない」といった書き込みを見かけます。しかし、その実際は就職率98%超えの名門校で、公務員や大企業の内定を獲得した学生も少なくありません。今回は、公式サイトのデータを参考に、亜細亜大学の学部別の詳しい就職実績を探っていきます。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

亜細亜大学とは

亜細亜(あじあ)大学とは、東京都武蔵野市に本部がある私立大学です。特に国際関係学部に大きな強みを持ち、日本初の語学留学プログラムを導入しました。偏差値は47.5~52.5と、私立大学のなかでは入校しやすい点も特徴です。

この記事では、亜細亜大学の就職支援環境や就職実績についてお伝えしていきます。

亜細亜大学の就職支援環境

亜細亜大学の就職支援環境は、主に次の2点です。

  • グッドカンパニーフェア(学内企業説明会)
  • 人事担当者による模擬面接

上記以外にも、学内に設置されたキャリアセンターでは、経験豊富な教職員や先輩、卒業生なども交えて積極的に就職の支援を行ってくれます。

この章では特に、上記2つの特徴について紹介していきましょう。

目次

特徴①|グッドカンパニーフェア(学内企業説明会)

亜細亜大学のグッドカンパニーフェアとは、学内で行われる企業説明会のことです。亜大生を積極的に採用したいと望む150社以上の企業が集まり、企業紹介や仕事紹介などを行います。3年生次に参加することが可能です。

民間企業ばかりではなく、公務員向けの合同説明会も実施されるため、一般的な就職フェアよりも幅広い業種に対応しています。OBやOGも一緒に参加するため、実際に企業で働く先輩の生の声を聞くことができます。

特徴②|人事担当者による模擬面接

亜細亜大学では、実際に企業に勤める人事担当者が模擬面接を行ってくれます。極めて本番に近い形で面接シミュレーションができるため、実践的な感覚とつかむには最適です。

面接が終わった後は、採用担当者からリアルなアドバイスを得ることができます。この段階で採用担当者に気に入られるようになると、本番の選考に招待してもらうことも夢ではありません。

【2019年卒版】亜細亜大学の就職実績

亜細亜大学では、次のように5つの学部に分かれています。

  • 経営学部
  • 経済学部
  • 法学部
  • 国際関係学部
  • 都市創造学部

この章では、学部ごとに細かい就職実績を紹介していきます。大企業に入社した先輩もたくさんいるため、ご自身に最適な学部を選んでみて下さい(各データは公式サイト「就職状況データ」「進路決定状況」を参照)。

経営学部の就職実績

亜細亜大学の経営学部では、就職を希望する学生の約98%が内定を獲得しています。ホスピタリティ・マネジメント学科に関しては、男女ともに100%の就職率を誇ります。

主な就職先は、卸売・小売業とサービス業でともに約30%ずつを占め第1位です。ほかにも、金融業や情報・通信業、不動産業、公務員など、学部で学んだ総合的なスキルを活かして幅広い業種に就職しています。

経済学部の就職実績

亜細亜大学の経済学部は、就職率が98%と高水準です。主な就職先としては、卸売・小売業が25.8%、サービス業が24.9%で1位・2位を占めています。

経済学部では、少人数制で問題解決型人材へと成長できるため、企業でも企画や営業、生産管理職などとして活躍できるでしょう。以下のように、大企業に就職するケースも非常に多くなっています。

法学部の就職実績

亜細亜大学の法学部では、約97%の就職率を記録しています。主な就職先としては、卸売・小売業が23.2%で1位です。次いでサービス業に就職する人も多くなっています。

法学部では、法律に関する体系的な知識を学びます。公務員は全体の9.3%と少数派ですが、以下のように国家公務員として活躍する人も少なくありません。

国際関係学部の就職実績

国際関係学部の就職率は約97%となっており、多文化コミュニケーション学科に関しては100%の就職率を記録しています。サービス業に就職する割合が全体の3割を占め、圧倒的多数です。

人気の高いサービス業や製造業のなかでも、特に国際部門を設けている就職先が目立ちます。国際関係学部で学ぶ、グローバル的な思考力が活かされていることが分かります。

都市創造学部の就職実績

亜細亜大学の都市創造学部は、2016年4月に開講したばかりです。そのため、現在のところは卒業生や就職実績も存在しません。

都市創造学部では、都市の魅力を発見し、それを企画に起こす総合プロデュース力を磨きます。卒業後の進路は、都市コンテンツプロデューサー、都市デザイナー、社会起業家、企業の企画職、事業推進マネージャーなどが代表例です。

まとめ

亜細亜大学では、充実した就職支援環境が整っており、就職率は98%と高水準を維持しています。比較的偏差値が低めな私立大学としては、非常に高い就職実績です。

今回お伝えしたように、公務員や大企業に就職する学生も少なくありません。先輩の就職先を参考にして、ご自身に最適な学部を選んでみてください。

自分の就活タイプがわかる!適正診断テストが受けられる就活エージェント4選

就活を進めたいけど、そもそも自分がどんな業界に向いているのか、どんなタイプなのかわからない・・・。

という方は、まずは自己分析・適正診断テストを受けてみましょう!

数ある就活サービスの中には、膨大な就活生の過去のデータから、自分の就活タイプを正確に診断してくれるツールが存在します。

今回はその中でも特に人気の高い診断テストを4つご紹介します。

こちら、まずは自分のタイプを知るためにまとめて診断を受けてみましょう!

所要時間は全部で8分ほどです。

自分のタイプや将来の年収期待値を出してくれる就活サービス3つ

  1. OfferBoxの適正診断テスト診断テストを受けてプロフィール登録するだけで90%以上の確率で優良企業からスカウトが届く
  2. 自己分析で探す!居心地が良く活躍できる会社【toiroworks】CUBICという適性検査もとに開発された診断テスト。学生一人一人に合わせて適性企業を表示が可能!
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)
  4. 【自己分析ツール「My analytics」【無料】12タイプ性格診断からあなたの強み・適職を診断!
目次
閉じる