【大手しか受けないと考えている方へ】大手病の原因と対処法を徹底解説!

就活では、大手企業ばかりを受ける大手病の学生が多くいます。大手病になると、知名度や会社規模などばかりを意識して、企業研究を十分にせず内定という成果に結びつかない問題に繋がります。本記事では、まず初めに大手病要因と概略を紹介します。続いて、大手病の人の末路と対処法をお伝えします。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

就活における大手病とは

学生の皆さんにとって、「大手病」という言葉はあまり有名でないかもしれません。本見出しでは、就活における大手病とはそもそも何かをご紹介します。

  • 有名な大企業ばかりを受けて、中小企業の選考を避ける就活
  • 選考突破率が極めて低い大手企業ばかりを受け、新卒採用の機会を不意にする就活

「大手病」という言葉を定義づけすると、以上のような就活だと言えます。特徴としては、大手企業だけを目標とするあまり、新卒採用で内定が取れない結果に繋がることです。

大手病になってしまう要因

大手病がどのような就活かお伝えしましたが、そもそもなぜ大手病の学生が現れるのかと疑問に感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本見出しでは、大手病になってしまう要因を3つご紹介します。就活中の方は、ご自身の状況と比べてみて大手病にかかる可能性があるか否かもご確認下さい。

目次

ネームバリューを重視している

1つ目の要因は、ネームバリューを重視していることです。ネームバリューとは、就職を希望する企業がどれだけ有名か、知名度やブランド力を判断軸にすることです。

例えば、大手病の学生に人気の業界と企業名として以上が挙げられます。しかし、ネームバリューにこだわらなければ、各業界において中小企業は他にも多くあります。

周りの友人が大手しか受けないと言っている

2つ目の要因は、周りの友人が大手しか受けないと言っていることです。就活において、友人の就職希望先は自分自身の応募先企業に大きな影響を及ぼすと考えられます。

  • 自分よりも、学歴の優れた友人が志望する就職先を基準にする
  • 同じ大学で、仲良しの友人が受ける企業名を聞きそれに便乗して受ける
  • インカレで知り合った友人と、同じ企業で働きたくて一緒に受ける

友人からの影響で大手病になる学生は、上述のどれかに該当するケースが多いと考えられます。就活では、自身の志望動機や貢献可能性を元に応募先企業を選ぶ必要性があります。

親が大手を勧めてくる

3つ目の要因は、親が大手を進めてくることです。親にとって、子供の就職先企業が有名か否かは気になるポイントであるため、つい応募先企業に口を挟んでしまいます。

  • 結婚相手を見つける際に、より好条件の相手と出会えそうな大企業
  • 親戚や友人に対して、自信をもって誇れるような有名企業
  • 子供が自立して生活をしても、衣食住に困らない規模の大手企業

子供を大手病にさせる親は、これらのような視点で大企業を推奨しています。子供の為にという親心が、結果的に子供の将来を潰しかねない状況を生み出しているのです。

親の言う通りに就活をするのが正解なのか?

大手病になる要因の1つとして、親の勧めがありました。しかし、親の言うとおりに就活をするのが正解なのか不安に感じる方もいらっしゃると思います。

  • 財務状況、将来性や競争優位性など基本的な企業分析を行っていない
  • 新卒採用における重要ポイントである、子供の熱意と貢献可能性を考慮していない
  • 子供のためという建前に対して、親としての願望という本音がある

大手企業を親が勧める場合、以上の理由から親の言うとおりに就活をすべきでないと考えられます。就活の結果は、自分自身の人生に繋がるので自己判断を優先すべきだと言えます。

大手病のまま就活を終えた人の末路

前見出しでは、「親の言うとおりに就活をすべきでない」という結論をお伝えしましたが、仮に大手病のまま就活を終えた人の末路はどうなるのでしょうか。

  • 親の希望する大手企業に入社しても、その後の人生では都度親からの指示を受け続ける
  • 親の推奨する大手企業に入れず、劣等感に苛まれながら中小企業で働く
  • 応募したいずれの大手企業からも内定を取れず、人生設計が崩れる

大手病の人の末路としては、大きく分けて上述の3つが想定されます。最悪の場合、大企業から内定が取れず就活浪人になったり、フリーターとして働かざるを得ない場合もあります。

大手病になってしまった時の対処法

親の言うとおりに就活をすると、大手病になり内定が取れないという末路もあることがわかりましたが、どうすべきか知りたいと感じた方も多いのではないでしょうか。

本見出しでは、大手病になってしまった時の対処法を3つご紹介します。新卒採用が終わっていない限り、就職する機会はあるので以下をご参照頂き諦めずに対処なさってください。

就活の軸を見直す

1つ目の対処法は、就活の軸を見直すことです。就活の軸とは、応募先企業を探して選ぶ際の判断軸であり、志望動機のポイントにも繋がることだと定義されます。

  • 英語や中国語など、外国語を使って働くことができる企業
  • 法律や会計など、専門資格が求められる企業
  • 会社の規模が比較的小さく、スピード感をもって成長を実感できる企業
  • 特定の業務やサービスにおいて、業界のNo.1として実績がある企業

例えば、大手企業以外の優良企業を探し出す就活の軸として以上が挙げられます。就活の軸は正解が無いので、ご自身の興味や願望に応じた軸を見つけ直すと良いでしょう。

周りは周り、自分は自分という気概を持つ

2つ目の対処法は、周りは周り、自分は自分という気概を持つことです。就活では、周りの友人や親などからどのような評価を受けるかという意識が働いてしまうと考えられます。

  • 大企業に就職して、エリートや勝ち組だと認められたい
  • 中小企業に就職して、人生を棒に振ったとがっかりされたくない

大企業と中小企業で簡単に比較すると、上述のような感情に分けられます。しかし、就活はあくまでも自分自身の人生であり、他人からの意見や評価は一時的な情報にすぎません。

周りからどう判断をされようとも、自分の納得する企業で働くという気持ちを持ちましょう。

隠れ優良企業を探す

3つ目の対処法は、隠れ優良企業を探すことです。隠れ優良企業とは、知名度やブランドは大企業に劣っているけれども、特定の業界や業務では世界的に認められている企業です。

  • サービスや製品など、優良企業が提供している「モノ」を軸に探す
  • 有給取得率や平均勤続年数など、優良企業を支えている「ヒト」を軸に探す
  • 売上高や利益率など、優良企業の成果である「カネ」を軸に下がる

隠れ優良企業を探す方法は無数にあり、どれが正解かということはありません。何かの分野で優れていたり、特徴がある企業を探すことで隠れ優良企業を見つけることが可能です。

まとめ

大手病とは、友人や親からの意見などを参考にして内定を取ることが極めて難しい大手企業ばかりを受けて、結果として内定が取れないという状況に陥る可能性があります。

新卒採用は人生で1度しかないので、就活後に後悔をしないように自分なりに考えて、ご自身の就活軸に合った企業へ就職ができるようにしましょう。

自分の就活タイプがわかる!適正診断テストが受けられる就活エージェント4選

就活を進めたいけど、そもそも自分がどんな業界に向いているのか、どんなタイプなのかわからない・・・。

という方は、まずは自己分析・適正診断テストを受けてみましょう!

数ある就活サービスの中には、膨大な就活生の過去のデータから、自分の就活タイプを正確に診断してくれるツールが存在します。

今回はその中でも特に人気の高い診断テストを4つご紹介します。

こちら、まずは自分のタイプを知るためにまとめて診断を受けてみましょう!

所要時間は全部で8分ほどです。

自分のタイプや将来の年収期待値を出してくれる就活サービス3つ

  1. OfferBoxの適正診断テスト診断テストを受けてプロフィール登録するだけで90%以上の確率で優良企業からスカウトが届く
  2. 自己分析で探す!居心地が良く活躍できる会社【toiroworks】CUBICという適性検査もとに開発された診断テスト。学生一人一人に合わせて適性企業を表示が可能!
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)
  4. 【自己分析ツール「My analytics」【無料】12タイプ性格診断からあなたの強み・適職を診断!
目次
閉じる