【マスコミ志望者必見】各マスコミ塾の特徴と通うべき人を比較解説します!

「大手出版社に就職したい」「ジャーナリストとして活躍したい」という方は、今話題のマスコミ塾に入ってみてはいかがでしょうか。マスコミ業界向けに、作文や論文の添削、エントリーシートや面接対策などを行ってくれるため、就活に役立つことは間違いありません。今回は5種類のオススメ塾を紹介します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

マスコミ塾とは何か

マスコミへの就職といえば、高い文章力が試される論文試験や、実際に取材や紙面制作を行うインターンなど内定を獲得するにはいくつもの高いハードルを越えなければなりません。

そんな中、マスコミへの内定獲得に特化したサービスが登場しました。それが「マスコミ塾」です。

ここでは、マスコミ塾の講座内容や受講するメリットを紹介していきます。

目次

マスコミ塾の講座内容

マスコミ塾の講座内容はそれぞれのサービスによっても異なりますが、基本的には以下の学習を行うことができます。

  • 論作文の執筆
  • 論作文の批評・課題点の改善
  • 一般教養やSPI対策
  • マスコミ業界向けエントリーシート・面接対策

つまり、マスコミ業界へ就職するための体系的な知識・技術が習得できるということです。現役のマスコミ関係者が講義することも多いため、専門的な試験や面接にも対応しやすくなります。

授業以外のイベントも多い

マスコミ塾では、授業以外にも様々なイベントが用意されています。

なかでも、OBやOGとコンタクトを取りやすい点は見逃せません。マスコミ塾に参加していると、業界の先輩であるOBとの懇親会に参加する機会もあります。

実際にエントリーシートを添削してもらえたり、面接官として模擬面接してくれます。より一歩、マスコミ業界への内定獲得へと繋がることでしょう。

マスコミ塾に通うメリット

マスコミ塾に通うメリットは次の4点です。

  • エントリーシートや論文の添削をしてもらえる
  • 何度も模擬面接を繰り返して実践慣れができる
  • OBやOGから実践的なアドバイスをもらえる
  • 同じ業界を目指す就活生とのネットワークが作れる

マスコミ塾に通学するには費用がかかるため、相当迷っている学生の方も多いはずです。ただし、無料の就職エージェントなどに比べ、これだけ専門的な就活対策ができるのはマスコミ塾しかありません。

今、マスコミ塾での経験に投資することで大手メディアへの入社に一歩近くことができるかもしれません。その意味では、マスコミ塾に費用を投じる価値は大いにあります。

新卒学生向けのマスコミ塾

新卒学生に向けたマスコミ塾は様々なサービスがあります。そのため、「どれを選んで良いか分からない」という人も多いのではないでしょうか。

ここでは、次の5種類のマスコミ塾を詳しく紹介していきます。

  • マスコミ・スタディ・フォーラム(MSF)
  • 阪東100本塾
  • ペンの森
  • テレビ朝日アスク
  • 各キー局公式アナウサー塾

それぞれ特徴や講義内容に大きな差があるため、事前に以下の情報をしっかりと理解しておきましょう。

マスコミ・スタディ・フォーラム(MSF)

マスコミ・スタディ・フォーラムは、1998年に設立したマスコミ就職の名門塾です。マスコミ企業への就職・転職支援のほか、ジャーナリスト養成セミナーなども定期的に開催されています。

ここでは、マスコミ・スタディ・フォーラムの特徴や相性の良い学生をお伝えしていきましょう。

マスコミ・スタディ・フォーラム(MSF)の特徴

マスコミ・スタディ・フォーラムの特徴は次の通りです。

  • NHK80人、全国紙・大手通信社153人の内定実績を持つ
  • 少数定員制なので質疑応答もスムーズ
  • ESや作文、面接指導だけではなく、ニュースの見方なども学べる
  • ジャーナリストとして必要な知識や意識を指導

「業界人の自慢話」や「本で読んだような講義内容」に終始するマスコミ塾も珍しくありません。しかし、マスコミ・スタディ・フォーラムの場合、「真のジャーナリスト」に必要な素養を中心に講義を行います。

就職した後のことまで考えてカリキュラムが組まれているため、より実践的な内容を学ぶことが可能です。

マスコミ・スタディ・フォーラム(MSF)をオススメする学生

マスコミ・スタディ・フォーラムは、大手マスコミに就職することを目的にしている人には向きません。就職は単なる手段にしか過ぎないのです。

一方、就職という手段を糧に、良いジャーナリストになることを目的にする就活生には最適なマスコミ塾といえるでしょう。本気でマスコミ業界で活躍したい方にオススメです。

阪東100本塾

阪東100本塾は、「作文を100本書く」ことにこだわりを持つ名門マスコミ塾です。マスコミ業界を志望する学生からは「バンゼミ」という名称でも親しまれています。

ここでは、阪東100本塾の特徴やオススメの学生について解説していきます。

阪東100本塾の特徴

阪東100本塾の特徴は次の通りです。

  • 作文を100本書くことでスピードや技、ネタの出し方を習得する
  • 書いた作文100本はすべて丁寧に添削してもらえる
  • ESや面接指導のカリキュラムもあり
  • 通学が困難な遠方の学生は通信講座も可能

阪東100本塾は、「作文を書いて添削してもらう」というサイクルを繰り返します。短期間でプロの添削を何度も実体験できるため、自然に文章制作のコツや技が身に付いていくのです。

阪東100本塾をオススメする学生

阪東100本塾は、即戦力のジャーナリストを目指す学生に最適です。ここまで徹底的に作文を書くことにこだわるマスコミ塾は、阪東100本塾をおいて他にはありません。

体系的な知識よりも具体的な実践力を身につけたい方は、ぜひ阪東100本塾を選択しましょう。

ペンの森

ペンの森は、1995年に設立してから計400名以上のマスコミ人を輩出する、マスコミ就職への寺子屋です。元ニューズウィーク日本版を発行した瀬下恵介氏が塾長を務めており、信頼の厚いマスコミ塾といえるでしょう。

ここでは、ペンの森の特徴やオススメの学生について詳しくお伝えしていきます。

ペンの森の特徴

ペンの森の特徴は次の3点です。

  • 毎日OB・OGが集い、充実した面接練習ができる
  • 定額コースでも週に何度でも可用ことができる
  • 個別の講評や添削にも対応している

ペンの森は、とにかく「人との繋がり」を重視しています。毎日のようにOBやOGが参加し、エントリーシートや面接対策のために尽力してくれます。しかも、やる気のある学生なら、週に何度でも参加できる点が特徴です。

ペンの森をオススメする学生

ペンの森は、実際にマスコミ業界に就職してからも、横の繋がりを持っておきたい方に向いています。入塾中に多くのOB・OGと出会う機会が得られるため、それは業界に入ってからの人脈としても役立つでしょう。

テレビ朝日アスク

テレビ朝日アスクは、テレビ朝日がアナウンサー向けに用意したマスコミ塾です。テレビ朝日へ、しかもアナウンサーとして入社したい方にとっては、これ以上ない学習塾といえるでしょう。

ここでは、テレビ朝日アスクの特徴や相性の良い学生について紹介していきます。

テレビ朝日アスクの特徴

テレビ朝日アスクの特徴は次の通りです。

  • アナウンサー向けのES添削や面接対策が受講できる
  • アナウンサーの基礎から応用まで仕事のイロハを習得できる
  • シナリオライターや構成作家向けの講習もあり
  • 入社前にテレビ朝日の関係者と繋がりを持てる

テレビ朝日アスクでは、主にアナウンサー向けの就活対策や、OB・OGによるESや面接対策指導を行います。また、マスコミ関係者やナレーター、声優といった授業も開講されました。他にはアナウンサーコース以外に出版社コースなどもあります。

テレビ朝日アスクをオススメする学生

テレビ朝日アスクは、アナウンサーを志望する学生には最適なマスコミ塾です。ほかのマスコミ塾が主に記者向けの講義を扱っているのに対し、テレビ朝日アスクは、完全にアナウンサー志望の学生をターゲットにしています。先述した通り出版社コースというのもありますが、やはりアナウンサー志望の学生におすすめの塾でしょう。

各キー局公式アナウサー塾

テレビ朝日に限らず、各キー局でもアナウンサー塾を開校しています。

  • 日テレ学院(日本テレビ)
  • アナトレ(フジテレビ)
  • TBS Voice(TBS)

基本的には、どのキー局もアナウンサーとして入社するための就職対策を行っています。そのため、ご自身の志望するテレビ局に合わせて入塾することをオススメします。

各キー局公式アナウサー塾の特徴

各キー局の公式アナウンサー塾の特徴は、それぞれ細かい違いはありますが、基本的に次のような特徴を持っています。

  • 内定獲得に欠かせない自己分析や自己PRのコーチング
  • 現役アナウンサー(OB・OG)による実践的講習
  • 面接やインターン対策

大学3年生の春になると各局の企業説明会を受けます。その後、アナウンサー塾の講義やクラスに参加し、3年生の夏ごろからインターンや採用試験に臨んでいくという形です。

各キー局公式アナウサー塾をオススメする学生

各キー局の公式アナウンサー塾は、大手テレビ局の採用試験と密接なかかわりがあります。各クラスは採用試験の時期に合わせて行われたり、各キー局ごとの選考内容に沿って講習なども進んでいきます。

そのため、すでに特定のテレビ局に就職したいという決意が固まっている方は、この公式アナウンサー塾を利用することをオススメします。

まとめ

マスコミ塾は、「ハードルの高いマスコミ業界に就職したい」という学生の願いを叶えるために誕生したサービスです。エントリーシートや面接対策のほか、OBやOGなど幅広い人脈形成にも役立ちます。

今回は、なかでもオススメのマスコミ塾を5種類紹介してきました。それぞれ向き・不向きがあるため、ご自身に最適なマスコミ塾を選んでみてください。

自分の就活タイプがわかる!適正診断テストが受けられる就活エージェント4選

就活を進めたいけど、そもそも自分がどんな業界に向いているのか、どんなタイプなのかわからない・・・。

という方は、まずは自己分析・適正診断テストを受けてみましょう!

数ある就活サービスの中には、膨大な就活生の過去のデータから、自分の就活タイプを正確に診断してくれるツールが存在します。

今回はその中でも特に人気の高い診断テストを4つご紹介します。

こちら、まずは自分のタイプを知るためにまとめて診断を受けてみましょう!

所要時間は全部で8分ほどです。

自分のタイプや将来の年収期待値を出してくれる就活サービス3つ

  1. OfferBoxの適正診断テスト診断テストを受けてプロフィール登録するだけで90%以上の確率で優良企業からスカウトが届く
  2. 自己分析で探す!居心地が良く活躍できる会社【toiroworks】CUBICという適性検査もとに開発された診断テスト。学生一人一人に合わせて適性企業を表示が可能!
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)
  4. 【自己分析ツール「My analytics」【無料】12タイプ性格診断からあなたの強み・適職を診断!
目次
閉じる