就活はやり直しがきかない?やり直せる時期や面接で聞かれた時の回答テンプレ

就活をやり直しがきかないのかと悩んでいませんか?就活はやり直しができるのか、またやり直しはいつからするのがベストタイミングなのかについて書いていきます。「就活を夏からやり直す」と考えている人必見です。就活を満足して終えるために対策して行きましょう。

今からでもまだ間に合う!90%以上の確率で優良企業からオファーが届く!?

自分がどんな業界や仕事に興味・適正があるのかわからない・・・

周りのみんなはどんどん内定を獲得していく。早く企業から内定を獲得したい・・・。

そう言った悩みを持つ2023年卒業予定の就活生は、まずOfferBoxに登録して企業から就職オファーを受け取りましょう!

オファーボックスはプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で登録情報にマッチした大手企業・ベンチャー・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

\登録して企業からの就職オファーを受け取る/

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をまだ利用できていない学生は、この機会にぜひ活用しておきましょう!

就活のやり直しとは

就活のやり直しとはどう言うことを言うのでしょうか?「就活を失敗したかな」と思っている人は今回の記事を参考にして頂ければと思います。

まずは、就活のやり直しの意味と、就職留年の違いについてを書いていきます。就活のやり直しを就職留年とイコールになっている人は注意してください。

目次

内定を辞退して別企業の選考を一から受け直すこと

就活のやり直しとは、就活して内定をもらったものの満足ができずに内定を辞退して別企業の選考を一から受け直すことを指します。

「内定もらったけれどしっくりこない」や「焦って決めてしまった」と内定をもらった後に不安から就活をやり直したいと思う現象です。

このような現象が起こる人は自分の就活に何かしらの妥協により満足ができておらず、内定式やインターシップなどでギャップを感じたことでしょう。

就活をどのようにやり直したらいいかというのをこれからご紹介していきます。

無い内定で就職留年することではない

就活のやり直しと無い内定で就職留年することは一緒かと思う人も多くいますが、全く違います。

無い内定では、就活していても会社がどこも雇ってくれないのに対して、就活のやり直しは一度は雇ってくれるところが決まっているのです。

内定をもらったことがある人は、就活に対する意識や面接での話し方などの就活試験に対する、成功のノウハウを持っています。

就活のやり直しと無い内定で就職留年することでは圧倒的に就活のやり直しの方が有利なことを認識して行動していきましょう。

就活はやり直しがきく

せっかく新卒という枠があるなら就活をやり直したいと悩んでいませんか?就活はやり直しがききます。

10月の内定式や、内定者限定のインターンで「なんか思っていた会社じゃない」と思うこともあるかと思います。

そういう時は就活をやり直し自分の描いていた会社に入りましょう。

就活をやり直したいと考えている人は多い

このツイートでも書いている通り、もし就活を失敗したとしてもやり直しが出来ます。最近、ブラック企業で自殺者が出た等のニュースが飛び交いますが、企業選びに失敗しても決して死ぬことはありません。

このツイートの様に大学を卒業できずに就活やり直すという別の形で必然的にやり直す方もいるかと思います。こういった人でも就活のやり直しは可能ですが難易度は上がりますの留年せずに卒業することをお勧めします。

就活をやり直したいと考えている人の特徴

現在、就活は売り手市場として言われている中でもやはり、内定を取れることはすごいことです。今までこの内定のために多くの時間を費やしてきたと思います。

しかし、そんなかでも就活をやり直したいと考えている人はどの様な人が多いのか書いていきます。

内定が1つとれた時点で就活を終えた人

就活によって遊ぶことも、バイトすることもなかなか難しく自分の自由な時間も奪われてしまい、心身共に疲れてしまい、「就活を早く終わらせたい」と考える人やなかなか決まらず焦って内定を決めてしまう人が多いです。

やっと取れた1つの内定で終わらせて内定式を迎え初めて一緒に会社に入る人や会社の本当の姿を目の当たりにして「なんか思っていた会社と違う」と感じることでしょう。

自分が志望していた本当の企業はなんだったか、自分の能力に合っていたのか、自分の描いているライフスタイルができるのかなど不安に思うことで「就活をやり直したい」と思うでしょう。

企業とのマッチングを考えず就活した人

就活時代に多くの人が聞きに行く会社説明会の時では聞けなかった情報が内定後に耳に入ってくることがあります。

その時に「自分の思い描いていたライフスタイルができない」「思っていた仕事と違う」「自分が苦手とすることをやりそうで不安」という思いが出てきて就活をやり直したいと思う人が多々います。

就活生がインターンシップに行った方が良いというのはこういった会社説明会では知り得なかった情報が多く知ることができるからという意味合いが含まれています。

何も考えずに周りと同じ就活をした

特にやりたいことがないけど皆やっているから就活するという人も中にはいるでしょう。そういう人は、自分ができることやりたいことではなく、とりあえず親に言われたから、名前知っているからなどの理由で有名な会社ばかりを受けてしまう人もいます。

その結果、内定式などで周りの人の空気や会社の社訓などに共感できずにギャップが生まれやり直したいと思う人も多々います。

企業のネームバリューだけで選んでしまうと、自分のやりたいことができずにモチベーションを上げることができません。

就活をやり直したいと思う瞬間

就活をやり直したいと思う人の特徴がわかったので、続いてどういった時に就活をやり直したいと思うのかについて書いていきます。

就活でやり直したいという時は大きく分けて2種類の瞬間に思うことが多く、そこで決断する人も多いのでご紹介していきます。

同期と馬が合わないと感じた

内定式の時に初めて受かった人と並び話してみると、会社についてよく調べずに入ってしまった人は自分と馬が合わないと感じることが多いです。

同期は、会社に入ると、同じ悩みを抱える相談相手・愚痴相手として、とても重要な存在になります。そんな、仲間と馬が合わないと感じるとどうしても「この会社でやっていけるのだろうか」と不安になってきます。

また、同期と馬が合わないことで、会社の先輩たちとも馬が合わない可能性が高いのでその点でとても注意が必要です。

内定者研修でブラックであることを知った

内定研修をすると、会社の先輩たちや同期の人たちと話す機会が一気に増えます。また、会社説明の時にも言われなかった会社の内情やマイナス面がよく知れる機会となります。

会社の先輩に覇気がなかったり、人間関係が悪かったり、残業ばかりだという話を聞いてしまうと、いくらやりたい仕事、先輩が楽しいといっていたとしてもだモチベーションが下がってしまいます。

いくら自分がやりたいと思っていた企業でも実際に働くことによってマイナス面が見え就活をやり直したいと思ってしまいます。

就活のやり直し時期は秋前がベスト

就活のベストタイミングは秋前がベストです。秋採用をを行っている企業は、通年行っている会社や夏前から継続している会社もあります。

一見、通年や夏前から継続していると「人気がないブラックな会社」というイメージもありますが、名前があまり知られていない優良企業も多数あるのでぜひ、悲観せずに受けてみましょう。

就活やり直し理由の面接での回答例

就活をやり直す際に一番困るのが「就活をなぜやり直しているの」という面接官からの質問です。その場合の良い回答例を見てみましょう。

就活をやり直すことに決めた理由は、希望していた配属先に行くことができないことを知ったためです。会社説明会や面接で「配属先を選ぶことができる」と聞いたにもかかわらず、実際に内定者研修時に先輩社員から配属先を選ぶことができないと聞き不信感が強まり、就活をやり直そうと決意いたしました。

就活をやり直して成功するポイント

就活をむやみにやり直すと「また思っていたのと違う」「内定辞退してよかったのかと」など様々なことが浮かんできます。

就活をやり直して再度、後悔するということがないように成功させるためのポイントをご紹介します。

過去を振り返らず今の選考に集中する

就活をやり直すことで「内定もらったところを本当に辞退してよかったのか」という頭をよぎる人も多くいます。しかし、就活をやり直しすることで、ライバルは同じく一度内定をもらって辞退している人たちです。

以前内定もらっている人がライバルの為、レベルが高い試験になります。過去のことに囚われていると、なかなか集中することができずに内定を逃す確率が大きいです。

過去を振り返らず新しく受ける会社の試験に集中して、面接で話す内容などをブラッシュアップして、万全な状態で就活のやり直しをしていきましょう。

就活を終えた友人に自己分析や企業研究の協力を求める

就活をやり直したいと思うほとんどの人は、自己分析や企業研究が足りていないです。その為、就活を終えた友人たちに他己分析していただき自己分析をより充実していきましょう。

また、友人に企業研究をどのようにしたのかのアドバイスと、似たような業種を受けているのであれば、その内容を教えてもらうようにしましょう。就活を終えた友人たちは自分の内定した企業に満足しており、また情報も最新です。

自己完結せずに他の人にも頼ることでより就活を満足して終えることができます。

今ならまだ間に合う!優良企業に一括エントリーしちゃおう!

bizualまとめてエントリー
有名ベンチャーにまとめてエントリー!

bizualでは、2024年卒の学生の方々向けに、有名ベンチャーへの就職サポートを行っております。

  • 今をときめくITベンチャーで働いてみたい!
  • 優秀な社員の方が多数在籍する会社で働いて自分のスキルを磨きたい!
  • 大きな裁量権を持って仕事をして、やりがいと総合的なビジネス力を身につけたい!
  • ゆくゆくは独立もできるスキルを身につけたい!

上記のような学生は、ぜひbizual会員登録&エントリーから登録とエントリーをすすめてみてください!

また、他にも就活生同士の情報交換などができるbizualアカデミーも運営しています。実際に希望する会社の面接を受けてきた学生の声なども知ることができるので、ぜひ登録からすすめてみてくださいね!

まとめ

就活のやり直しは可能です。特に秋前は就活のやり直しにベストシーズンと言えます。

就活を満足して終わらせるために周りを巻き込みつつ自己分析や企業研究を行い、過去を振り返らずに新しい企業を受けていきましょう。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の3人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次