封筒の4つの単位【枚 / 封 / 通 / 葉】の数え方や「部」の使い方を解説!

社会人になると請求書などのビジネス文書を封筒に入れて投函したり、DMを打つ機会が多く、単位や数え方を知らないと恥をかいてしまいます。就活を始めて応募書類を大型封筒に入れて郵送するようになるまでに、単位や数え方を知っておくのがおすすめです。そこで今回は封筒の単位について解説します。

今からでもまだ間に合う!90%以上の確率で優良企業からオファーが届く!?

自分がどんな業界や仕事に興味・適正があるのかわからない・・・

周りのみんなはどんどん内定を獲得していく。早く企業から内定を獲得したい・・・。

そう言った悩みを持つ2023年卒業予定の就活生は、まずOfferBoxに登録して企業から就職オファーを受け取りましょう!

オファーボックスはプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で登録情報にマッチした大手企業・ベンチャー・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

\登録して企業からの就職オファーを受け取る/

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をまだ利用できていない学生は、この機会にぜひ活用しておきましょう!

封筒の4つの単位と数え方

封筒には4つの単位があり、数え方が異なります。以下の表にまとめてみました。

単位の違いと使い方については、以下で詳述します。

目次

枚:中身が入っていない

「枚」という単位は、封筒に中身が入っていない時に使います。例文は以下の通りです。

  • クライアントに請求書を出したいので、封筒を1枚ください。

事務用品を総務が管理している会社などで、使う可能性が高いです。常識として、覚えておきましょう。

封:中身が入っている

「封」という単位は封筒に中身が入っていて、封がされている場合に使います。例文は以下の通りです。

  • 営業成績が社内トップだったので、会社から金一封をいただきました。

1封と聞くとお金や商品券などが入っているものをイメージしがちですが、書状の場合でも封されているものはこの数え方です。お金や商品券などが入っていても、封されていなければ1封とは言わないので注意が必要です。

通:手紙として用いる

「通」という単位は封筒に中身が入っている、あるいは手紙として用いる場合に使います。例文は以下の通りです。

  • 資料請求者にイベント告知の案内状を出す場合、5,000通を超える見込みです。

取引先から納品書や請求書が郵送で送られてきた場合も、1通・2通と数えます。書類やレポートなど中身の枚数が多くても、数え方に変わりはありません。

葉:手の平サイズ

「葉」という単位は、手の平にのるサイズの封筒やハガキを数える時に使います。例文は以下の通りです。

  • 海外留学中の娘から届く、毎月1葉の絵ハガキが待ち遠しいです。

ただし、文字が書かれていないハガキは中身のない封筒同様に1枚と数えるので注意が必要です。また後述する形の違いによって、封筒を1葉と表現することもあるので、知識として覚えておきましょう。

封筒の単位の誤った数え方

ビジネスの場では、書類だけでなく冊子を郵送する機会もありますが、その際に数え方を間違う人が少なくありません。ここでは、封筒の単位の誤った数え方を取り上げて説明します。

小学館のオンライン大辞泉では、「部」という単位について、以下のように説明しています。

[接尾]助数詞。書物や新聞などを数えるのに用いる。分冊のものは一揃いで一部とする。「五〇〇部印刷する」「一部五冊からなる」

つまり数の単位として「部」が使われる場合、出版物が対象であるのが一般的です。「この小説の初版は5,000部でした」という使い方をします。レポートや報告書などを複数つくった際に「部」を使うこともありますが、封筒に用いるのは間違っています。

小学館のオンライン大辞泉では、「冊」という単位について、以下のように説明しています。

[接尾]助数詞。書物などを数えるのに用いる。「雑誌二、三冊」

つまり数の単位として「冊」が使われるのは、書籍や本に限定されるということです。「レポートを書くために、3冊の本を図書館で借りてきました」という使い方をします。封筒は書籍ではないので、この言葉は用いません。

ハガキの数え方

ハガキは、以下の4つの単位で数えます。そして、単位によって意味が変わります。以下に単位と意味の違いをまとめてみました。

  • 1枚/何も書かれていないハガキに用いる
  • 1通/文字や絵がかかれたハガキに用いる
  • 1葉/ハガキを詩的に数えたい時に用いる
  • 1本(いっぽん)/相手が連絡をくれない時に使う表現。「ハガキ1本寄越さない」

ビジネスの場では、意味を理解して正しく使いましょう。

番外編|封筒の形の種類

封筒には様々なサイズがあり、入れられるものも違います。ビジネスシーンで使われることが多い、封筒の形の種類と主に入れられるものを一覧にまとめました。かっこ書きがない企画は、すべて定型です。

企業では社名の入った封筒を用意しているものなので、それを使用するのがセオリーです。必要に応じて封筒を購入する場合には、上の表にある入れる中身に合わせて、サイズの合う封筒を選ぶことをおすすめします。

今ならまだ間に合う!優良企業に一括エントリーしちゃおう!

bizualまとめてエントリー
有名ベンチャーにまとめてエントリー!

bizualでは、2024年卒の学生の方々向けに、有名ベンチャーへの就職サポートを行っております。

  • 今をときめくITベンチャーで働いてみたい!
  • 優秀な社員の方が多数在籍する会社で働いて自分のスキルを磨きたい!
  • 大きな裁量権を持って仕事をして、やりがいと総合的なビジネス力を身につけたい!
  • ゆくゆくは独立もできるスキルを身につけたい!

上記のような学生は、ぜひbizual会員登録&エントリーから登録とエントリーをすすめてみてください!

また、他にも就活生同士の情報交換などができるbizualアカデミーも運営しています。実際に希望する会社の面接を受けてきた学生の声なども知ることができるので、ぜひ登録からすすめてみてくださいね!

まとめ

今回は封筒の単位と数え方のほか、種類についても解説しました。

社会人になると、色々なものを郵送する機会が増えます。その際に正しい単位と数え方、封筒のチョイスができると、ビジネスマナーがある人と好印象を与えられるはずです。これを機会に覚えて、ビジネスシーンで活用してください。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の3人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次